MENU CLOSE

グルメ

121542

「きのこの山」専用プレート完成 信楽焼き陶芸家が、本気出してきた

その形状から、絶対に立たないと言われた「きのこの山」。このほど、信楽焼の陶芸家が専用プレートを作りました。

「きのこの山」を立たせて楽しめる専用プレート。信楽焼きの風合いも楽しめる=奥田大器さん提供
「きのこの山」を立たせて楽しめる専用プレート。信楽焼きの風合いも楽しめる=奥田大器さん提供 出典: 純朴陶芸家 奥田大器創作 大器の器

目次

 その形状から、絶対に立たないと言われた「きのこの山」。このほど、信楽焼の陶芸家が専用プレートを作り、ついに立った状態の「きのこの山」を楽しむことができるように。「意外と難しかった」という専用プレート。陶芸家の奥田大器さんに、制作秘話を聞きました。

「たけのこの里」専用プレート
「たけのこの里」専用プレート 出典:純朴陶芸家 奥田大器創作 大器の器

台座に穴、お皿から「生えているよう」

 信楽焼きの素朴な風合いの専用プレートには、「きのこの山」が横に5つ、縦3列に並びます。「きのこの山」はキスチョコくらいの「台座」の穴にクラッカー部分を入れて立たせます。全部そろうと、お皿から「きのこの山」が生えているような錯覚に陥ります。

 もちろん「たけのこの里」プレートもあります。シンプルな平皿で、丸いくぼみが等間隔で並びます。「きのこの山」プレートより、土の表情が楽しめそうです。

「きのこの山」で埋まった専用プレート
「きのこの山」で埋まった専用プレート 出典:純朴陶芸家 奥田大器創作 大器の器

「抜けた感じのものに挑戦したかった」

 専用プレートを作ったのは、滋賀県甲賀市の陶芸家の奥田大器さんです。普段は、陶器に水音を反響させて楽しむ陶琴(水琴窟)などを作っています。「お堅いイメージのものばかり作っていたので、抜けた感じのものに挑戦したかった」という奥田さん。

 以前から大好きだった「きのこの山」の専用プレートを思いついたそうです。

「きのこの山」専用プレートを作り上げた、信楽焼き陶芸家の奥田大器さん
「きのこの山」専用プレートを作り上げた、信楽焼き陶芸家の奥田大器さん 出典:純朴陶芸家 奥田大器創作 大器の器

修正加えて、販売めざす

 窯に入れて焼くと微妙に縮んでしまうため、「きのこの山」のクラッカーの太さに合わせるのに苦労をしたそうです。ブログやフェイスブックにアップすると、「かわいい」など、多くのメッセージが寄せられました。

 「今まで接点のなかった人とつながることができました」と話す奥田さん。今後、試作品に修正を加えて、販売する予定です。

関連リンク:陶芸家 奥田大器さんの公式サイト
「きのこの山」と「たけのこの里」専用プレート
「きのこの山」と「たけのこの里」専用プレート 出典:純朴陶芸家 奥田大器創作 大器の器

この記事への反応





関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます