MENU CLOSE

グルメ

31652

謎の駄菓子「ニューヨークマヨネーズ」なんでこの名前?社長に直撃

7月下旬の発売直後からネット上で話題になっている「ニューヨークマヨネーズ」とは?

「ニューヨークマヨネーズ」のパッケージ。これを見ても何の商品かわからない
「ニューヨークマヨネーズ」のパッケージ。これを見ても何の商品かわからない 出典: 三真提供

目次


 7月下旬の発売直後からネット上で話題になっている「ニューヨークマヨネーズ」。中身はマヨネーズではなく、和風な「ひねり揚げ」です。パッケージには自由の女神が描かれ、表には商品の内容を示す記述はありません。ネット上では「ニューヨーク気分は皆無」「マジウマ」「買い占めた」といった声が挙がっています。なぜこのような商品名になったのか? 販売元に聞きました。

「ニューヨークマヨネーズ」のパッケージ
「ニューヨークマヨネーズ」のパッケージ 出典: 三真提供

40グラム入りで税抜き81円


 「ニューヨークマヨネーズ」は、一部のセブンイレブンを中心に発売されている商品。価格は40グラム入りで税抜き81円。真っ赤な袋の真ん中に自由の女神が描かれ、商品名以外には「オイシイオヤツ」「自由の女神印」という文字があるだけで、具体的な内容は示されていません。

 裏面の原料を見ると、小麦粉、コーンスターチ、米粉などが記されています。パッケージを開けると、「ひねり揚げ」が入っていて、NYという名前とのギャップに驚かされます。

 ネット上では「気になるから今から買ってくる」「かなりの駄菓子味でとても良い」「結構マヨネーズの味がする。オイシイオヤツって書いてあっても許す」となかなかの評判です。





開けてみると、中身はひねり揚げ
開けてみると、中身はひねり揚げ 出典: 三真提供

社長に聞きました


 そもそもニューヨークマヨネーズとは何なのか? 数々の疑問を解消すべく、製造元である三真(本社:東京都)の社長、加藤久幸さん(50)に聞きました。

 ――名前の由来を教えてください

 「日本のマヨネーズは、一般的に酸味が強いんです。私が学生時代に食べたアメリカのマヨネーズは甘みの方が強かったので、とても印象に残っていました。それを商品化したんです。他と同じものを作ってもしょうがないので、自分の好きなものにしました。商品名は、味をそのままストレートに表現しています」

 ――どこにもひねり揚げであることをうたっていませんが

 「これは何だろう?と手にとってもらうべく、あえてそうしました。パッケージも目立つように赤にしています」

 ――発売直後からネット上で話題になっています

 「えっ、そうなんですか? ほんとだ! パソコンで検索したらけっこう出てきますね。普通は発売してから1カ月ほど経たないと反響とか売れ行きはわからないんです。こんなケースは初めてで驚いています」

 ――今後の展開を教えて下さい

 「これまでも、日本料亭の『なだ万』とのコラボ商品を発売するなどしてきました。いろいろと次のシリーズを考えているんですが、まだ発表できません。楽しみにしていてください」

酸味より甘みの方が強いマヨネーズ味
酸味より甘みの方が強いマヨネーズ味 出典: 三真提供

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます