閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年07月16日

#DJ紹介 W杯、フェイスブックのデータでここまでわかる

  • 379

フェイスブックにおけるワールドカップ2014

フェイスブックにおけるワールドカップ2014

出典: フェイスブック

書き込んだ内容から誰がどのチームを応援したか追跡できる

チームのサポーターのステージ毎の変化をチェック

チームのサポーターのステージ毎の変化をチェック

出典:フェイスブック

グループステージから決勝トーナメント1回戦~決勝と、負けた国のサポーターは自国の代わりにどこを応援したんでしょう。

フェイスブックのデータサイエンスチームによる、このビジュアライズを見ると一目瞭然です。

このチームによると、決勝トーナメントで負けた国のサポーターは、自国を破ったチームの対戦相手を応援する傾向があるそうです。日本的な感覚と逆な気もしますが。ちなみにグループリーグで敗れた日本のサポーターは45%がブラジル、11%ずつが米国とメキシコを応援したそうです。

メキシコは応援の50%が米国から来ていることもわかります。これは米国のヒスパニック系住民の多さの証明です。

スポーツイベントで過去最多の書き込み。3億5千万人から。

書き込みは30億回に

書き込みは30億回に

出典:Facebook newsroom

フェイスブックによると、今回のW杯に関する書き込みは、3億5千万人から計30億回に及んだそうです。決勝だけで8800万人から2億8千万回。フェイスブック史上最も話題になったスポーツイベントとなりました。

最も話題になった投稿はネイマールがチームメイトと撮った写真。250万回言及されました。


SNSのデータ分析・視角化進む

ツイッター社から提供を受けたneymar(ネイマール)を含むツイートの共鳴データ

ツイッター社から提供を受けたneymar(ネイマール)を含むツイートの共鳴データ

出典:朝日新聞

朝日新聞ではツイッターをもとにしたデータ分析や視角化に取り組みました。

スポーツ、政治、経済、様々な分野でSNSはデータジャーナリズムに不可欠のツールとなっています。

「 #DJ紹介 」では今後も国内外のデータジャーナリズム事例を取り上げていきたいと思います。

あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る