MENU CLOSE

エンタメ

1981

厳戒のAKB握手会ルポ 両手上げ検査、荷物預け柵越しに対面

アイドルグループAKB48の握手会が5日に再開したので、取材してきました。厳戒の様子をルポします。

キングレコード提供
キングレコード提供 出典: メンバーと握手をするファン

目次

午前9時にスタート

アイドルグループAKB48の握手会が5日に再開したので、取材してきました。
会場は東京ビッグサイト。握手会自体は午前9時から午後9時半までありましたが、取材記者は入り口付近に午後1時に集合し、レコード会社の方に案内してもらう形でした。

会場の東京ビッグサイトには朝からファンが集まった
会場の東京ビッグサイトには朝からファンが集まった 出典: キングレコード提供

報道陣も手荷物検査と金属探知機へ

集合場所で、まず、首から下げる報道PASSをもらいます。その中に免許証や社員証など顔写真付きの証明書も入れなければいけない入念さでした。証明書がないと中に入れず、実際、運悪く持ってくるのを忘れて、中に入れない人を見かけました。
ただ、それですぐに会場内へ、というわけではありません。一般の参加者に混じって、手荷物検査と金属探知機のボディチェックが必要です。一般の列に混じって、チェックを受けました。

荷物検査の入り口。注意書きの看板が掲げられていた
荷物検査の入り口。注意書きの看板が掲げられていた 出典: キングレコード提供

両手を上げ、1人1分間

まずは手荷物検査。ポケットの中の携帯や財布などをトレーに乗せた上で、警備員の方に手荷物の中身を調べられました。それが終われば、続けて金属探知機でボディチェック。両手を肩の高さまで広げ、前と後で、1人1分程度、入念に調べられます。

金属探知機によるチェック
金属探知機によるチェック 出典: キングレコード提供
身体検査があるので女性用のレーンも
身体検査があるので女性用のレーンも 出典: キングレコード

第1レーンから第104レーンまで

何事もなく、通過。いよいよ、握手会の現場を見に行きます。
握手会は、ビッグサイト東棟の第1ホールから第3ホールを、壁を取り払って広々と使って行っていました。
会場では、第1レーンから第104レーンまで設けられ、各レーンにメンバーが待機。ファンがお目当てのメンバーの列に並ぶ形でした。

荷物検査の様子。まるで空港のよう
荷物検査の様子。まるで空港のよう 出典: キングレコード提供
赤字で書かれた注意書きには「持ち込める荷物はお一人様1個まで」の文字
赤字で書かれた注意書きには「持ち込める荷物はお一人様1個まで」の文字 出典: キングレコード
手荷物検査に協力するファンたち
手荷物検査に協力するファンたち 出典: キングレコード提供

カゴに手荷物入れ「両手を見せてくださーい」

今回見た握手会の現場は、小嶋真子さんのレーンでした。
握手する際、ファンは、スーパーマーケットにあるようなカゴにまず手荷物を入れた上で何も持たない状態で前へ進みます。
そして「両手を見せてくださーい」と係員にうながされ、両手を見せます。これで、ようやく握手することができるわけです。

握手をするファンの隣には係員の姿が
握手をするファンの隣には係員の姿が 出典: キングレコード提供
メンバーと握手をするファン。Tシャツには「AKB48」の文字
メンバーと握手をするファン。Tシャツには「AKB48」の文字 出典: キングレコード提供

新たに設けられた1メートルの柵

ここで、握手スペースについてですが、これまでは、ファンとメンバーの間は机一つ隔てるだけの比較的オープンな構成だったのですが、今回は机の前にさらに高さ約1メートルの柵が設けられていました。加えてメンバーの後ろには必ず一人、警備員が立って、様子を見守っていました。

会場には小さな子どもの姿も。柵越しに握手をする
会場には小さな子どもの姿も。柵越しに握手をする 出典: キングレコード提供

戸惑うファン でも握手が始まれば笑顔

列に並んでいたファンの中には、これまでとは勝手が違うことにもどかしい表情も見せていましたが、
「あー、久しぶり~」
「来てくれてありがとう~」
と、小島さんが温かい笑顔を見せると、途端にみな顔をほころばせていました。
握手する時間はわずか10数秒。ただ、それでも、憧れのファンとの対面できたことに、みな満足した表情を見せ、レーンを後にしていました。

メンバーと握手をするファン。厳戒の会場でもこの時ばかりは笑顔
メンバーと握手をするファン。厳戒の会場でもこの時ばかりは笑顔 出典: キングレコード提供
笑顔で握手をするメンバー
笑顔で握手をするメンバー 出典: キングレコード提供

警備員350人投入、金属探知機は50台

握手会を主催したキングレコードの説明ですと、今回制服の警備員は通常の7倍の350人を投入。会場内の案内や誘導スタッフ700人を合わせ、1千人体制を組んだそうです。金属探知機も50台を用意していました。
事前に警備会社と何度も打ち合わせを行い、持ち物検査のやり方、握手する際の手順などの事前のシミュレーションも実施。その結果をメンバーにも説明し、納得してもらった上で握手会を開いたようです。ちなみに、会場内には警視庁の腕章をした男性もちらほら見られました。

渡辺麻友さんと握手をする男の子。背後には係員
渡辺麻友さんと握手をする男の子。背後には係員 出典: キングレコード提供
警備員が見守るなか、握手をするファン
警備員が見守るなか、握手をするファン 出典: キングレコード提供

50歳の男性ファン「再開、アイドル全体にいい影響」

安全対策を徹底した上での握手会。参加した男性(50)は「握手する時、屈強なスタッフに囲まれ、話を聞かれているような感じもして少し圧迫感もあったけれど、やむを得ない措置だと思う。アイドルの交流イベントが次々となくなっている悲しい現状の中、AKBが率先して再開することは、アイドル全体にとっていい影響だ」と話していました。
次回の握手会は7月13日と27日を予定しています。担当者は「今回目立った混乱は起きていませんが、後日、問題点などがなかったか検証をした上で、実施するかどうか判断したい」と話していました。
(取材:河村能宏)

「メンバーの安全を守り綺麗な会場でイベントを」。プラカード掲げるファン
「メンバーの安全を守り綺麗な会場でイベントを」。プラカード掲げるファン 出典: キングレコード提供
大勢の人が詰めかけた会場
大勢の人が詰めかけた会場 出典: キングレコード提供
握手のため行列に並ぶファンたち
握手のため行列に並ぶファンたち 出典: キングレコード提供

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます