MENU CLOSE

話題

737

「日本サッカーの父」クラマー氏死去 釜本氏を発掘、五輪で銅メダル

「日本サッカーの父」と言われたデットマール・クラマー氏が亡くなりました。90歳でした。東京五輪に向けた強化のため60年に来日し、日本代表を指導。68年メキシコ五輪の銅メダル獲得に貢献しました。

サッカー教室で児童を前に、ボールを使って説明するデットマール・クラマーさん=2007年5月17日、福岡市東区香椎浜3丁目で、長沢幹城撮影
サッカー教室で児童を前に、ボールを使って説明するデットマール・クラマーさん=2007年5月17日、福岡市東区香椎浜3丁目で、長沢幹城撮影 出典: 朝日新聞

目次

 「日本サッカーの父」と言われたデットマール・クラマー氏が亡くなりました。90歳でした。東京五輪に向けた強化のため60年に来日し、日本代表を指導。68年メキシコ五輪の銅メダル獲得に貢献しました。

東京五輪強化のため来日

 ドイツ・ドルトムント生まれのデットマール・クラマー氏は、第2次大戦後、ドイツのクラブでプレーしましたが、ひざを痛めて引退。1949年からドイツ協会のコーチになります。東京五輪に向けた強化のため1960年に来日し、日本代表を指導。68年メキシコ五輪の銅メダル獲得に貢献し、「日本サッカーの父」と呼ばれています。

 その後、バイエルン・ミュンヘンの監督としてチャンピオンズカップで2度優勝。韓国や中国でも指導しました。

日本サッカー協会の川淵会長(当時)から「日本サッカー殿堂」入りの記念プレートを受け取る元日本代表コーチのデットマール・クラマー氏=日本サッカーミュージアム内の「日本サッカー殿堂」
日本サッカー協会の川淵会長(当時)から「日本サッカー殿堂」入りの記念プレートを受け取る元日本代表コーチのデットマール・クラマー氏=日本サッカーミュージアム内の「日本サッカー殿堂」 出典: 朝日新聞

釜本邦茂氏を見いだす

 クラマー氏は、釜本邦茂氏を見いだした人としても知られています。クラマー氏が、釜本氏のプレーを初めて見たのは京都・山城高校時代でした。当時についてクラマー氏は「すぐに素質を感じた。後は適切なトレーニングと経験を積ませれば良かった」と語っています。

 クラマー氏の指導を受けた釜本氏は、日本のエースストライカーに。1968年のメキシコ五輪で銅メダルを獲得した時の原動力になります。

 クラマー氏は「あの当時、彼にはバイエルン・ミュンヘンやレアル・マドリードなど世界的なクラブが注目していた」と語っています。

メキシコ五輪 サッカー・3位決定戦の日本ーメキシコ。前半、先制のシュートを決めて喜ぶ釜本邦茂選手=1968年10月24日
メキシコ五輪 サッカー・3位決定戦の日本ーメキシコ。前半、先制のシュートを決めて喜ぶ釜本邦茂選手=1968年10月24日 出典: 朝日新聞

「鎖国のような状態だった」

 クラマー氏が来日した当時、日本のサッカーの実力について、次のように述べています。

 「世界から孤立していた。日本は1936年のベルリン五輪でスウェーデンを下す歴史的勝利を挙げたのに、その後の24年間は海外との接触がなく、鎖国のような状態だった」

 「スパイク、ボール、練習場、すべてが貧弱だった。グラウンドもすべて土で、ローラーで固めたことを覚えている」

 クラマー氏は基本の大切さを徹底して教えました。そして、海外のチームとの試合を増やしました。

 「日本が欧州へ武者修行するだけでなく、様々なチームを招待した。1年目はロコモティブ・モスクワに1-10で負けた。でもだんだん、試合になっていった」

福岡空港入りするデットマール・クラマー氏=2006年5月15日
福岡空港入りするデットマール・クラマー氏=2006年5月15日

「大和魂は私の人生観」

 クラマー氏がよく使っていたのが「大和魂」という言葉でした。

 「サッカーは技術とともに精神力も大切だ。規律を守り、自己を犠牲にしてでもチームのために最善を尽くす、大和魂は私の人生観でもあったのです」

 クラマー氏は、コーチから退いた後も日本をたびたび訪れており、2014年1月に福岡市であった会見では、予定の1時間をこえる熱弁をふるいました。

 会見では東京五輪について「6年は長くはない。その年代にあったトレーニングに常に100%で挑むこと」と話していました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます