MENU CLOSE

IT・科学

1260

グーグルで検索ワード「野々村竜太郎」がすごいことになっていた

検索ワード「野々村竜太郎」がすごいことになっていました。

何度も登場して頂いてなんですが・・・
何度も登場して頂いてなんですが・・・ 出典: 朝日新聞デジタル

 グーグルは半年ごとに、日本で急上昇した検索ワードのランキングを発表しています。前年の同じ時期に比べて、検索数がぐーんと急に伸びた言葉をランク付けしています。
 「天気」とか「路線」とか「ユーチューブ」とか、いつもたくさん検索されている言葉ではなく、あくまで「急上昇ワード」のランキングです。
 
 で、2014年の上半期(1月1日~6月31日)は下のようになっていたのですが、実は大変なことが起きていました。

半年ごとに発表
半年ごとに発表 出典:グーグル日本法人のブログ
1位 ワールドカップ 2位 ソチオリンピック 3位 羽生結弦 4位 小保方晴子 5位 妖怪ウォッチ 6位 塩村文夏 7位 野々村竜太郎 8位 マレーシア航空 9位 橋本環奈 10位 aska

 なんと、「号泣会見」ですっかり有名になった野々村竜太郎・元県議が7位にランクインしています。
「あれだけ世間を騒がせたんだから、ランクインは当たり前じゃない?」と思った皆さん。よく考えてください。

 野々村氏が記者会見したのは7月1日です。今回のランキングは6月31日までの実績なのですが、米国時間で計測すると時差の関係で日本の7月1日も含まれます。
 ということは・・・「野々村竜太郎」は“たった1日”で7位にランクインしたことになります。

 「ワールドカップ」や「ソチオリンピック」など大物ワードが並ぶなか、ランキングに食い込んだ“実力”はすごい。
 2014年の年間総合ランキングでは、いったい何位になるのでしょうか?

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます