閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年10月14日

石田純一さんのローファーを嗅いでみた…「靴下なし」主義の匂いは?

  • 123207

俳優・石田純一さん=2014年9月12日

俳優・石田純一さん=2014年9月12日

出典: 朝日新聞

 素足にローファーが定番の石田純一さん。そのスタイルは1985年から続けているそうです。気さくに「ハハ、かいでみる?」と言われ、恐る恐る履き込んだ靴に鼻を近づけてみた。
(朝日新聞 文化くらし報道部 山根由起子記者)




【3D動画】石田純一、靴下を履く

ニオイは「むむっ」

 石田さんのローファー、結論は「くさくない」。その理由は、石田さん曰く「合成皮革は蒸れちゃうんで、本物の革が好きですね」とのこと。本物の皮はにおわないそうです。ちなみに「すね毛もあまり生えていないんです」と、だめ押しの告白も。

麻疹・風疹を予防するワクチン接種を呼びかける石田純一さん、東尾理子さん夫妻=2013年3月8日、厚生労働省

麻疹・風疹を予防するワクチン接種を呼びかける石田純一さん、東尾理子さん夫妻=2013年3月8日、厚生労働省

履き込んでいるが、むむっ、くさくない。「通気性の良い素材にこだわっています」

出典:(華麗な人)俳優・石田純一さん 素足 この履き方、反骨精神:朝日新聞デジタル

愛用はイギリスの「ジョンロブ」

 石田さんの愛用の靴はイギリスの「ジョンロブ」です。持っている靴は約20足あるそうです。高いのは10万円以上するそうです。

遺伝子検査「マイコード」のサービス開始会見で検査キットを手にする石田純一さん(右端)=2014年8月12日、東京都港区

遺伝子検査「マイコード」のサービス開始会見で検査キットを手にする石田純一さん(右端)=2014年8月12日、東京都港区

素足には細身の綿パンツやジーンズを合わせる。毎朝5キロ以上のジョギングを欠かさず、スリムな体形を保つ。

出典:(華麗な人)俳優・石田純一さん 素足 この履き方、反骨精神:朝日新聞デジタル

素足にローファーは1985年から

 今や石田さんの代名詞になった素足にローファーを始めたのは1985年から。イタリアのミラノで流行していたのがきっかけでした。「抱きしめたい!」などドラマにも、そのスタイルで出演しました。

1989年の時の石田純一さん

1989年の時の石田純一さん

素足のままローファーを履き始めたのは1985年ごろ。イタリアのミラノで流行しているのを知り、格好良さに衝撃を受けた。

出典:(華麗な人)俳優・石田純一さん 素足 この履き方、反骨精神:朝日新聞デジタル

靴下チェックにさらされる日々

 靴下なしが定着した石田さん、時には寄ってきた子どもにズボンの裾をめくられ靴下チェックをされることも。そんな石田さんですがジョギング中はさすがに靴下を着用します。靴下チェックによって靴下着用がバレることもありますが、「さすがに蒸れちゃう。許して」と苦渋の選択のようです。

俳優の石田純一さん=ドルトムントで、越田省吾撮影

俳優の石田純一さん=ドルトムントで、越田省吾撮影

「石田純一だ」と寄ってきた子どもたちにズボンの裾をめくられて靴下を見られ、「えーっ」とがっかりされた。お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさんとゴルフをした時も靴下をチェックされ、寂しそうな顔をされた。

出典:(華麗な人)俳優・石田純一さん 素足 この履き方、反骨精神:朝日新聞デジタル

やっぱり奥深かった「靴下なし」主義

 石田さんはなぜ靴下をはかないのか。そこには奥深い思想がありました。「素足にローファーは既成のものや権威に対する反骨精神の現れ。僕の人生観が反映されているんです」


あわせて読みたい

「ハンカチ落としましたよ」と書かれたハンカチ、広げたら恐怖だった
「ハンカチ落としましたよ」と書かれたハンカチ、広げたら恐怖だった
闇医者からホルモン・手術…モカさんが「納得できる性」に出会うまで
闇医者からホルモン・手術…モカさんが「納得できる性」に出会うまで
NEW
なぜキティの口を描かないの? サンリオが明かした2つの理由が深い
なぜキティの口を描かないの? サンリオが明かした2つの理由が深い
2月12日が誕生日!ブラック・ジャックも愛した「ボンカレー」
2月12日が誕生日!ブラック・ジャックも愛した「ボンカレー」
PR
五輪金・清水宏保の解説、「実に的確」と話題 選手目線の「説得力」
五輪金・清水宏保の解説、「実に的確」と話題 選手目線の「説得力」
最長老監督が作った最先端にして最高傑作『15時17分、パリ行き』
最長老監督が作った最先端にして最高傑作『15時17分、パリ行き』
PR
「ファンシー絵みやげ」記憶から消された文...
「ファンシー絵みやげ」記憶から消された文...
ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった?...
ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった?...
白川郷で世界中が待った「奇跡の10分」カメラマンの本能くすぐる絶景
白川郷で世界中が待った「奇跡の10分」カメラマンの本能くすぐる絶景
モカさんが描く「人生を救う」マンガ 飛び降りた朝…奇跡の生還
モカさんが描く「人生を救う」マンガ 飛び降りた朝…奇跡の生還
「天才的なポテチの開け方」知ってる? 実はカルビーも2年前に提案
「天才的なポテチの開け方」知ってる? 実はカルビーも2年前に提案
NEW
中国はお年玉もキャッシュレス 10億人使うアプリ、生活を一変
中国はお年玉もキャッシュレス 10億人使うアプリ、生活を一変
NEW

人気

もっと見る