閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年07月07日

石田純一、高校球児だった過去 「馬のように走って鍛えた」

  • 3588

実は球児だった石田純一さん

実は球児だった石田純一さん

出典: 朝日新聞

 素足にローファー、さわやかなプレイボーイのイメージが強い石田純一さんですが、高校時代は球児でした。青山高校のエースで4番。今のキャラとは違って、泥だらけになりながら猛練習をしていたそうです。

自身が出場した試合の公式スコアを手にする石田純一さん=2015年6月、東京都中央区、白井伸洋撮影

自身が出場した試合の公式スコアを手にする石田純一さん=2015年6月、東京都中央区、白井伸洋撮影

出典: 朝日新聞

義父はプロ野球の元監督

 石田純一さんは、1980~90年代、「抱きしめたい!」「想い出にかわるまで」などのトレンディードラマで活躍しました。現在の妻は、プロゴルファーの東尾理子さん。理子さんの父は、プロ野球西武の元監督、東尾修氏です。

西武ライオンズの元監督・東尾修

西武ライオンズの元監督・東尾修

出典: 朝日新聞

過酷な投球練習

 都立青山高校出身の石田さん。進学校だったため、練習と勉強を両立するため「馬のように走って足腰を鍛えたり、ノックを受けたり」といった練習を重ねたそうです。特に、投球練習では100球投げる中で最後の5球、試合前は10球を、連続でストライクを取らなければならないという過酷なものでした。

 「飛び抜けた投手ではなく、打撃のほうが自信がありました」という石田さん。足も早く、盗塁は一度も刺されたことがなかったそうです。上下関係は厳しかったそうです。監督の言うことも絶対。「理不尽なこともありました。でもそこで得た仲間と忍耐力は財産になりました」と言います。

トレンディードラマで活躍していたころの石田純一さん=1989年1月

トレンディードラマで活躍していたころの石田純一さん=1989年1月

出典: 朝日新聞

「高校野球は『本気』の予行演習」

 「甲子園は手の届く場所というより夢の向こうで、僕らも多くの学校と同じように負けて終わりました」。高3夏の東京大会(当時)は3回戦で涙をのみました。それでも、野球を通じて多くのことを学んだそうです。

 「思い描いた目標に向かって努力すると、その後、世の中に出るとたいていのことは実現できる。高校野球は『本気』の予行演習なんです」


あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る