閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年10月15日

「チケット用意したぜ」大リーガー、貧乏カップルに「神対応」で話題

  • 70001

ナップルさんとガールフレンド

ナップルさんとガールフレンド

出典: ナップルさんのツイッターより


 大好きな野球チームが29年ぶりの優勝へ向けて、快進撃を続けている。
 
 それだけでハッピーなのに、応援している選手が試合に招待してくれる――。

 そんな心温まる出来事が今週、米国でありました。

出典:ロイター

 ミズーリ州とカンザス州にまたがる田舎町カンザスシティーに住む男性、ニコラス・ナップルさんは地元チーム「ロイヤルズ」の大ファン。
 
 ア・リーグ中地区で長く低迷していたロイヤルズですが、今シーズンは絶好調。1985年以来となるワールドシリーズ制覇に向けて、プレーオフで熱戦を繰り広げています。
 
 球場で応援したいけど、チケットは高いし、手に入らない…。

 悩んだ末、ナップルさんは自身のツイッターを使ったある作戦を思いつきました。
 
 
 


「この貧乏ロイヤルズファンにプレーオフのチケットを2枚お恵みください。ガールフレンドを連れて行きたいんです」
 
 

出典:ロイター

 ニコラスさんがツイッターで連絡した相手はなんとロイヤルズのルーキーで中継ぎとして活躍中のブランドン・フィネガン投手。
 
 世の中、そんなにうまくいくわけが……と思いますが、投稿から約1時間後、奇跡が起こります。
 
 


 「火曜日のホームゲーム(オリオールズ戦)かい?」
 
 なんと、本人から返信があったのです!
 
 ここからナップルさんとフィネガン投手のやりとりが始まります。
 
 


 ナップルさん「オー・マイ・ゴッド!お願いです!火曜日のゲームです」
 
 


 ナップルさん「ホントにチケットくれるの?あんたがオマハ(ロイヤルズのマイナーチームがあるネブラスカ州の町)でプレーしてた時から見てたんだよ!最高だぜ!」
 
 


 フィネガン投手「明日のゲーム、2枚チケットを用意したよ」
 
 


 ナップルさん「ありがとう!俺がどんだけ感謝してるか、あんたには分からないだろうよ。これは俺と彼女にとってドリーム・カム・トルゥーだぜ!」
 
 

出典:ロイター

 ナップルさんがフィネガン投手にチケット手配をお願いした試合は雨で中止に。
 
 そのかわり、フィネガン投手は現地時間15日(水)に行われた第4戦のチケットを用意してくれました。
 
 ロイヤルズはこの試合に勝利し、1985年以来となるワールドシリーズ進出を決めました。
 
 


 試合後、フィネガン投手とクラブハウスで記念撮影するナップルさんと彼女。
 
 
 
 世界一幸運なロイヤルズファンになったナップルさん。
 
 いや、味を占めたナップルさん。
 
 話はこれで終わりません。
 
 現地時間10月17日のツイートです。


 「うちらカップルはワールドシリーズのチケットが欲しいんだ。助けてくれ」
 
 

※10月19日にナップルさん観戦後のツイートを追加しました。


あわせて読みたい

話題の商店街ポスター「名コピー」誕生秘話 常連も登場、2人は他界
話題の商店街ポスター「名コピー」誕生秘話 常連も登場、2人は他界
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
PR
文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 思いを聞く
文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 思いを聞く
駐日トルコ大使、会見で大いにボヤく!「日本みたいに平和なら…」
駐日トルコ大使、会見で大いにボヤく!「日本みたいに平和なら…」
ブスの極み乙女… 子育て自虐エッセイ作者「...
ブスの極み乙女… 子育て自虐エッセイ作者「...
嫌韓増加、ミラー効果?メディアの影響? 共同調査から読み解く日韓
嫌韓増加、ミラー効果?メディアの影響? 共同調査から読み解く日韓
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
Q&A
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
「見た目問題は障害」バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ
「見た目問題は障害」バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ
グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙...
グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙...
「女性器、タブー視しないで」 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「女性器、タブー視しないで」 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く

人気

もっと見る