閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年12月25日

72歳DJ・美人の獣肉料理…キャラの濃い人々集めた「仕事本」

  • 2048

72歳のDJ「KUMEちゃん」(左)と、獣肉料理を出す料理店を経営する美人グラフィックデザイナー宮下慧さん

72歳のDJ「KUMEちゃん」(左)と、獣肉料理を出す料理店を経営する美人グラフィックデザイナー宮下慧さん

 先行きが見えない時代だけからこそ、いろんな働き方をしている人たち100人にインタビューしよう――。そんな本の企画が、東京のコワーキングスペース発で動いています。「72歳のDJ」「ウーパールーパー料理を作るグラフィックデザイナー」。キャラの濃い登場人物を通して、働くとは何かを考える内容です。出版資金をクラウドファンディングで募り、だれでも編集に参加できる企画。新しい本作りの現場をのぞいてみました。

72歳元商社マン、青山のクラブで現役

 毎週末、深夜の青山など都心のクラブで、ラテン系の音楽が響きます。音楽を響かせ、踊る若者たちから「KUMEちゃん」と呼ばれるDJは、72歳。第二の人生を歩んでいる、かつては中南米の国々で働いた元商社マンです。

 ウーパールーパーや鹿、ワニ、カンガルーといった獣肉料理を出す料理店。経営するのは、美人グラフィックデザイナー宮下慧さん。二足のわらじで独自のセンスの装飾のほどこされた店は人気を呼び、高田馬場の「獣肉酒家 米とサーカス」など5店舗になりました。

 こんな100人に働き方を尋ねて書かれる本の名前は「いま東京で『働くとは何か』を考える本 『WE WORK HERE』」。動物王国のムツゴロウさんとして有名な畑正憲さんや、20年間小学校教員を務めた後、珈琲店を始めた男性にも働くというテーマで話を聞いています。


トキワ荘のようなスペースを

 来春出版予定のこの本を企画したのは、東京のコワーキングスペース「みどり荘」のメンバーです。

 みどり荘は2012年、家具などのセレクトショップ「イデー」の創業者、黒崎輝男氏らが作った場で、たくさんの漫画家を輩出したトキワ荘のように、いろんな人が生まれることを目指してつくられました。

手塚治虫、藤子不二雄、赤塚不二夫らが無名時代に下宿、数々の戦後漫画の名作が生み出されたアパート「トキワ荘」=1982年11月

手塚治虫、藤子不二雄、赤塚不二夫らが無名時代に下宿、数々の戦後漫画の名作が生み出されたアパート「トキワ荘」=1982年11月

出典: 朝日新聞

ソニーよりアップルの株が高い理由

 みどり荘の創業メンバーで運営をになう小柴美保さん(34)は、みどり荘を作った理由を「これからは働き方が変わる。新しい働き方をする人たちが当たり前に過ごせる場を作りたかった」と説明します。

 大学卒業後は、シティーグループで日本株を分析し、国内外の機関投資家に売っていました。あるとき、ソニーの方が技術力があるのに、アップルの株が高いのは、「ものありきではなく、どういうライフスタイルになってほしいかも考えているから」と感じたそうです。

 その経験が、自らも新しい生き方や価値観を作りだすことを目指そうと、今の転身につながりました。

アップルの大ヒット商品「iPod」

アップルの大ヒット商品「iPod」

出典: 朝日新聞

「肩書を一言で表せない仕事」

 そんなみどり荘のコンセプトにひかれ、立ち上げの頃から関わる編集者の清田直博さん(38)が中心となって、今回の本の企画を考えました。

 「肩書を一言で表せない仕事もでてきている。今後、産業構造が大きく変化するなかで、同じ仕事がずっとあるかわからない時代だからこそ、いろんな選択肢をみてほしい」と感じて、本で紹介したいと思ったそうです。

