MENU CLOSE

話題

167949

黒川紀章建築事務所、東京地裁に民事再生手続き 業界に驚き

「黒川紀章建築都市設計事務所」(東京都港区赤坂)が15日、東京地裁に民事再生手続きを申し立てました。日本の建築界の名門の経営破綻に、驚きが広がっています。

数々の名建築を手がけた黒川紀章氏(左)と、晩年の代表作「国立新美術館」
数々の名建築を手がけた黒川紀章氏(左)と、晩年の代表作「国立新美術館」 出典: 朝日新聞
人気記事

 黒川紀章建築都市設計事務所(東京都港区赤坂)が15日、東京地裁に民事再生手続きを申し立てました。同事務所によると、負債総額は12億円。日本の建築界の名門の経営破綻に、驚きが広がっています。

 黒川事務所によると、「建築不況で受注案件が減り、財務状況が苦しくなった。設計料の回収ができない海外案件も発生し、資金繰りに行き詰まった。ご迷惑をおかけし申し訳ありません」としています。事業再生に向けて、建設大手の日本工営が支援する方針です。

 現在の黒川事務所は、東京・上野の日本芸術院の「収蔵庫」など複数の案件を受注していますが、業務は継続するとしています。従業員は14人で、故・黒川紀章氏の長男・未来男氏が代表取締役を務めています。

黒川紀章氏が手がけた東京・六本木の国立新美術館
黒川紀章氏が手がけた東京・六本木の国立新美術館

 同事務所は、世界的な建築家として知られた黒川紀章氏が設立しました。黒川氏は2007年10月12日に心不全のため73歳で死去していますが、数々の名建築を手がけました。東京・六本木の国立新美術館、カプセルを塔状に積み上げた中銀カプセルタワー(東京都中央区)、国立民族学博物館(大阪府吹田市)などで知られ、海外でもオランダのゴッホ美術館新館(98年)、クアラルンプール新国際空港(98年)などを手がけました。カザフスタンや中国で大規模な都市計画にも参画していました。

黒川紀章さんが生前に発注したヘリコプター。機体は黒川さんが選んだ黒で、内装も豪華。2007年にエス・ジー・シー佐賀航空が受注したが、黒川さんが急死したためキャンセルに。山口県下関市の関門海峡上空を巡る遊覧飛行用の機体として使われることに=2010年5月
黒川紀章さんが生前に発注したヘリコプター。機体は黒川さんが選んだ黒で、内装も豪華。2007年にエス・ジー・シー佐賀航空が受注したが、黒川さんが急死したためキャンセルに。山口県下関市の関門海峡上空を巡る遊覧飛行用の機体として使われることに=2010年5月

 黒川氏は愛知県生まれで、京都大学建築学科を卒業後、東京大学大学院で故・丹下健三氏に学びました。大学院時代に、時代や用途に応じて建築を増殖させることを唱えた「メタボリズム(新陳代謝)・グループ」を結成、「共生の思想」に基づく作品を次々に発表していきました。98年に日本芸術院会員、06年に文化功労者。07年4月に都知事選に立候補しましたが、落選。7月の参院選でも立候補しましたが、落選しました。俳優の若尾文子さんは妻として黒川氏を支えました。

黒川氏を妻として支えた若尾文子さん=2008年10月24日
黒川氏を妻として支えた若尾文子さん=2008年10月24日 出典: 朝日新聞

国内外で名建築手がける 巨匠・黒川紀章

大阪万博・東芝IHI館=1970年
大阪万博・東芝IHI館=1970年
ユニークな外観の中銀カプセルタワーも黒川紀章氏の設計
ユニークな外観の中銀カプセルタワーも黒川紀章氏の設計
オランダのゴッホ美術館新館。黒川紀章氏は海外でも多くの建築を手がけた
オランダのゴッホ美術館新館。黒川紀章氏は海外でも多くの建築を手がけた
建築中の豊田スタジアム。完成後、数々の名勝負が行われた=2001年4月
建築中の豊田スタジアム。完成後、数々の名勝負が行われた=2001年4月
国立新美術館3階の仏料理レストランをガラスの壁面が包み込む
国立新美術館3階の仏料理レストランをガラスの壁面が包み込む
人気記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます