閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年09月04日

頭から生えた草? 中国で「萌え」ヘアピンが流行 ネットで話題に

  • 31745

萌えヘアピンをつけた女性=中国・雲南省の観光地、大理

萌えヘアピンをつけた女性=中国・雲南省の観光地、大理

 中国で最近、ユニークなファッションが流行しています。頭に小さな「豆苗」のような草花が……。四川省で生まれたというこのアイテム。週末になると、成都市のような大都市では老若男女を問わず、頭から生やした可愛らしい草花を楽しんでいるようです。

ルーツは萌え文化

 ファッションの正体は、豆苗をイメージしたプラスチック製のヘアピンです。中国語の正式な名前は「豆芽花髪卡」で、遠くから見れば、まるで種から出た苗のようで、可愛らしい姿をしています。

 最初は四川省の成都市にブームになり、観光地などで女の子たちの間で話題に。中国でも「萌」という言葉は浸透しており、ヘアピン「豆芽花」はまさに萌えの象徴として、すぐに人気アイテムとなりました。

 成都市の町では、ヘアピンを売るおばあちゃんも、「豆芽花」ヘアピンを付けて商売をしています。

萌えヘアピンをつけた花売りの女性=四川省・成都市

萌えヘアピンをつけた花売りの女性=四川省・成都市

全国に広がる勢い

 いま、このファッションは中国全土へ流行る勢いです。成都市や四川省内だけでなく、北京の南銅鑼巷、重慶の磁器口、雲南省麗江、アモイの鼓浪嶼(コロンス島)などの各地の有名な観光地では、どこでも「豆芽花」が見られるようになっています。

 さらに、女の子だけでなく、中年男性までこのファッションに巻き込まれ、頭の上に「萌やし」ヘアピンをつける男性もしばしば目撃されています。
 

萌えヘアピンを付けたカップル=中国・雲南省大理

萌えヘアピンを付けたカップル=中国・雲南省大理

萌えヘアピンを付けた少年=中国・浙江省西塘古鎮

萌えヘアピンを付けた少年=中国・浙江省西塘古鎮

 ユニークな姿はSNSとも相性がよく、中国版のツイッター新浪微博でも、盛り上がっています。

「先日町に出た時に、みんな頭の上に苗が生えました。今日は何節と友人に聞いたが、植草節だという(笑)」
「何かのパロディーでしょう。いまでも本物のファッションとは信じません」
「いまのファッションに、私は理解できません」
「あまり綺麗とは言えません」
「ちょっと馬鹿げている感じしません?」

「超かわいい!私も買いたいです!」
「うちの地元にも出現しました!」
「私も萌えたいです!ほしいです~」
「淘宝で買ったほうが安い」
「私も昨日付けましたよ。萌萌哒」
「ショッピングの時に付けるのは最適!」

 中国最大のオンラインショッピングのサイト「淘宝網」でも、関連ヘアピンの商品が販売されています。このままいけば、中国全土でブームが起きそうな気配です。

萌えヘアピン、中国で大ブーム 頭から生えた草?
前へ
萌えヘアピンを付けた少年=中国・浙江省の観光地、西塘古鎮
次へ
1/31
前へ
次へ

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る