MENU CLOSE

エンタメ

434740

御茶ノ水駅だから「お茶と水」だけ 駅員のアイデア自販機が話題に

12月31日で開業110周年を迎えるJR御茶ノ水駅。そこに設置された自販機が「お茶と水」だけになったらしく・・・。

お茶と水だけの御茶ノ水駅の自販機=JR東日本東京支社提供
お茶と水だけの御茶ノ水駅の自販機=JR東日本東京支社提供

目次

注目記事

 東京・御茶ノ水駅(JR東日本)は、12月31日で開業110周年を迎えます。それを記念して改札口近くに設置された自販機が、話題になっています。

 36個並んだ商品はすべて、“お茶と水だけ”。御茶ノ水だけに「お茶と水」ということらしく・・・。

駅員の思いつきが話題に

お茶と水だけの御茶ノ水駅の自販機=JR東日本東京支社提供
お茶と水だけの御茶ノ水駅の自販機=JR東日本東京支社提供

この企画、いったい誰が思いついたのか? JR東日本の東京支社広報課に聞きました。

Q なぜお茶と水だけなのでしょうか?
A 御茶ノ水駅なので、「お茶と水だけの自販機を」という遊び心です。

Q 誰が思いついたんですか?
A 当社は今春から「FUN!TOKYO!」という取組みを始めました。「検索より探索」をキーワードに、自らの足で歩き探索していただくことで見えてくる東京の楽しさを伝えていこうという企画です。その企画と「御茶ノ水駅110周年」を考える会議の中で、駅員から出たアイデアです。

お茶と水だけの御茶ノ水駅の自販機=JR東日本東京支社提供
お茶と水だけの御茶ノ水駅の自販機=JR東日本東京支社提供

駅長が自分で電車の絵を描く

 自販機に描かれている車両は、御茶ノ水駅を走る歴代車両を駅長が書き起こしたものだそう。

 当初、お茶と水だけの販売は12月14日までの期間限定でした。ところがツイッターを中心に話題となり、足をとめて撮影する人も増えたため、急きょ年明けまで継続することになったといいます。

 自販機の価格は100~140円。「110周年記念なので価格も110円で統一しては?」とのアイデアもあったそうですが、それは見送ったそうです。

この記事への反応






注目記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます