MENU CLOSE

グルメ

23773

米人気ファーストフード「タコベル」、日本に再上陸 来月、渋谷に

米大手ファーストフード「タコベル」が4月21日、東京・渋谷に第1号店をオープンします。実は20年ぶりの“再上陸”。米国では週に4200万人が通う人気チェーンの正体は?

「タコベル」の看板メニュー、タコスのレパートリー
「タコベル」の看板メニュー、タコスのレパートリー 出典: タコベルの米国公式ページより

 米大手ファーストフード「タコベル」が4月21日、東京・渋谷に第1号店をオープンします。じつは日本からは一度撤退しており、約20年ぶりの“再上陸”。米国では毎週4200万人が通うという人気チェーンの正体は?

日本では米軍基地にあるけど入れない

 オープンの準備を進めている場所は、東京・渋谷の道玄坂。今年2月、焼き肉チェーンの「牛角」などを運営するアスラポート・ダイニングが日本でのフランチャイズ契約を結び、ツイッターなどで大きな話題となりました。すでにスタッフの募集も始めており、期待が高まっています。

 渋谷店では日本限定のオリジナルメニューも投入。エビを使った「シュリンプ・アンド・アボカド・ブリトー」や「タコライス」を提供します。4月上旬から3週間、米本社のトレーナー4人が来日し、「本場の味」を徹底的に指導するそう。

 日本には1980年代後半、東京や名古屋などに出店していました。しかし売上が伸びず、90年代前半に撤退。いまも横田基地(東京都)など、在日米軍施設内にお店を残していますが、基地関係者以外の一般人は利用できませんでした。タコベル側は「日本人の生活にファーストフードはどんどん根付いてきています。メキシカンファーストフードを投入することで、その選択肢を増やせれば」としています。

タコベル日本店のメニュー=アスラポート・ダイニング提供
タコベル日本店のメニュー=アスラポート・ダイニング提供

米国に6000店

 タコベルは1962年、ビジネスマンのグレン・ベル氏がカリフォルニア州に第1号店をオープンさせたのが始まりでした。当時のファーストフードはハンバーガーやホットドッグが中心。注文を受けてから、新鮮な野菜などで作られる「タコベル」のタコスやブリトーは大人気となりました。わずか5年後には100店舗を達成し、急成長していきました。現在は米国内で約6000店あります。
 
 魅力は、豊富なメニュー。トウモロコシの粉などを焼いた薄い生地「トルティーヤ」で素材を挟んだり、巻いたりする「タコス」「ブリトー」には、トッピングが盛りだくさん。肉やレタス、チーズ、ライス、豆、ポテト、ワカモレ(アボカドのディップ)などを好みに合わせて選べます。「ナチョス」などの定番料理を始め、メキシカン特有のシナモンを使ったスイーツなどもそろえています。

米国で放送されているタコベルのコマーシャル

10年間で世界に1300店を出す計画

 タコベルは以前はペプシコ-ラなどを販売する「ペプシコ」の一部でしたが、現在はケンタッキーフライドチキンやピザハットなどと同じ「ヤム・ブランズ」の傘下にあります。米国で6000店を有し、カナダやイギリス、インド、サウジアラビア、韓国など20カ国に進出していますが、各国で強固な地盤を固めるのはじつはこれから。最も多いカナダでも29店にとどまっています。

 タコベルは今後10年間で世界的なブランドを確立する中期計画を掲げており、アジアを中心に世界で1300店を新規オープンさせる予定です。日本では渋谷以外にも、大都市を中心に多店舗展開する見通しです。

日本オリジナルメニューの「シュリンプ&アボカドブリトー」
日本オリジナルメニューの「シュリンプ&アボカドブリトー」 出典: アスラポート・ダイニング提供
日本オリジナルメニューの「タコライス」
日本オリジナルメニューの「タコライス」 出典: アスラポート・ダイニング提供
東京・渋谷にオープンするタコベル日本店(イメージ)
東京・渋谷にオープンするタコベル日本店(イメージ) 出典: アスラポート・ダイニング提供

■Taco Bell(タコベル) 渋谷道玄坂店
開業日 : 4月21日(火)
所在地 :東京都渋谷区道玄坂2-25-14
営業時間 : 10:00~23:00
定休日 : 無休
席数:104席
 

この記事への反応









関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます