閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年09月28日

関西人はやっぱり赤が好き? 牛乳石鹼「関西は赤、関東は青」の理由

  • 43256

左が赤箱、右は青箱

左が赤箱、右は青箱

出典: 牛乳石鹼提供

 箱に牛のマークがついた、あの石鹼。あなたが使っていたのは赤い箱に入った商品でしたか? それとも青い箱でしたか? 牛乳石鹼(本社・大阪市)の「赤箱」と「青箱」。関西では赤箱、関東では青箱が人気なんだそうです。その背景には、ライバルに対抗しようと立てた作戦がありました。

歴史が古いのは赤箱


 全国的な販売量は青の方が多いそうですが、地域によって差があるそうです。関東では青、地元の関西では昔から赤が根強く人気だといいます。

 歴史が古いのは赤箱で、1928年の創業当時から発売されています。青箱が追加されたのは終戦後の1949年。本社がある西日本を中心に売り上げを伸ばしていた赤箱ですが、東日本ではすでにライバル会社の商品が普及していて、なかなか浸透できなかったそうです。

 そこで企画されたのが青箱。赤箱がローズ調の香りなのに対し、青箱はジャスミン調の香りに。ソフトな泡立ちで、さっぱりすべすべ肌に洗い上げる点が特徴です。

 製品の特徴だけでなく、分量と価格も違います。赤箱よりも分量を減らすことで価格を低く設定し、「普及版」と位置づけたのです。マーケティング部の担当者は「少しでも手にとっていただける機会を増やすべく、分量を減らすことで他社製品に対して価格優位性も持たせたのです」と説明します。

 この結果、もともと浸透していた関西では赤箱が、価格を低く設定して新たに普及した関東では青箱が人気になり、今に至るというわけです。

赤箱と青箱の違いはホームページでも説明されている

赤箱と青箱の違いはホームページでも説明されている

出典: 牛乳石鹼のホームページ

どうして赤色なのか?


 そもそも、どうして赤なのか? ホームページで以下のように説明されています。

 「赤」は、古くから日本をはじめ中国などでも縁起の良い色とされていることや、赤い箱から真っ白な石鹼が出てくるという視覚的なおもしろさなども考慮して決まりました。

出典:牛乳石鹼のホームページ

 青箱については「赤の次は青だろう」といった感じで、特別に深い意味はないそうです。

赤箱のパッケージ

赤箱のパッケージ

出典: 牛乳石鹼のホームページ

なぜ牛なのか?


 ここまで聞くと、なぜ牛なのかということも気になります。もちろん、原料に牛乳からつくったミルクバターを使っていることに由来していますが、こんな意味も込めたそうです。

 「商いは牛の歩みのごとく」とは古くからいわれている格言で、これは前へ進んでも後ろへ退くな、ねばり強く前進せよという意味です。堅実な経営のもと、誰からも愛される製品を提供しよう!という企業理念からも、まじめで親しみのある牛が選ばれました。以来、牛のマークは社のシンボルとしてたいせつにされています。

出典:牛乳石鹼のホームページ

違いがわかる? 牛乳石鹸の歴代パッケージ
前へ
1928年の赤箱パッケージ
次へ
出典:牛乳石鹸提供
1/11
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る