MENU CLOSE

IT・科学

36100

高野 陽平さんからの取材リクエスト

はやぶさ2、成功したらどうなる?



はやぶさ2、戻れない運命 大気圏直前に、再び宇宙へ 生命の源探る

 小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げが成功し、6年50億キロの旅へ出ました。小惑星の石や砂を採取して、地球に帰ってくる計画です。でも、実は「はやぶさ2」本体は地球まで帰還せず、再び宇宙に戻ることになっているのです。

「はやぶさ2」の3DCG(白井政行作製)。52億キロを旅する計画だが、大気圏突入の直前にすぐにまた旅立つ予定・・・
「はやぶさ2」の3DCG(白井政行作製)。52億キロを旅する計画だが、大気圏突入の直前にすぐにまた旅立つ予定・・・ 出典: 朝日新聞デジタル

目次

取材リクエスト内容

小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げ延期ですが・・
今回の調査がもし成功したとすると、生命の起源とか、歴史とか、宇宙人の情報がたくさんわかってくると聞いたのですが、本当ですか? 高野 陽平

 小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げが成功し、6年50億キロの旅へ出ました。小惑星の石や砂を採取して、地球に帰ってくる計画です。でも、実は「はやぶさ2」本体は地球まで帰還せず、再び宇宙に戻ることになっているのです。

往復52億キロの旅

 「はやぶさ2」は小惑星の石や砂を採取し、2020年末に地球に帰ってきます。往復の飛行距離は52億キロになります。初代はやぶさは小惑星イトカワに行き、2010年に微粒子を地球に持ち帰りました。はやぶさ2はその後継機です。

公開された小惑星探査機「はやぶさ2」=2014年8月31日、相模原市中央区、内田光撮影
公開された小惑星探査機「はやぶさ2」=2014年8月31日、相模原市中央区、内田光撮影

生命の源探る

 「はやぶさ2」が調べるのは、生命の源です。太陽系の誕生当時の様子をとどめているとされる小惑星の水や有機物の成分を分析することで、太陽系の成り立ちや生命の起源の手がかりがつかめるかもしれないと言われています。

はやぶさ2の打ち上げが延期となり、発射台を眺める見学者=2014年12月1日、鹿児島県の種子島宇宙センター、竹谷俊之撮影
はやぶさ2の打ち上げが延期となり、発射台を眺める見学者=2014年12月1日、鹿児島県の種子島宇宙センター、竹谷俊之撮影

くぼ地を作って地下から採取

 計画では小惑星に2018年夏ごろに到着し、約1年半、上空に滞在します。石や砂を採取する装置を3回、小惑星の表面に接地させます。そのうち1回は銅板を秒速2キロで表面に衝突させてくぼ地(人工クレーター)をつくり、地下から現れた物質を採取します。地下の物質は太陽光などによる変質が少なく、より昔の状態に近いからです。

「はやぶさ2」衝突装置の解説アニメーション=白井政行作製 出典: 朝日新聞デジタル

本体、実は帰還せず

 数々のトラブルを乗り越えて「はやぶさ」が帰還した時は、日本中が感動に包まれました。「はやぶさ2」は、2020年11月~12月に帰還する予定です。しかし、「はやぶさ2」の本体は、計画では帰還しません。大気圏突入の直前に帰還カプセルを分離後、再び地球を離れます。目標はこれから決まります。52億キロを旅した後、そのまま再出発する壮大な計画なのです。

感動の「はやぶさ」帰還は映画にもなった。宇宙航空研究開発機構の教授川口淳一郎さん(右)と、川口さんがモデルの役を演じた渡辺謙さん(中)、トヨタ自動車の豊田章男社長。今回の「はやぶさ2」、帰還はしない予定・・・
感動の「はやぶさ」帰還は映画にもなった。宇宙航空研究開発機構の教授川口淳一郎さん(右)と、川口さんがモデルの役を演じた渡辺謙さん(中)、トヨタ自動車の豊田章男社長。今回の「はやぶさ2」、帰還はしない予定・・・
3日午後、動画でライブ中継も
関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます