MENU CLOSE

お金と仕事

11644

羽田空港内に日本橋まで建設。国際線ターミナルの飽くなき日本推し

羽田空港の国際線旅客ターミナルが28日、さらに広くなりました。江戸時代の日本橋の実物を2分の1スケールで再現し、出発ロビー上の4階に架けちゃいました。総ヒノキ造りで、木のいい香りがしました。

日本文化の発信といえばご存じこの方々=(C)AKS
日本文化の発信といえばご存じこの方々=(C)AKS

目次

出発ロビーを見上げると橋が

ターミナル4階から5階に架けられた「はねだ日本橋」(写真上部)。全長25メートル
ターミナル4階から5階に架けられた「はねだ日本橋」(写真上部)。全長25メートル

 羽田空港の国際線旅客ターミナルが28日、さらに広くなりました。もともと江戸の街並みをイメージした商業施設「江戸小路」で、日本文化を推しまくっていた羽田空港の国際線ターミナル。今度は江戸時代の日本橋の実物を2分の1スケールで再現し、出発ロビー上の4階に架けちゃいました。総ヒノキ造りで、木のいい香りがしました。

江戸の街並み再現。今ならコスプレーヤーも

同心(警察官)のコスプレした人が「おぬし、ネズミ小僧を見なかったか」と走り去っていきました
同心(警察官)のコスプレした人が「おぬし、ネズミ小僧を見なかったか」と走り去っていきました
こちらがネズミ小僧さん(左)。記念撮影に応じていました
こちらがネズミ小僧さん(左)。記念撮影に応じていました

 今春の増便で約40%利用客が増え、1日4万人弱が利用する国際線ターミナル。人出の増加を受けて約650億円かけて1万5千平方メートルほど増床し、「いなり寿司」「あんぱん」「おにぎりとおみそ汁」など、手軽に食べられるお店を増やしました。
 「日本橋」は海外への出発地である空港に、全国の街道の起点である日本橋(東京都中央区)を引っかけて造ったそうです。今や羽田空港の国際線は1日160便。世界25都市と直接つながっています。

日本文化の発信といえばこの方々

こけら落とし公演で歌うAKB48のメンバー=(C)AKS
こけら落とし公演で歌うAKB48のメンバー=(C)AKS
こけら落とし公演で歌うAKB48のメンバー=(C)AKS
こけら落とし公演で歌うAKB48のメンバー=(C)AKS

 はねだ日本橋の他には、飛行機の操縦体験ができるフライトシミュレーターを設置、音楽ライブや記者会見などで使うイベント会場も新たに造りました。
 28日はお披露目があり、地元の小学生や空港関係者約200人を前にAKB48がこけら落とし公演をしました。新施設について柏木由紀さんは「タイムスリップしたみたいでワクワクしました」とコメント。フライトシミュレーターを体験した渡辺麻友さんは「臨場感がたまらない。将来パイロットになりたい子たちに乗ってほしい」と興奮気味でした。
 プライベートではどういう風に空港を利用したい? との質問には「今日来ることができなかったメンバーを案内したい」とさらっとかわしていました。

質問に答える柏木由紀さん(前列左から2人目)
質問に答える柏木由紀さん(前列左から2人目)
フライトシミュレーターを体験する渡辺麻友さん=(C)AKS
フライトシミュレーターを体験する渡辺麻友さん=(C)AKS

日本文化の発信地に

 ターミナルでは31日まで拡張記念イベントとして「はねだ江戸まつり」を開催中です。射的や輪投げ、わたあめなどの縁日の出店が並び、南京玉すだれや三味線などの江戸舞台が楽しめます。フロアには町娘やお奉行さん、忍者や飛脚などのコスプレをした約30人がいて、雰囲気を盛り上げます。

はねだ江戸まつりの縁日で射的をする峯岸みなみさん=(C)AKS
はねだ江戸まつりの縁日で射的をする峯岸みなみさん=(C)AKS
江戸小路のお店には町娘の方もちらほら
江戸小路のお店には町娘の方もちらほら

 なぜここまで日本文化を推すのでしょうか。ターミナル株式会社の林秀樹・営業部長によると、やはり2020年の東京五輪が念頭にあるそうです。もちろん海外からの観光客の増加を見込んでいます。林さんは「海外の観光客には帰路につく前もう一度、羽田で日本文化を感じてほしい。また、海外に出発する日本人には羽田から日本文化をお土産というかたちで持って行ってほしい」と強調しました。

空港ターミナルの知久守一・常務(左)は「旅の始まりは今も昔も日本橋です」と説明しました=(C)AKS
空港ターミナルの知久守一・常務(左)は「旅の始まりは今も昔も日本橋です」と説明しました=(C)AKS

はねだ江戸まつり31日まで開催中

はねだ江戸まつり、国際線ターミナルで31日まで開催中です
はねだ江戸まつり、国際線ターミナルで31日まで開催中です
イベントの詳しい日程はこちらから
羽田空港国際線旅客ターミナル

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます