MENU CLOSE

話題

40270

低気圧の接近で大雪に警戒が必要なこの季節。エアコンで部屋を暖めようとして、温風が出ないことがあったら室外機を見てみましょう。積雪で空気の通り道がふさがっている可能性があります。

大雪降ったら室外機に注意 エアコンの効きが悪くなる意外な理由

大雪が降ったら注意して見ておきたい室外機
大雪が降ったら注意して見ておきたい室外機 出典: 朝日新聞

 低気圧の接近で大雪に警戒が必要なこの季節。エアコンで部屋を暖めようとして、温風が出ないことがあったら室外機を見てみましょう。積雪で空気の通り道がふさがっている可能性があります。

大雪で増える「調子悪い」

 空調メーカー大手のダイキン工業コーポレートコミュニケーション室によると、2014年2月の首都圏の記録的大雪で、「エアコンの調子が悪い」「動かない」といった問い合わせがメーカーや販売店に多く寄せられたそうです。
 ところが、そのほとんどが、室外機やその周りに雪が積もって、空気を吸い出したり吸い込んだりすることができなくなり、温風が出なくなっていたのが原因でした。

東京・渋谷も大雪に見舞われた=2014年2月8日
東京・渋谷も大雪に見舞われた=2014年2月8日 出典: 朝日新聞

「周囲30センチは雪かきを」

 東北などの積雪地帯では、室外機を高い位置に置いたり、こまめに掃除したりするなど、住民の生活知識として定着しているそうですが、めったに雪が降らない地域では対策がされておらず、積雪を放置して動かなくなるケースが多いそうです。
 同社では、「大雪の際には、室外機の周囲30センチは積雪を取り除いて空の通り道を確保してほしい」と呼びかけています。

30センチは雪を取り除く
30センチは雪を取り除く 出典: ダイキン工業

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます