MENU CLOSE

エンタメ

11830

菅原文太さん死去 ヤクザ映画で頭角、農園経営で反骨の発言続ける

 菅原文太さんが11月28日に死去したことが1日、分かった。81歳だった。菅原さんは俳優として活躍しながら、農園経営の経験に根ざした反骨の発言を続けていた。

盛岡市であった集会で講演する菅原文太さん=2014年9月13日
盛岡市であった集会で講演する菅原文太さん=2014年9月13日 出典: 朝日新聞
人気・関連記事

 俳優の菅原文太さんが亡くなった。

 菅原さんは1933年、仙台市生まれ。早大中退後に俳優デビューした。
 脇役が続いたが、東映移籍後、深作欣二監督の、実際の暴力団抗争を題材にしたヤクザ映画「仁義なき戦い」シリーズの主演で脚光を浴びた。

「仁義なき戦い・頂上作戦」の撮影風景。故・深作欣二監督(右)と菅原文太さん=1973年12月0日
「仁義なき戦い・頂上作戦」の撮影風景。故・深作欣二監督(右)と菅原文太さん=1973年12月0日 出典: 朝日新聞

読書と映画を愛した少年期

 ただ、コワモテのイメージとは裏腹に、温厚な性格の読書家だった。
 仙台で過ごした少年時代は小説と映画にふけった。
 「本棚から、ヘルマン・ヘッセや、トーマス・マンや国木田独歩なんかを引っ張り出して読んでた」
 「仙台一高時代は、週2、3回は通ったね。映画に行けば5時間ぐらいつぶせるだろ。仙台に名画座があって2本立てで20円ぐらいだったかな。ジャン・ギャバンの「望郷」とか、ルネ・クレールの「自由を我等(われら)に」とか、マルセル・カルネの「霧の波止場」とか、フランスの名画はほとんど見尽くしたよ」(2013年1月22日朝日新聞)
 

山梨県北杜市で農園を経営していた菅原文太さん=2014年9月29日
山梨県北杜市で農園を経営していた菅原文太さん=2014年9月29日 出典: 朝日新聞

農園経営、反戦・脱原発で発言続ける

 近年は、山梨県北杜市で、無農薬にこだわった野菜作りを実践。2012年には国民運動グループ「いのちの党」を結成し、発言を続けてきた。

 09年、「竜土自然農園 おひさまの里」を開き代表に就くと、地元企業から雑穀やビールのかすをもらい土をつくるところから手がけ、野菜を生産。「江戸時代のの農業のほうが循環型ではるかに無駄がない。国や農協が作った今の農業は循環型に戻さなければ」との思いからだった。

 一方、安倍政権が掲げる地方創生のスローガンには「人気取りだろう。国策にろくなものはない。国民はもっと疑った方がいい。地方創生に踊らされるな。東日本大震災の後、仮設住宅に約10万人がまだいて、自殺者も多い」と批判。
 集団的自衛権の行使容認についても、「海外の戦場に派遣できるようにして、自衛隊員に「死ぬ覚悟」を政治家が言い出しているが、自分は戦争に行くのか。国民一人ひとりは主権者、納税者の意識を持つべきだ」と警鐘を鳴らしていた(2014年10月15日朝日新聞)。

自らが実践する有機農法を語る菅原文太さん=2012年10月17日、甲府市
自らが実践する有機農法を語る菅原文太さん=2012年10月17日、甲府市 出典: 朝日新聞
人気・関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます