MENU CLOSE

話題

55843

たま駅長、世界が注目 生前、各国メディアが取材…アルジャジーラも

6月22日「たま駅長」が死にました。和歌山電鉄が24日、発表しました。シンガポールやアメリカのテレビ局が取材に訪れる世界的な存在でした。

アメリカからの取材に対応する「たま駅長」=2012年11月6日
アメリカからの取材に対応する「たま駅長」=2012年11月6日 出典: 朝日新聞

目次

 和歌山電鉄の三毛猫駅長で世界的な人気を集めていた「たま駅長」が6月22日、死にました。和歌山電鉄が24日、発表しました。16歳でした。過去にはイタリアの新聞、シンガポールやアメリカのテレビ局が取材に訪れたほか、アルジャジーラも注目した異色の存在でした。

イタリア紙「世界中を探してもない」

 「たま駅長」は、和歌山電鉄貴志川線貴志駅の三毛猫駅長として人気を集めました。「招き猫効果」でローカル線の活性化に一役買ったほか、最近では海外からも見物客が訪れるなど、地元経済もうるおしました。

 「たま駅長」は、海外メディアの取材も多く受けました。

 2010年4月、「たま駅長」はイタリアの新聞社の取材を受けました。有力紙レプブリカの記者は「イタリアだけでなく世界中を探してもこんな電車はない。ローカルコミュニティーを守る取り組みとして素晴らしい」と絶賛していました。

シンガポールのテレビ局「本物の猫がいてびっくり」

 2011年9月9日には、シンガポールのテレビ局が取材に訪れました。男性タレント2人が、駅長に「たまちゃん」と声をかけたり背中をなでたりしながら、貴志駅について紹介。出演者の李騰(リーテン)さんは「本物の猫がいてびっくりしました。番組を通じてシンガポールの人に日本の鉄道文化を伝えたい」と話していました。

 一方、亡くなる直前の2015年6月20日には、中東拠点の衛星テレビ局アルジャジーラが、鼻炎だった「たま駅長」の代わりに、駅長代行を務める三毛猫「ニタマ」を取材しました。

アメリカのテレビ局「駅長の英語とても良い」

 2011年10月には、アメリカのケーブルテレビ局から取材を受けました。番組は、動物専門チャンネル「アニマルプラネット」の、ネコばかり取りあげている「Must Love Cats」。取材した司会者のジョン・フルトンさんは「ネコのストーリーは色々聞いてきたが、経済的に影響を与えたというのはほかにない」と驚き、「駅長の英語『meow』(鳴き声)はとても良かった」と褒めていました。

 「たま駅長」には、グローバル企業も注目していました。2012年11月には、アメリカンファミリー生命保険(アフラック)の米国本社(ジョージア州)のIR担当者から取材を受けました。同社では年に1度、株主に向けた事業報告書を発行しており、日本でアフラックのテレビCMに出演したたま駅長の話題を、ユニークな取り組みとして掲載することに。担当者は「間近で見たたまはとてもスイート(可愛い)。本社やアメリカの人も非常に関心を持っているので、有名な猫で多くの人が会いにくることも紹介したい」とベタ褒めでした。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます