閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年01月22日

ランドセル寄贈のタイガーマスク「疲れた…」→後継者が登場 岡山

  • 38694

匿名の贈り主から女児用と男児用のランドセル計10個が届けられた

匿名の贈り主から女児用と男児用のランドセル計10個が届けられた

出典: 朝日新聞

 岡山市の児童養護施設の協議会に今月、匿名の人物からランドセル10個が届きました。「にゅうがくおめでとう!」の手紙も。実は岡山では2011年以降、5年連続で「タイガーマスク」を名乗る匿名の人物からランドセルの寄付がありましたが、今年は〝ある事情〟で寄付がないのではと心配されていました。そんな中で登場した今回の送り主。これまでのタイガーマスクの善意に感銘を受けた別人物と見られ、関係者は「善意が連鎖した」と喜んでいます。

「タイガーマスクさんの記事を見て…」

 岡山市北区の県児童養護施設等協議会に12日、黒とピンクの真新しいランドセル計10個が届きました。匿名の贈り主は、添付した手紙にランドセルを寄付したきっかけを記していました。「五年もお心のこもったプレゼントを続けられたタイガーマスクさんの記事を拝見しささやかですがランドセルを贈らせていただきます」。

匿名の贈り主から女児用と男児用のランドセル計10個が届けられた

匿名の贈り主から女児用と男児用のランドセル計10個が届けられた

出典: 朝日新聞

 子どもたちにもこんなメッセージ。「げんきないちねんせいになってください。にゅうがくおめでとう!」

 同協議会などによると、今回の送り主は昨年末に市内のスーパーを訪れ、「自分も支援したい」と申し出たそうです。その際に店側に見せたのが、手紙にもあった「タイガーマスクさんの記事」でした。

タイガーマスク「疲れた」SOS

 実はこの記事、昨年1月16日付の朝日新聞岡山版に掲載された記事でした。

 岡山市北区の市こども総合相談所に15日、『5年生になった岡山のタイガーマスク』を名乗る人からランドセル10個が届けられた。
 女児用と男児用の5個ずつで、『児童福祉施設に配分してほしい』という差出人の意向が配達業者を通して市へ伝えられた。

出典: 2015年1月16日:「まけないで」…ランドセルも5年生 タイガーマスクが寄付:朝日新聞岡山版紙面から

昨年のタイガーマスクが寄贈したランドセル

昨年のタイガーマスクが寄贈したランドセル

出典: 朝日新聞

 「元気なみなさんへ/つらいことや、しんどいことがあっても、まけずに、入学、おめでとう さゝいなプレゼントですがおくります」と書かれた手紙も同封されていた。相談所の出原晋一郎・総務課長は「本当に深い善意のお気持ちを持った方だと思う。5年も続けてくださって、本当にありがたい。県内の児童福祉施設に届けたい」と話した。

出典: 2015年1月16日:「まけないで」…ランドセルも5年生 タイガーマスクが寄付:朝日新聞岡山版紙面から

 いつものタイガーマスクの寄付活動を伝える記事のように思えます。でもこの年、いつもとは違うことがありました。

 記事は最後にこう書いています。

 また、手紙とは別に「心身疲れていて、次のタイガーマスクを探してほしい」とのメッセージも添えられていた。

出典: 2015年1月16日:「まけないで」…ランドセルも5年生 タイガーマスクが寄付:朝日新聞岡山版紙面から

 こうした思わぬ「告白」があったため、今年は寄贈がない可能性も考えられたのです。しかし、「次のタイガーマスク」は現れました。協議会の松田浩一郎会長は「善意の連鎖により、子どもたちが多くの方に見守られながら立派に成長していくことを願っています」と話しています。

「ご自分のペースでこれからも」

 実は昨年1月の記事を書いたのは、当時岡山総局に勤務していた筆者(長谷川)。「ランドセルが届いた」とのお知らせがあり、市こども総合相談所に向かいました。取材を終えて帰ろうとしたところ、「少し読んでもらいたいものが…」と総務課長の出原さん。それは「記者の方へ」と書かれた手紙でした。「身心つかれています。次のタイガーマスクをさがして下さい」(原文ママ)。

「次のタイガーマスクをさがして下さい」などと書かれた手紙=2015年1月15日、長谷川健撮影

「次のタイガーマスクをさがして下さい」などと書かれた手紙=2015年1月15日、長谷川健撮影

 「記者の方へ」と書かれていたので、この内容を記事に盛り込んでもよいものか少し悩みましたが、まずはタイガーマスクの「SOS」を広く伝えなければいけないと思い、記事末尾で触れることにしたのです。この記事が今回の贈り主に届き、本当によかったと思っています。

 出原さんは「ランドセルの寄贈を考えてくれている人が、タイガーマスクのほかにもいたということはとてもありがたいことですし、びっくりもしています」。ただ、こうしたランドセル寄贈は匿名の世界の話。「本当に別人なの?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、タイガーマスクが今まで市内のある百貨店でランドセルを購入してきたのに対し、今回の贈り主は市内のスーパーで購入。手紙の筆跡もそれぞれ違います。やはり別人なのでしょう。

 今回の贈り主に対して、出原さんはこう言います。「ご本人があまりプレッシャーを感じない程度で、ご自分のペースでこれからも子どもたちを支援して頂けるとうれしい」

 最後になりましたが、慈善活動を5年間続けた岡山のタイガーマスクさん、本当にお疲れ様でした。

チャック開けると防空ずきんタイプもあった 京都生まれランリック
前へ
チャックを開けると防空ずきんが出てくるランリックを紹介したパンフレット
次へ
出典:朝日新聞
1/7
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る