MENU CLOSE

話題

5548

エボラ発見者が警告、最も危険な瞬間 「問題は防護服を脱ぐ時だ」

 エボラウイルス発見者の一人で、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院学長のピーター・ピオット博士(65)が、1人の感染者からでも大規模感染につながるエボラの脅威について語りました。

エボラ出血熱対策について語るピーター・ピオット博士=東京都港区赤坂、江木慎吾撮影
エボラ出血熱対策について語るピーター・ピオット博士=東京都港区赤坂、江木慎吾撮影 出典: 朝日新聞

目次

関連記事

 エボラウイルス発見者の一人で、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院学長のピーター・ピオット博士(65)が、1人の感染者からでも大規模感染につながるエボラの脅威について語りました。

エボラ出血熱の予防策(ユニセフのイラストから)【1】生煮えの食べ物、野生生物の肉は避ける【2】せっけんで手を洗い、適切な衛生状態を保つ【3】医療従事者は、適切な保護服を着用する【4】エボラ出血熱について正しい情報を広め、誤解を打ち消す【5】症状が出たらすぐに医療機関を受診する
エボラ出血熱の予防策(ユニセフのイラストから)
【1】生煮えの食べ物、野生生物の肉は避ける
【2】せっけんで手を洗い、適切な衛生状態を保つ
【3】医療従事者は、適切な保護服を着用する
【4】エボラ出血熱について正しい情報を広め、誤解を打ち消す
【5】症状が出たらすぐに医療機関を受診する 出典:unicef connect
朝日新聞デジタル:エボラ出血熱に関するトピックス

1人の感染者から大規模感染

 ピオット博士によると、減少に向かっていたギニアでは、1人の葬儀に集まった人から再び感染が拡大したそうです。ピオット博士は「最後の1人まで気が抜けない」と強調しました。

コートジボアールの学校でエボラ出血熱の予防についての掲示を見る女性
コートジボアールの学校でエボラ出血熱の予防についての掲示を見る女性 出典:ロイター

脱衣の監督を強化

 エボラウイルスに接触する危険性が最も高いのは、感染して死亡した人の遺体です。「難しい問題は医療関係者らが防護服を脱ぐ時だ。国境なき医師団(MSF)では、脱衣を監督するようにしている」と話しました。

リベリアのモンロビアに設けられたエボラ出血熱の患者を治療する施設
リベリアのモンロビアに設けられたエボラ出血熱の患者を治療する施設 出典:ロイター

国境封鎖は逆効果

 国境封鎖などで感染地を孤立化させることには否定的です。支援を困難にし、感染克服を阻害すると指摘する。「経済活動は止まり、貧困は拡大し、国が普通の機能を失ってしまう。保健衛生の問題ではなく、もはや人道危機だ」と話しました。

ウイルスは変異した?

 エボラウイルスが変異して感染力が強まった可能性については「変異したという証拠は何もない」と否定しました。今回の大規模感染は初動の遅れに原因があると指摘。「変わったのはウイルスではなく、人の対応だ」としました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます