close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年12月30日

綿矢りささん、作品に込めていた結婚観 「相手の思い受け止めたい」


  • 18561

結婚が明らかになった綿矢りささん=2013年12月20日、戸田拓撮影

結婚が明らかになった綿矢りささん=2013年12月20日、戸田拓撮影

最新ニュースを受け取る

 芥川賞作家の綿矢りささん(30)が結婚したことがわかりました。所属事務所のホームページで明らかにしました。関係者によると、相手は国家公務員とのことです。自らの小説に、その恋愛観を込めていました。

オーサー・ビジット2010で生徒たちに挙手を求める、先生役の綿矢さん=2010年11月18日

オーサー・ビジット2010で生徒たちに挙手を求める、先生役の綿矢さん=2010年11月18日

出典: 朝日新聞

 綿矢さんは京都市出身。2001年に「インストール」で作家デビューしました。早大在学中の04年には、「蹴りたい背中」で芥川賞を史上最年少の19歳で受賞。12年には「かわいそうだね?」で大江健三郎賞を受賞しています。

第130回芥川賞に決まり喜びの表情の綿矢りささん。同時受賞の金原ひとみさん(右)と=2004年1月15日

第130回芥川賞に決まり喜びの表情の綿矢りささん。同時受賞の金原ひとみさん(右)と=2004年1月15日

出典: 朝日新聞

 10年に上梓した「勝手にふるえてろ」は、読者の甘酸っぱい記憶をよみがえらせる、古典的な片思いを題材にした小説でした。主人公の女性「ヨシカ」は男性経験のない26歳。当時の綿矢さんと同い年の設定です。
 「これからどうしたらいいか、何がしたいのかわからへん。中ぶらりんな感じ。それに自分が生き物の女としてどうなのか。ちゃんと次の世代へつながっていくのか……」。そんな思いから、このヒロインが生まれたといいます。

「勝手にふるえてろ」 発表当時の綿矢りささん=2010年10月25日

「勝手にふるえてろ」 発表当時の綿矢りささん=2010年10月25日

出典: 朝日新聞

 当時、自身の結婚観を、「学校に似ている」とたとえていました。「入らへんでもいいし、入ってもいい。人生のうちであるかないか、わからない」。
 子どものときは、好きな人ができて、その人が運命の人で、結婚すると思っていたといいます。ヨシカが中学の時から片思いを寄せる相手「イチ」が理想と語っていました。しかし、「これまで夢見がちだった」という反省も込めて、「自分を好きといってくれる人の思いを最大限受けとめられるような生き方ができたらいいな」と、自然体でありながらもポジティブな姿勢をアピールしていました。

高校在学中に作家デビューした当時の綿矢りささん=2001年9月20日

高校在学中に作家デビューした当時の綿矢りささん=2001年9月20日

出典: 朝日新聞

 綿矢さんは所属事務所のHPで、「良い人とめぐり会えた幸せを糧にして、書くお仕事と家庭の両立を目指します」とコメント。良き伴侶を得たあと、どういう恋愛観でどんな作品を世に問うのか?注目したいと思います。


綿矢りささん=2008年5月28日

綿矢りささん=2008年5月28日

出典: 朝日新聞



コメント

あわせて読みたい

トランプ氏にハンバーガー、ロシア外相には好物の…外交支える「食」
トランプ氏にハンバーガー、ロシア外相には好物の…外交支える「食」
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
PR
「筋肉体操」あの先生が明かした後悔、「重さ自慢」筋トレの結果……
「筋肉体操」あの先生が明かした後悔、「重さ自慢」筋トレの結果……
引っ込み思案、話せない「性格だと…」 24歳で知った「場面緘黙」
引っ込み思案、話せない「性格だと…」 24歳で知った「場面緘黙」
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
PR
2割閉店のバーガーキング、福井や鳥取では健在 イオンはなくても…
2割閉店のバーガーキング、福井や鳥取では健在 イオンはなくても…
丸山議員「戦争」発言の罪深さ 「ビザなし...
丸山議員「戦争」発言の罪深さ 「ビザなし...
もう会うことはなくても、好きだ 1人の祝杯 夜廻り猫が描くエール
もう会うことはなくても、好きだ 1人の祝杯 夜廻り猫が描くエール
「いいね」7万級の「火の元チェッカー」!お...
「いいね」7万級の「火の元チェッカー」!お...
猫10数匹が「田植えキター!」 窓越しに目で追う動画、撮影者に聞く
猫10数匹が「田植えキター!」 窓越しに目で追う動画、撮影者に聞く
「母に好きな人が出来た」 1500円の靴下を買った相手は…理由に涙が
「母に好きな人が出来た」 1500円の靴下を買った相手は…理由に涙が
7歳女児「お母さんになりました…」 産休前の先生へ秀逸すぎる日記
7歳女児「お母さんになりました…」 産休前の先生へ秀逸すぎる日記

人気

もっと見る