閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年11月24日

「日本の魂でなければならない」 最多優勝決めた大横綱・白鵬の言葉

  • 20089

大鵬に並ぶ史上最多32度目の優勝。涙を浮かべる白鵬=池田良撮影

大鵬に並ぶ史上最多32度目の優勝。涙を浮かべる白鵬=池田良撮影

出典: 朝日新聞「白鵬、最多32度目V 大鵬に並ぶ 大相撲九州場所」


 横綱・白鵬が昭和の大横綱・大鵬に並ぶ史上最多32度目の優勝を達成しました。15歳でモンゴルから来日。日本の国技・相撲を愛し、「横綱として、いかに生きるか」を自らに問い、「日本の魂でなければならない」と心技を鍛え続ける平成の大横綱の言葉と足跡を紹介します。

「大鵬親方との約束です」

白鵬(左)は鶴竜を寄り切り、32度目の優勝を決めた=池田良撮影

白鵬(左)は鶴竜を寄り切り、32度目の優勝を決めた=池田良撮影

出典:朝日新聞「白鵬、最多32度目V 大鵬に並ぶ 大相撲九州場所」

 優勝を決めた白鵬の目には涙がありました。「角界の父」と慕っていた大鵬の姿が浮かんだのでしょう。

 手本としているのが、「角界の父」と慕う大鵬だ。大鵬も白鵬を「私に似ている」と息子のようにかわいがった。生前こう語っていた。「白鵬なら私の優勝回数を超えられる」

 昨年1月。初場所5日目の朝、体調を崩した大鵬を白鵬が自宅に見舞った。同じ高みである「優勝32度」への志を伝える白鵬に、大鵬はこう言った。「努力次第だよ。そのかわり、いい加減なことはするな」。それが遺言となった。2日後、大鵬が亡くなった。

 あれから8度の優勝を重ねた白鵬は場所前、「32度目」への思いを問われ、こう語った。「大鵬親方との約束です」

出典:朝日新聞「32度目V「大鵬親方との約束」 白鵬、史上最多タイ」

賜杯を見つめ、涙を浮かべる白鵬=池田良撮影

賜杯を見つめ、涙を浮かべる白鵬=池田良撮影

出典:朝日新聞「32度目V「大鵬親方との約束」 白鵬、史上最多タイ」

 大鵬引退から43年。不可能とまで言われた大記録に追いついた白鵬は「褒めてくれると思う」と涙を流し、「この優勝に恥じぬよう、今後も一生懸命頑張りたい」と決意を新たにしました。まだ29歳8カ月。記録はまだまだ伸びそうです。

 平成の大横綱の道を歩む白鵬ですが、その土俵人生は最初から順風満帆だったわけではありません。

「逃げたら父の恥になる」

新十両に昇進し、会見する白鵬=2003年、小宮路勝撮影

新十両に昇進し、会見する白鵬=2003年、小宮路勝撮影

出典: 朝日新聞

 2000年に15歳で来日したときは175センチ、68キロで力士としては細身でした。受け入れてくれる部屋がなく、荷物をまとめて帰国する前夜に、故郷の先輩・旭鷲山の口利きでやっと入門が決まったほどです。

 体を大きくするため、入門から3カ月はひたすらちゃんこを食べる生活。吐いても先輩から「この野郎、食わないか」と怒鳴られ、詰め込まれたそうです。2001年の初土俵時には180センチ、80キロに。「逃げ帰ろうと思ったけど、お父さんの恥になる」と、厳しいけいこに必死で耐えたと言います。

 その父はモンゴル相撲の大横綱で、レスリングでモンゴル初の五輪銀メダリストになった国民的英雄。その血を受け継いだ白鵬は体が大きくなるにつれ、メキメキと力をつけ、2004年に新入幕、その2年後に昭和以降では歴代4位の若さとなる21歳で大関に昇進しました。このとき、192センチ、152キロ。父は「あんなに小さかった子が、夢みたいだ」と泣いたそうです。

大関に昇進した白鵬=2006年、上田潤撮影

大関に昇進した白鵬=2006年、上田潤撮影

出典: 朝日新聞

「横綱として、いかに生きるか」

 2007年の夏場所で全勝優勝し、22歳で横綱へ。昇進の際の口上では「横綱の地位を汚さぬように精神一到を貫き、相撲道に精進致します」述べました。精神一到とは「精神を集中して物事に取り組めば、どんな難しいことでもできないことはない」という意味。両親と並んで会見し、「一つでも恩返しができたかな」と親孝行ぶりも見せていました。

