MENU CLOSE

お金と仕事

3022

王者ワコール、ついに本気で世界進出

王者ワコール、ついに本気で世界進出

ワコールがパリで仕掛けた新作下着ショー。マリー・ギトン撮影
ワコールがパリで仕掛けた新作下着ショー。マリー・ギトン撮影

 国内首位の下着メーカー、ワコールがついに本気を出した。フランスのパリで3日、ワコールにとっては欧州で初めての大規模な新作ショーを開催。会場にはシャネルなど高級ブランドが使う伝統の「グラン・パレ」を選んだ。

新作下着でランウェイに登場したモデル。写真はすべてマリー・ギトン撮影
新作下着でランウェイに登場したモデル。写真はすべてマリー・ギトン撮影 出典: 朝日新聞

 女性のブラジャー所有枚数はフランスで9.8枚、ドイツ10枚。日本の8.6枚を上回る。つまり、市場はある。
 しかし、百貨店など大型店で売るスタイルの日本と違って、欧州は小さなブティックで売るのが主流。ワコールは1990年にフランスに現地法人を作ったが、欧州女性は新興ブランドに手を伸ばしてくれず、長く赤字が続いた。

欧米の主流は「パッド無し」
欧米の主流は「パッド無し」 出典: 朝日新聞

 現在、大手百貨店プランタンのパリ本店にある売り場も、欧州のライバルより小ぶりだ。ランジェリー部門バイヤーのアリス・バルディ氏は、寄せて上げるといった胸の形を整える技術で「ワコールはライバルの3年先を行っている」と評価しつつ、弱点も指摘する。「身につけたら良さがわかる。でも、ブランドが知られていない」
 この状況を変えるためにワコールは2012年、英国の下着メーカー、イヴィデンを約200億円で買収した。同社が培った販路を生かしつつ、欧州で本腰を入れるための体制づくりを進めてきた。

 パリでのショーは、その完了を意味する。
 買収した会社「イヴィデン」は来年から「ワコール・ヨーロッパ」に社名を変える。ブラジャーなら5千~1万円の中高級品を中心にしていく方針だ。

 ワコールの日本での市場シェアは30%ほどで、2位のトリンプはその半分。ワコールは現在、圧倒的な「王者」だが、欧州ではトリンプなど地元勢に及ばない。
 ワコールホールディングスの井出雄三常務は「ここで認められれば、世界に通用する」と話す。

井出常務
井出常務
あちこちでモデルと談笑する姿も
あちこちでモデルと談笑する姿も
会場のあちこちでモデルが撮影に応じていた
会場のあちこちでモデルが撮影に応じていた

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます