MENU CLOSE

感動

133905

「いちご新聞」反戦メッセージ サンリオがなぜ? 共感のツイート

安保法制をめぐって国会が紛糾する中、サンリオが発行する「いちご新聞」のメッセージが注目を集めています。サンリオがなぜ戦争について発信を?

「いちご新聞」に載った「いちごの王さま」からのメッセージ「人と人は如何なることがあっても、仲良く助け合っていくことが大切です」
「いちご新聞」に載った「いちごの王さま」からのメッセージ「人と人は如何なることがあっても、仲良く助け合っていくことが大切です」 出典: いちごの王さまからのメッセージ | グッズ | サンリオ

目次

 安保法制をめぐって国会が紛糾する中、「いちご新聞」という新聞に載った「いちごの王さま」のメッセージが、注目を集めています。「みなさんには8月の終戦のことを忘れないでほしい」という言葉が掲載されたのは、キティちゃんなどで知られるサンリオの月刊誌「いちご新聞」。サンリオがなぜ戦争について発信を? そして「いちごの王さま」とは、いったい誰なのでしょうか?

キャラクターの情報満載「いちご新聞」

 「いちご新聞」は、毎月、サンリオの商品やキャラクター情報を伝える月刊誌です。1部216円で、サンリオショップや百貨店などで買えます。8月号は、「マイメロディ」「リトルツインスターズ」といった、サンリオを代表するキャラクターの誕生40周年を記念して、歴史や原画などを特集しています。

 可愛らしいキャラクターの中、目を引くのが「いちごの王さまからのメッセージ」です。「平和のためにできることを考えよう」というタイトルで、「王さま」が経験した戦争のエピソードをまじえ、「終戦のことを忘れないでほしい」と呼びかけています。

サンリオのハローキティ©サンリオ
サンリオのハローキティ©サンリオ

「王さまは、この戦争で同級生を数人失いました」

 「王さまにとって、8月は1年の中で、最も想い入れの深い月です」

 「大学1年生だった王さまは、この戦争で同級生を数人失いました」

 メッセージには、具体的な経験が語られます。

 「争いからは何も生まれない。国と国、民族と民族、人と人は如何なることがあってもお互いに争うことなく、仲良く助け合って行くことが本当に大切なことだ」と訴える「王さま」。次のように記します。

 「王さまはこのことをたくさんの人に伝えたくて、今から55年前の8月10日にこのサンリオを設立しました」

 「王さま」とはサンリオの社長、辻信太郎さんです。1927年生まれの辻さんは、戦時中、桐生高専(群馬大学)の学生でした。1975年に「いちご新聞」ができると、その年から「王さま」のペンネームでメッセージを書き続けています。

「いちごの王さま」サンリオ社長の辻信太郎さん。小さな「コンサルタント」と呼ぶ、子どもたちに囲まれ笑顔に=1976年12月
「いちごの王さま」サンリオ社長の辻信太郎さん。小さな「コンサルタント」と呼ぶ、子どもたちに囲まれ笑顔に=1976年12月 出典: 朝日新聞

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます