close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年07月26日

戦後69年、これからも原爆を語ってくれるもの(ARあり)


  • 12827

原爆で崩壊した浦上教会の聖像の手首

原爆で崩壊した浦上教会の聖像の手首

最新ニュースを受け取る

その日、そこで、人が生きながら焼かれた記録

東京・銀座のギャラリー「アートグラフ銀座」で写真展「remains 遺物が語る原爆」が開かれている。1945年、長崎に落とされた原爆で焼け残った遺物を撮影した24点が並ぶ。

無縁仏の骨壺の中に入っていた櫛

無縁仏の骨壺の中に入っていた櫛

撮影したのは朝日新聞社の2人のカメラマン、溝越賢(47)と金川雄策(33)。2010年から長崎原爆資料館や長崎大医学部、長崎市内の浦上教会などで遺物の撮影を続けている。当初は朝日新聞に掲載する写真企画だったが、現在も後世に残す記録として個人的に撮り続けている。

なぜ、遺物を撮るのか

爆心地から500メートルの住宅の焼け跡から見つかったコップ

爆心地から500メートルの住宅の焼け跡から見つかったコップ

長崎市原爆資料保存委員会の1950年の発表で死者7万3884人。被爆者でその後死亡し、2013年までに原爆死没者名簿に掲載されたのが16万2083人。戦後69年、被爆者の平均年齢は80歳に迫り、証言者は減りつつある。

焼け跡から見つかったはさみ

焼け跡から見つかったはさみ

溝越は長崎出身、金川は長崎支局の勤務経験がある。2人は遺物を撮る理由をこう語る。

「焼けた学生服の写真を見た人が『この人は朝、お母さんとどんな会話をしたんだろう』と口にしていました。もの言わぬ遺物が見る人の想像力をかき立て、歴史上の出来事をなまなましく伝えることができる」(溝越)

「爆心地の近くにいた人は一瞬で死んでしまって何も言い残せなかった。そんな犠牲者の生活の一部も感じ取れる」(金川)

その言葉通り、手鏡や巾着袋、コップやはさみなど日常的なものを写した写真が目立つ。

火災で変質し、縮んだ石鹸

火災で変質し、縮んだ石鹸

ARアプリで遺物を解説

iPhoneなどスマートフォンを利用している人は、アプリ「Layar」をダウンロードして、記事中の写真にスマホをかざして見てください。AR技術を利用し、遺物の解説や発見場所の地図がスマホに表示されます。

記事の最上部にある「聖像の手首」であれば、こういう解説です。
  ↓↓↓

「聖像の手首」の解説

「聖像の手首」の解説

写真展は31日まで。午前10時~午後6時(27、31日は午後5時まで)。入場無料。問い合わせはギャラリー・アートグラフ(03-3538-6630)。


コメント

あわせて読みたい

Twitterで話題「#アレクモールドチャレンジ」商品開発の経緯は?
Twitterで話題「#アレクモールドチャレンジ」商品開発の経緯は?
Q&A
人生には消しゴムが必要なんだ… 「間違いを...
人生には消しゴムが必要なんだ… 「間違いを...
「眠りから目覚めた」モダンガール 人工知...
「眠りから目覚めた」モダンガール 人工知...
この秋の話題作『楽園』特別対談/綾野剛・杉咲花が映画の魅力を語る
この秋の話題作『楽園』特別対談/綾野剛・杉咲花が映画の魅力を語る
PR
コアラのマーチ「激レアキャラ」は都市伝説?35年目に明かされる真相
コアラのマーチ「激レアキャラ」は都市伝説?35年目に明かされる真相
PR
子どもは親のもの?赤ちゃん学の第一人者が...
子どもは親のもの?赤ちゃん学の第一人者が...
猫耳ペットボトルキャップに新種 猫パンチ、ヒゲじょうろ、薬入れ…
猫耳ペットボトルキャップに新種 猫パンチ、ヒゲじょうろ、薬入れ…
「傘がない」でも折りたたみ傘はある 井上陽水ツアーグッズが面白い
「傘がない」でも折りたたみ傘はある 井上陽水ツアーグッズが面白い
ヒグマの射殺に加担した私……1週間の追跡取材で気付かされた現実
ヒグマの射殺に加担した私……1週間の追跡取材で気付かされた現実
ウシマンボウ「117kgの卵巣」を待つ運命「3億個の卵」は本当?
ウシマンボウ「117kgの卵巣」を待つ運命「3億個の卵」は本当?
「家は潰れるとゴミなんや」被災して選んだ「茅葺き職人」の人生
「家は潰れるとゴミなんや」被災して選んだ「茅葺き職人」の人生
「ポケモン禁猟区」「負けるな千葉県」 レース場の電光掲示板が話題
「ポケモン禁猟区」「負けるな千葉県」 レース場の電光掲示板が話題

人気

もっと見る