MENU CLOSE

IT・科学

17015

不満を投稿、小遣い稼ぎ 1件5円から「待ち時間長い」「故障多い」

様々な不満を買い取る新しいビジネス「不満買取センター」が好調です。原則、全部の投稿を買い取るわかりやすさから月20万件の不満を集めるほどに。

1件からでも買い取り。そのシンプルさが受けて好調な「不満買取センター」
1件からでも買い取り。そのシンプルさが受けて好調な「不満買取センター」

目次

 その不満、SNSに投稿するくらいなら売ってください! 様々な製品、サービスの不満を買い取る新しいビジネス「不満買取センター」が好調です。原則、すべての投稿を買い取るというわかりやすさから、月20万件の不満を集めるほどに。集めた不満は、企業にとって貴重な情報になっています。

1件でも買取り

 2012年設立の「不満買取センター」は、もともとメールによる不満を集め、冊子にして販売していました。スマホの急速な浸透と、一般の人が気軽にSNSなどに投稿する社会の変化を受け、2015年3月にサービスを一新。1件からウェブでも投稿を受け付けられるようにしました。

 現在では1日5千から1万件の不満が集まっています。不満を提供する企業も400社近くに。順調な滑り出しについて、鈴木翔一朗社長は「原則、何でも買い取るという姿勢が重要だった。一見、意味のなさそうな投稿でも、最新の解析技術で整理すれば、価値を生む情報できる」と言います。

 集まった不満は、情報処理の専門家である社内のデータサイエンティストが分析しデータとして企業に提供します。力を入れているのが、自由記述欄の解析です。文章を「待合室」「不愉快」「疲れた」などのような単語単位で分けて、自動的に分類していきます。

【画像】不満がお金に替わるまでの仕組み
【画像】不満がお金に替わるまでの仕組み 出典:不満買取センター

月2万円稼ぐ人も

 投稿した不満には、内容などに応じてポイントがつきます。投稿した人はポイントをお金に換えることができます。不満は1つ5円から25円で買い取られます。不満内容を詳細に書き込むほど、値段は高くなります。投稿者の多くは月に5000円くらい受け取るそうです。中には1~2万円分の不満を投稿する人もいるそうです。

 企業向けには、依頼に応じて不満を集める事業、集まった不満を分析したレポートを販売する事業、そして、膨大な不満の全体像をリアルタイムにウォッチできるサービスなどを提供しています。

「原則、何でも買い取るという姿勢が重要だった」と語る「不満買取センター」の鈴木翔一朗社長
「原則、何でも買い取るという姿勢が重要だった」と語る「不満買取センター」の鈴木翔一朗社長

「言われてみれば…」何げない気付き

 コールセンターなどに寄せられる苦情と違うのは、幅広い声を集めることができることです。鈴木社長は「企業に直接、連絡をしてくる人は、不満が極端に大きい人か、その企業のファンであることが多い。不満買取センターに集まる情報は、普段は気付かない指摘が少なくない」と話します。

 意外だったのは、病院や美容室など、手に取れないサービスに関する不満が多かったことです。「予約をしたのに待ち時間があったなど、『言われてみれば…』という気付きが少なくなかった」と鈴木社長。今後は、保険などへの展開も強化していくそうです。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます