MENU CLOSE

エンタメ

6791

谷村新司、仲間由紀恵と北陸新幹線CM曲 「いい日旅立ち」超えるか

 歌手の谷村新司さんが、今年3月に開業する北陸新幹線のCMソングを作りました。PRソング「北陸ロマン」を、谷村さんと仲間由紀恵さんがデュエットで歌います。新たな鉄道ソングの定番となるか注目です。

谷村新司さん、仲間由紀恵さんと、JR西日本の真鍋精志社長(左)
谷村新司さん、仲間由紀恵さんと、JR西日本の真鍋精志社長(左)

目次

 歌手の谷村新司さん(66)が、今年3月に開業する北陸新幹線のCMソングを作りました。PRソング「北陸ロマン」を、女優の仲間由紀恵さん(35)とデュエットで歌います。谷村さんはこれまでも、「いい日旅立ち」「三都物語」といった鉄道CMソングを提供。新たな鉄道ソングの定番となるか注目されます。

【動画】谷村新司さん、仲間由紀恵さんと北陸新幹線CM曲=瀬戸口翼撮影

仲間のCM曲は「恋のダウンロード」以来

 新CMは、仲間さんが富山、石川、福井の北陸3県を訪れ、魚市場や温泉、グルメを満喫する内容。谷村さんが実際に3県を訪れ、風物を織り込んだ歌詞と旅情感あふれるメロディーに仕立てた「北陸ロマン」がバックに流れます。
 歌は、谷村さんと仲間さんがデュエット。やわらかい日本語と古語が入り交じる独特の谷村節を、仲間さんが伸びやかに歌い上げています。CMで歌声を披露するのは、2006年に「仲間由紀恵withダウンローズ」名義で歌ったau(KDDI)のCMソング「恋のダウンロード」以来9年ぶりです。

au(KDDI)のCMソングも歌っていた仲間由紀恵さん=2006年1月19日
au(KDDI)のCMソングも歌っていた仲間由紀恵さん=2006年1月19日 出典: 朝日新聞

 14日にあった発表会見では、谷村さんは「みんなが笑顔になる曲」、仲間さんは「ワクワクして旅に出たくなる曲」と語り、それぞれ仕上がりに満足げでした。

カジュアルなドレス姿の仲間由紀恵さん=国島貴志撮影
カジュアルなドレス姿の仲間由紀恵さん=国島貴志撮影

CMソングは定番化、国鉄は赤字解消できず

 「いい日旅立ち」は、1978年に発売された、山口百恵さんのシングル曲。作詞・作曲を谷村さんが担当しています。慢性的な赤字経営だった国鉄がイメージ向上を狙った国内個人旅行キャンペーンの、タイアップCMソングとして制作されました。
 しかし、当時のトップアイドルを起用したキャンペーンもむなしく、累積赤字は拡大。起死回生の決め手を欠いたまま、87年の国鉄分割民営化に至ります。

時代を代表するアイドル歌手だった山口百恵さん=1979年
時代を代表するアイドル歌手だった山口百恵さん=1979年 出典: 朝日新聞

 ただ、国鉄キャンペーンとしては十分な結果が出なかったものの、「いい日旅立ち」自体は大ヒット。百恵さんの代表曲の一つとして知られ、昭和歌謡の名曲として多くの歌手にカバーされるなど、今も歌い継がれています。
 2003年には、谷村さん自ら再アレンジした「いい日旅立ち・西へ」を鬼束ちひろさんが歌い、JR西日本のキャンペーンCMに使われました。さらには、東海道・山陽新幹線や寝台特急「トワイライトエクスプレス」で車内放送のBGMに起用され、いまや鉄道ソングの定番となっています。

2015年3月に運行終了する寝台特急「トワイライトエクスプレス」
2015年3月に運行終了する寝台特急「トワイライトエクスプレス」 出典: 朝日新聞

 このほか、90年には谷村さんが自ら歌う「三都物語」も、JR西日本のキャンペーンCMソングに採用されています。

2003年、鬼束ちひろさんが「いい日旅立ち」をカバーしてJR西日本のキャンペーンCMが作られた=JR西日本提供
2003年、鬼束ちひろさんが「いい日旅立ち」をカバーしてJR西日本のキャンペーンCMが作られた=JR西日本提供 出典: 朝日新聞

 北陸新幹線は今月、金沢―敦賀間を当初計画より3年前倒しとなる22年度に開通させる方針が決まりました。一方で、膨らむ財源をどう賄うかなど、課題も山積しています。
 谷村さんの新曲が集客増と安定経営に寄与できるか、それとも楽曲だけが人気を得て終わるのか?再登板の結果が注目されます。

なごやかな雰囲気でレコーディングできたという、仲間由紀恵さんと谷村新司さん=国島貴志撮影
なごやかな雰囲気でレコーディングできたという、仲間由紀恵さんと谷村新司さん=国島貴志撮影
JR大宮駅に入線する北陸新幹線の新型車両「E7系」=2014年2月7日
JR大宮駅に入線する北陸新幹線の新型車両「E7系」=2014年2月7日 出典: 朝日新聞

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます