閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年08月08日

原爆投下の日、答えられたのはわずか3割弱 際だつ長崎での風化

  • 25959

長崎市に投下された2発目の原子爆弾の爆発で、上空に立ち上る原子雲(左)と、広島市上空にひろがるキノコ雲=米軍撮影

長崎市に投下された2発目の原子爆弾の爆発で、上空に立ち上る原子雲(左)と、広島市上空にひろがるキノコ雲=米軍撮影

 戦後70年、原爆が広島と長崎に投下され、戦争が終わった8月を中心に様々な催しや報道が戦争の歴史を伝えている。しかし、NHKが実施した世論調査の結果から、原爆の投下日という基本的な事実すら伝わっておらず、被爆地の広島・長崎でも記憶の風化が進んでいることがあきらかになった。

原爆投下の日、正答率は全国で3割切る

 NHKが戦後70年にあわせて実施した世論調査で、広島市と長崎市に原爆が投下された日付について聞いたところ、「正しく答えられなかった人がそれぞれ全国で7割程度」(NHK)だった。

NHK世論調査 原爆投下日を7割が不正解 NHKニュース

広島に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月6日」と正しく答えられた人は、広島で69%、長崎で50%、全国で30%...

  記事で「『昭和20年8月6日』と正しく答えられた人」と書いたことから、ツイッターなどでは「元号で聞いたから正答率が低かったのでは」という指摘が相次いだ。しかし、NHK広報局に問い合わせたところ、「西暦で答えても正解とした」とのことで、この批判はあたらない。世論調査の詳細は、NHK放送文化研究所のウェブサイトでも公開されている。

NHK世論調査から

NHK世論調査から

「原爆意識調査(広島・長崎・全国)」単純集計結果

被爆地の広島・長崎でも進む風化

 同様の世論調査は10年ごとに実施されていた。NHK広報局に過去のデータを問い合わせ、グラフ化すると被爆地の広島や長崎でも記憶が風化していることがわかる。(各年の世論調査手法は記事の末尾)

■広島への投下日の正答率
【広島市】
77.0%(1995年)
68.6%(2015年)
【長崎市】
85.1%(1995年)
50.2%(2015年)
【全国】
37.5%(2005年)
29.5%(2015年)

■長崎への投下日の正答率
【広島市】
57.9%(1995年)
54.2%(2015年)
【長崎市】
89.8%(1995年)
59.2%(2015年)
【全国】
25.6%(2015年)

NHK世論調査から作成。2015年は調査手法が異なる。データ空白部分は調査が実施されていない。

NHK世論調査から作成。2015年は調査手法が異なる。データ空白部分は調査が実施されていない。

NHK世論調査から作成。2015年は調査手法が異なる。データ空白部分は調査が実施されていない。

NHK世論調査から作成。2015年は調査手法が異なる。データ空白部分は調査が実施されていない。

 2015年は1995年、2005年と調査手法が異なっており、単純な比較はできないが、数字上は正答率は広島市、長崎市、全国、いずれも右肩下がり。特に長崎市ではこの20年で両都市への投下日の正答率が8割台から5割台にまで急減した。

1945年8月9日、長崎に原爆が投下された=米軍提供

1945年8月9日、長崎に原爆が投下された=米軍提供

 戦後70年の世論調査の結果でもう一つ注目を集めたのが、「米国による原爆投下をどう考えるか」という質問への答えだった。広島市で44.2%が「やむを得なかった」と答え、「今でも許せない」(43.1%)を上回ったことだ。わずか1ポイント差で、世論調査の誤差の範囲内だが、約14万人の死者(1945年末まで)を出した被爆地で半数近くがその被害を「やむを得なかった」と答えた。

 全国の回答者で見ると「今でも許せない」が48.8%、「やむを得なかった」が39.6%、長崎では前者が45.7%、後者が40.8%で、広島とは逆の結果がでている。

■米国による原爆投下をどう考えるか
【広島市】
今でも許せない:43.1%
やむを得なかった:44.2%

【長崎市】
今でも許せない:45.7%
やむを得なかった:40.8%

【全国】
今でも許せない:48.8%
やむを得なかった:39.6%

NHK世論調査から

NHK世論調査から

戦後70年、記憶の継承のために

 朝日新聞社は戦後70年の今年、平均年齢が80歳を超えている被爆者のうち約2万2千人を対象にアンケートを送り、5762人から回答を得た。

 「被爆体験は次世代に伝わっていると思いますか」という質問に「十分伝わっている」と答えた人はわずか2.2%。「ある程度伝わっている」が36.2%で、「あまり伝わっていない」(46.5%)と「まったく伝わってない」(4.2%)があわせて5割を超えた。

戦後70年 被爆者5762人アンケート

 戦後70年という節目を迎え、原爆だけでなく、広く戦争や戦後の歴史を伝えるサイトも数多く公開されている。

戦後70年:朝日新聞デジタル

NHK|ニッポンのポ

戦後70年 - 毎日新聞

戦後70年 未来に残す 戦争の記憶~100年後に伝える、あなたの思い~ - Yahoo! JAPAN

検証・戦争責任:読売新聞

■添付資料(NHKの世論調査手法)

1995年と2005年の世論調査手法

1995年と2005年の世論調査手法

2015年の世論調査手法(いずれもNHK資料から)

2015年の世論調査手法(いずれもNHK資料から)

旧日本軍、幻の兵器たち ロケット特攻機・零戦の後継機…
前へ
旧日本陸海軍が共同試作した局地戦闘機「秋水」
次へ
出典:朝日新聞
1/31
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る