横綱に昇進した白鵬=2007年、筋野健太撮影

横綱に昇進した白鵬=2007年、筋野健太撮影

出典: 朝日新聞

 当時のライバルは同じくモンゴル出身の朝青龍。2010年に暴行問題などから朝青龍が引退した際には「同じモンゴル出身で、目標とする力士だった」と涙ながらに話しました。この年には、「昭和の角聖」双葉山の69連勝に迫る63連勝を記録。平成の大横綱の道を歩み始めましたが、2011年に多数の力士が関与する八百長事件が発覚し、角界は大混乱に。白鵬はその中で、横綱としての責任をより深く自覚するようになります。
 

 最大の転機が、自身の26度目の誕生日だった。八百長事件で春場所の中止が決まっていた、2011年3月11日。それ以前から不祥事が続いた大相撲を嘆き、白鵬は投げやり気味にこう言った。「もう、引退するんじゃないか」。その数時間後、東日本大震災が起きた。

 3カ月後、日本相撲協会は東北の被災地を巡回慰問した。「大地を鎮める」とされる、横綱の四股。「よいしょ」のかけ声。そのとき、土俵入りでせり上がる白鵬の目に、何十人もの被災者の姿が飛び込んだ。

 家を、街を、親を、子を失った人たちが、避難所で無慈悲な労苦を背負わされている人たちが、自分を、拝んでいた。

 「生涯、忘れられない」と語る光景だった。

 瞬間、自問したという。

 横綱とは、何か――。

 「横綱とは、日本の魂なのではないか。私は、日本の魂でなければならないのではないか」

 以来、「横綱として、いかに生きるか」を自らに問いかけ続けている。

出典:朝日新聞「32度目V「大鵬親方との約束」 白鵬、史上最多タイ」

土俵入りを奉納する白鵬=上田幸一撮影

土俵入りを奉納する白鵬=上田幸一撮影

出典: 朝日新聞

 32度目の優勝に大鵬の夫人・納谷芳子さん(67)はこう言いました。

 「大変だったと思う。おめでとうと伝えたいです。色々な力士に稽古をつけて強い力士をつくり、その強い相手を倒して記録を超えていってほしいと願っています。それが、大鵬の願いでもあると思います。色々な感情が頭をめぐって、感無量の思いです」

出典:朝日新聞「納谷芳子さん「記録超えるのが大鵬の願い」 白鵬優勝」

 白鵬は32度目の表彰式で、再び「魂」という言葉を口にしました。

 「この国の魂と、相撲の神様が認めてくれたから、この結果があると思います」

出典:朝日新聞「32度目V「大鵬親方との約束」 白鵬、史上最多タイ」


あわせて読みたい

「花嫁オークション」は差別?ディズニーに署名活動 東京の対応は…
「花嫁オークション」は差別?ディズニーに署名活動 東京の対応は…
1カ月ぶりの休み、起きたらもう夜9時…マンガ「夜廻り猫」が描く休日
1カ月ぶりの休み、起きたらもう夜9時…マンガ「夜廻り猫」が描く休日
「こどもフジロック」って何だ? ライブ聴け...
「こどもフジロック」って何だ? ライブ聴け...
日比谷線から突然クラシック、一体何が?東京メトロ「切り替えミス」
日比谷線から突然クラシック、一体何が?東京メトロ「切り替えミス」
ハリネズミが「たわし」に… 市営の動物園、体調に応じて展示交代
ハリネズミが「たわし」に… 市営の動物園、体調に応じて展示交代
NEW
「日ペンの美子ちゃん」10年ぶり雑誌広告に復活 読み切り漫画も
「日ペンの美子ちゃん」10年ぶり雑誌広告に復活 読み切り漫画も
NEW
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
PR
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
「女性器、タブー視しないで」 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「女性器、タブー視しないで」 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「レアな鉄道車両」を次々と入手・・・「埼玉の眼科」どんな先生?
「レアな鉄道車両」を次々と入手・・・「埼玉の眼科」どんな先生?

人気

もっと見る