閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年07月08日

中国TVのガンダム騒動 現地もネタに「次はウルトラマンか(汗)」

  • 10009

中国中央テレビ局(CCTV)に一瞬、映ったガンダム。ネット上では画面をキャプチャーをした画像が瞬時に出回った

中国中央テレビ局(CCTV)に一瞬、映ったガンダム。ネット上では画面をキャプチャーをした画像が瞬時に出回った

 6月30日、中国中央テレビ局(CCTV)の番組で、日本の自衛隊を紹介する映像のなかに、一瞬、機動戦士ガンダムの姿が入ったトラブル。現地の中国でもネット上で大騒ぎになりました。中国では「高達」と呼ばれるガンダム。アニメの放送は一度もされていないのにも関わらず、高い人気を誇っています。

自衛隊の新装備?

 6月30日にCCTV4(中文国際)チャンネルの討論番組「今日関注」は日本の安保法案を取り上げました。学者の解説に合わせて自衛隊の紹介映像が流れ、そこで一瞬ガンダムの姿が映りました。

 自衛隊にガンダムが配備されているかのようなこの映像に、多くの視聴者が反応。中国の人気ポータルサイト網易ニュースでは「CCTV番組に機動戦士ガンダム出現」(7月2日)の記事が配信されると、瞬時に46000以上のページビューに達し、6000以上のコメントがつきました。


 また、中国版ツイッターの新浪微博でも多くのコメントが寄せられました。

 「確かに負けました。日本軍のガンダムにはかないません」、
 「次はウルトラマンか(汗)」、
 「あなたにガンダムがあり、我が軍には『葫芦娃』(中国のアニメの著名なキャラクター)があるよ」、
 「我が軍には『藍翔ショベルカー』もあるぞ」(中国で一番コマーシャルに力を入れている技術専門学校。そこのショベルカー専攻が人気)。

52周年記念行事で観閲行進をする陸上自衛隊第10師団の自衛官ら=2014年9月、名古屋市守山区守山3丁目

52周年記念行事で観閲行進をする陸上自衛隊第10師団の自衛官ら=2014年9月、名古屋市守山区守山3丁目

出典: 朝日新聞

中国の「ガンダム」人気

 もともと、中国で日本のアニメの人気は高く「一休さん」「ドラえもん」「聖闘士星矢」「花の子ルンルン」「ドラゴンボール」などは、テレビで放送されています。

 一方、ガンダムは中国のテレビでは放送されたことはありませんが、インターネットの普及によって、1990年代後期から知名度が上がったと言われています。そして、2005年にガンダムが主役のテレビゲーム「ガンダムSEEDシリーズ」がヒットしたことで、アニメを知ったファンが一気に広がりました。

 ガンダムは中国語で「高達」と訳され、中国の大手検索サイト百度には「高達バー」というガンダム専門のチャットルームが存在し、ガンダムのプラモデル、ガンプラの専門店も生まれています。

お台場に登場した「実物大」のガンダム像=2009年6月、東京都品川区東八潮

お台場に登場した「実物大」のガンダム像=2009年6月、東京都品川区東八潮

出典: 朝日新聞

過去にはトップガンも

 今回の放送事故。番組づくりのずさんさを指摘する声もありました。

 CCTVは中国で最も大きなテレビ局で、人口カバー率は96.55%に達し、放送範囲は中国全土をカバーしている国家テレビ局です。しかし、実は今回のガンダム以外にも、同じようなミスをしています。
 2011年1月に放送されたCCTVの看板ニュース番組「新聞聯播」では中国のJ-10戦闘機を紹介する時に、映像はハリウッド映画「トップガン」の画像を使った疑いがありました。当時もネットで多くの指摘が寄せられ、「CCTVの従業員は本当に真面目に番組を作っているのか」と喝を入れるユーザーもいました。


中国軍の主力戦闘機「殲10」=2014年11月、広東省珠海、倉重奈苗撮影

中国軍の主力戦闘機「殲10」=2014年11月、広東省珠海、倉重奈苗撮影

出典: 朝日新聞

両国ネットユーザーがネタに

 ネット上では格好のネタとして取り上げられた今回の放送事故。日本のツイッターユーザーからは「両国の人が笑いながら盛り上がれるのは素晴らしいと思う」といった声も。日本のアニメが、思わぬ形で、両国のネットユーザーの共通の話題になったようです。



ガンダム原画 安彦良和・作画監督の気迫そのまま
前へ
初めてガンダムに乗ったアムロが「逃がすものか!」とジオン軍のモビルスーツ「ザク」に斬りかかる場面。放送時は左上の四角形のサイズから回転しながら画面全体にズームアウトし、記憶に残るガンダム初の戦闘シーンとなった
次へ
出典:(C)創通・サンライズ
1/13
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
PR
えっ!コレがとれちゃうの? 旭山動物園、ペンギンのくちばしが話題
えっ!コレがとれちゃうの? 旭山動物園、ペンギンのくちばしが話題
学校に行ける、当たり前じゃない ネオン輝く高架下の「夜間学校」
学校に行ける、当たり前じゃない ネオン輝く高架下の「夜間学校」
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする…。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする…。
Q&A
「食パン袋とめるアレ」、実は埼玉の名産品...
「食パン袋とめるアレ」、実は埼玉の名産品...
あの「ゆかり」が缶チューハイに ご飯のお...
あの「ゆかり」が缶チューハイに ご飯のお...
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
PR
国連安保理の南スーダンへの武器禁輸決議、賛成しない国の理由は?
国連安保理の南スーダンへの武器禁輸決議、賛成しない国の理由は?
Q&A
外国人観光客が撮った写真を調査したら…ある飲み物の「謎さ」を認識
外国人観光客が撮った写真を調査したら…ある飲み物の「謎さ」を認識
これぞ本当の「バス」タオルだ! 方向幕を...
これぞ本当の「バス」タオルだ! 方向幕を...
高橋一生さんの血管が… クラシエ車内広告の「仕掛け」が秀逸すぎる
高橋一生さんの血管が… クラシエ車内広告の「仕掛け」が秀逸すぎる
あのウィンナーの「中身」だけ販売! シャウエッセン新商品が話題に
あのウィンナーの「中身」だけ販売! シャウエッセン新商品が話題に
NEW

人気

もっと見る