「いま東京で『働くとは何か』を考える本 『WE WORK HERE』」について会議をするメンバー

「いま東京で『働くとは何か』を考える本 『WE WORK HERE』」について会議をするメンバー

まずは88万円を目標

 今回は3千冊分の印刷代に相当する88万円を目標にして、クラウドファンディングで出版資金を募っています。

 完成した本を贈るから始まって、編集会議に参加したり、取材に参加したり、本の卸値より安く仕入れたり、販売協力店になったり、広告を載せたりする権利――などの枠で、お金をだして、本づくりに参加する仕組みです。

 クラウドファンディングをすれば、どれくらいの人が関心があるかもわかり、目標額に届かなかった場合などでも部数を減らして、リスクを減らすことができます。販売協力の店を仰ぐことで、清田さんは「(出版社の本を流通させる)出版取次を通さなくても本を売れるような仕組みをつくることにも取り組んでいます」と話します。

出資者、会議でアイデア出し

 本の企画をインターネットのページで知って、5000円を投じて編集に参加している人たちもいます。

 11月30日夜に開かれた第二回目の編集会議。この日初めて参加したIT系企業でCADを開発している阿部大如さん(38)は、参加した理由を「時代の変化は早い。10年後いまやっている仕事はなくなるかもしれないのだから、会社で言われていることだけやるのではなく、自分で色んなものと関わっていくことが遅れないコツ」といいます。

 この日、二度目の参加だったのは外資系企業で人事で働く畑中貴久子さん(39)と元会社員永本真一郎さん(37)。2人は普段から、働き方やこれからの日本について語り合ってきて、会議の場でも、今後インタビューしたら面白い人を提案。そのアイディアは本の企画に反映されました。

出資者を交えた編集会議の様子

出資者を交えた編集会議の様子

編集作業にも参加

 2人はインタビューの文字起こしにも参加しています。永本さんは、高知に移住したプロブロガーのイケダハヤトさんとニート株式会社の若新雄純さんのインタビューを文字起こししました。1本を起こすのにつき、3~4時間かかります。

 お金を払ってまでメモ起こしの仕事をするわけですが、「いつも形になったものを読んでいるわけですが、質問もふくめて、インタビューそのものを聴くのが面白い。実は、迷いながら話していたりするときもあって、そんなニュアンスも含めておこすことも意識しました」と永本さん。

 畑中さんは「今回参加したことで、走りながら企画をつくり、場をひらいて人の力を借りながら実現するやり方も知ることができたので、今回は一歩を踏み出してみようと思いました」と話していました。

「肩書を一言で表せない仕事」72歳DJ・獣肉料理人…
前へ
72歳のDJ「KUMEちゃん
次へ
1/5
前へ
次へ

あわせて読みたい

「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
座間9遺体事件で注目「大島てる」が本当に届けたい“事故物件投稿”
座間9遺体事件で注目「大島てる」が本当に届けたい“事故物件投稿”
NEW
エゴサーチで発見「同姓同名」の人、会いに...
エゴサーチで発見「同姓同名」の人、会いに...
AV強要「未成年の被害者」 やめた後も毎日検索 「身バレ」の恐怖
AV強要「未成年の被害者」 やめた後も毎日検索 「身バレ」の恐怖
「口が気持ちいい言葉」芸人がいた!中高生から人気の「フースーヤ」
「口が気持ちいい言葉」芸人がいた!中高生から人気の「フースーヤ」
数え切れないパスワード、使い回しはダメだ...
数え切れないパスワード、使い回しはダメだ...
11月14日は「世界糖尿病デー」予防と早期治療を訴えてライトアップも
11月14日は「世界糖尿病デー」予防と早期治療を訴えてライトアップも
PR
漫画みたいな大谷翔平に漫画家は…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
漫画みたいな大谷翔平に漫画家は…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
トイレに設置されている音姫の音の長さは色々あるのでしょうか? 設置されているのは音姫だけですか?
トイレに設置されている音姫の音の長さは色々あるのでしょうか? 設置されているのは音姫だけですか?
Q&A
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
PR
月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
町工場の『奇跡のノート』、大手が量産化して発売 社長の夢が現実に
町工場の『奇跡のノート』、大手が量産化して発売 社長の夢が現実に

人気

もっと見る