閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年12月03日

墓石のことは採石場で学べ! 仏壇・仏具販売会社の苛烈な研修とは?

  • 1225

研修で自ら墓石を研磨する若手社員

研修で自ら墓石を研磨する若手社員

出典: はせがわ


 お墓を扱う仕事を極めるには、お墓が生まれる現場で学べ――。墓石販売会社の社員研修が気合が入っています。社員自ら国内の産地で墓石の製造過程に触れることで、輸入石材に押されて生産が低迷する国産石材の価値を再認識する試みです。

若手社員と役員、岩石爆破現場に

 研修は今年9月に1泊2日で実施。入社3―4年目の20歳代の若手社員に役員もまじった計61人が、茨城・福島両県の石材産地の丁場(採石場)と加工工場で作業の見学や体験をしました。
 採石場では、黒色火薬で岩石を爆破する様子を間近で見学。切り出しに使用するジェットバーナーの騒音や石割り作業を体験します。
 工場では、切削・研磨・文字彫刻などの各工程を体験。石材がいかに硬くて削りにくく、きれいに磨くのが難しいかを身をもって学んだそうです。

「積極的にオススメできるように」

 このユニークな研修を実施しているのは、約20年前に墓石事業に参入した、仏壇・仏具の「はせがわ」(福岡市)。
 国内の墓石事業は、人口減と核家族化による葬儀・埋葬の減少や簡略化で、競争が激しい市場となっています。
 墓石事業では後発組となるはせがわは、他社との差別化を狙い、2013年から国産墓石の販売を強化。高い品質や信頼性をPRしています。
 そこで、実際に国産墓石の生産にどれだけ人の手がかかり、技術が優れているかを社員自身が理解するべく、現地での研修も3年前から始めたそうです。
 同社の担当者によると、研修によって「付加価値をお客様に説明しながら、積極的にオススメできるようになる社員」が増えているとのこと。今後も全社員を対象に続けたい、としています。

墓石の価値をカラダで覚える!はせがわ社員研修の一部始終
前へ
採石場・加工工場研修の様子
次へ
出典:はせがわ
1/37
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

パン屋に行ったら絶対やってる! 「7大あるある」描いた作者に聞く
パン屋に行ったら絶対やってる! 「7大あるある」描いた作者に聞く
「明日、息子が家を出るんだ」父のバター干し芋 夜廻り猫が描く門出
「明日、息子が家を出るんだ」父のバター干し芋 夜廻り猫が描く門出
学年トップ5入りは間違いなし!と思ったのに…卒業式で知った現実
学年トップ5入りは間違いなし!と思ったのに…卒業式で知った現実
発達障害の二次障害とは?原因や症状、対応方法について詳しく解説!
発達障害の二次障害とは?原因や症状、対応方法について詳しく解説!
スネ夫「大人のフリが上手な人が大人なだけ...
スネ夫「大人のフリが上手な人が大人なだけ...
出入り口がない駅? 本日開業、岩国「清流...
出入り口がない駅? 本日開業、岩国「清流...
これぞ本当の「バス」タオルだ! 方向幕を...
これぞ本当の「バス」タオルだ! 方向幕を...
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
PR
震災後の避難所にベッド 段ボール会社が利益より優先するものとは
震災後の避難所にベッド 段ボール会社が利益より優先するものとは
ADHD息子、卒業式で「やっちまった…」それでも成長を感じたワケ
ADHD息子、卒業式で「やっちまった…」それでも成長を感じたワケ
「食パン袋とめるアレ」、実は埼玉の名産品...
「食パン袋とめるアレ」、実は埼玉の名産品...
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
PR

人気

もっと見る