閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年03月26日

バカッター防ぐ「合言葉」 完成度が高すぎて拡散中 大学生発案

  • 269148

それぞれにイラストがついていてわかりやすい

それぞれにイラストがついていてわかりやすい

出典: 明学生が考えたSNSのための5つの合言葉


バカッター防ぐ「合言葉」 完成度が高すぎて拡散中 大学生発案
前へ
次へ
1/10
前へ
次へ

 「友だちは、フリー素材じゃ ありません」

 「その個性の出し方、間違っていませんか」
 
 ツイッターなどのSNS上で、不用意な画像を載せて炎上する若者が定期的に話題になっています。そんな中、明治学院大の学生らがSNSを使うときに頭に置いておきたい「5つの合言葉」をひねり出しました。


「バカッター防止策」として絶妙

 フェイスブックのシェアは5千超え。ツイッターでは、「小学校の教材にすべき」「分かりやすいなぁ。プリントして息子の部屋にでも貼っておこうかな」などと評判に。津田大介さんも「わかりやすいし、よくできてるね。これ。」とつぶやくなど、学生自身による「バカッター」防止策として話題になっています。

 合言葉の残りの3つは、

・デマの中継所にならないでっ!

・昨日、SNSで何を見たか、思い出せますか?

・歩きスマホは、歩く武器

 それぞれに学生目線のセリフがついていて、たとえば「その個性の出し方~」には、〈みんな!オレの勇姿を見てくれ!〉。バイト先や線路内などでのふざけた写真をアップする事態をたしなめています。折しも、就職活動が本格化している時期。企業の採用担当は、学生のSNSをさかのぼってチェックしている、なんてことも言われていますし、肝に銘じたいところです。


ネット上には「バカッターまとめ」として、様々なツイートが残っている

ネット上には「バカッターまとめ」として、様々なツイートが残っている

大学の「SNSのガイドライン」なんて、読まないよね

 合言葉を考え出したのは、同大の学生広報委員のメンバーら。「知らない他大学生の『飲酒運転なう』というツイートがリツイートで回ってきたりして、うわーと思っていた」という経験などもあり、大学広報誌に掲載する特集記事の企画テーマに「SNS」を選んだそうです。

 9人で取り組み、まずは学内でアンケートを実施。「SNSを使っていて、嫌な気持ちなったことや、こわい経験をしたことがある」が約50%あったのに対し、「嫌な気持ちにさせてしまったと自覚したことがある」は約30%と、ギャップがあることなどがわかったといいます。

 結果を踏まえ、合言葉のネタ出し。「3日後までに1人100個」など、大量の候補をそろえ、その中から絞り込んだそうです。

 気をつけたのは「学生目線」。多くの大学が、「SNSを使う時のガイドライン」の類を出していますが、メンバーらは「チェックしたけど、全然頭に入ってなかった」と口をそろえます。

 たとえば、大学ウェブサイトに「注意喚起」などとして掲載されている場合。「字だけ書いてあってもそもそも読まない」「ルールとして、あれもやるな、これも気をつけろと言われても反発したくなる。何ページもあったりするし」といいます。たしかに、よくわかります。あれ、読まないですよね。

 「SNSについての注意なんだから、みんなが気楽にツイートしたり、いいね!を押して拡散できたりしないと意味ないよね」ということで、視覚からパッと入れ、覚えやすいキャッチフレーズを作る、という形を目指し、完成させました。

「合言葉」を考え出したメンバーら。左から、安田伽奈さん(政治学科1年・19歳)、内村琴美さん(政治学科4年・23歳)、浅見駿一さん(経済学科4年・24歳)、村上未萌さん(法律学科4年・22歳)、水島綾香さん(芸術学科3年・21歳)、宇都宮愛理さん(心理学科4年・22歳)

「合言葉」を考え出したメンバーら。左から、安田伽奈さん(政治学科1年・19歳)、内村琴美さん(政治学科4年・23歳)、浅見駿一さん(経済学科4年・24歳)、村上未萌さん(法律学科4年・22歳)、水島綾香さん(芸術学科3年・21歳)、宇都宮愛理さん(心理学科4年・22歳)


あわせて読みたい

シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
Q&A
音喜多氏が見た「小池百合子」のすごみ 巻き込む力「魔力のよう」
音喜多氏が見た「小池百合子」のすごみ 巻き込む力「魔力のよう」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
褒める代わりに「好き!」と言おう あなた...
褒める代わりに「好き!」と言おう あなた...
「世界で最も完璧に近い投票制度」オーストラリアの難解すぎる選挙
「世界で最も完璧に近い投票制度」オーストラリアの難解すぎる選挙
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
選挙に期待できないって本当? 現代の賢人「あの方」のシンプルな答え
選挙に期待できないって本当? 現代の賢人「あの方」のシンプルな答え
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
工事現場が様変わり! 「バルーン投光器」の遊び心、製造元に聞く
工事現場が様変わり! 「バルーン投光器」の遊び心、製造元に聞く
「不倫騒動、何とも馬鹿馬鹿しい」1通の投稿...
「不倫騒動、何とも馬鹿馬鹿しい」1通の投稿...

人気

もっと見る