MENU CLOSE

IT・科学

27255

ʕ•̫͡•ʔさんからの取材リクエスト

大学のゴミ捨て場に凄まじいものが捨ててあった。



【取材しました】ハイテクロボ大量廃棄 阪大「修理できず…」

 阪大キャンパスのゴミ捨て場に大量のロボットが放置?されていた件。聞いてみました。

ボクハダレ?ステラレチャウノ??。゚(゚´Д`゚)゚。
ボクハダレ?ステラレチャウノ??。゚(゚´Д`゚)゚。

目次

取材リクエストをきっかけに調査開始!

こちらのリクエストに答えました
こちらのリクエストに答えました

取材リクエスト内容

どうしてこんなことになったんですか?→
大学のゴミ捨て場に凄まじいものが捨ててあった pic.twitter.com/slCOpZzuRZ (https://twitter.com/rani_chocobreak/status/480945535642116097 ʕ•̫͡•ʔ

記者がお答えします!

"どうしてこんなことになったんですか?→大学のゴミ捨て場に凄まじいものが捨ててあった"
withnews編集部に寄せられた質問をきっかけに取材を開始しました。

発端のツイートはすでに非公開…

内容は、大学のゴミ捨て場に「凄まじいもの」が捨ててあった、というもの。

捨ててあった大阪大学に聞いてみた

大学によると、大阪大学大学院基礎工学研究科の石黒浩教授の研究室が、2006年度に三菱重工業から共同研究のため十数個譲り受けたものだという。

それにしてもツイートは爆発的に拡散しました。





わかまる?

ワカマル(三菱重工業)
ワカマル(三菱重工業)

三菱重工業製「wakamaru(ワカマル)」

「コンニチハ。ドチラヘ、ゴヨウデショウカ」。三菱未来館とロボットステーションで、来場者が使う日本語、英語、中国語、韓国語の四つの言語を自動的に認識して案内する。身長1メートル。体重25キロ。小柄なロボットwakamaru(ワカマル)は牛若丸から名前をとった。(2005年3月12日朝日新聞紙面掲載)

在りし日のワカマル…

大阪府池田市で開かれた「第2回社会人落語日本一決定戦」に、盛り上げ役として登場した落語ロボット「ワカマル」。三菱重工業開発のロボットに、大阪のIT会社があらかじめ動きやセリフをプログラミング。「世界初」の触れ込みで身長1メートルの羽織姿で古典落語の定番「時うどん」を披露した=2010年10月24日
大阪府池田市で開かれた「第2回社会人落語日本一決定戦」に、盛り上げ役として登場した落語ロボット「ワカマル」。三菱重工業開発のロボットに、大阪のIT会社があらかじめ動きやセリフをプログラミング。「世界初」の触れ込みで身長1メートルの羽織姿で古典落語の定番「時うどん」を披露した=2010年10月24日 出典: 朝日新聞

「老朽化」が理由だったらしい

 同研究室によると、このうち10個が老朽化で使えなくなり、修理もできないため、処分することになった。学内の規定に従って施錠された産業廃棄物置き場に置いて間もなくネット上で「なぜ・・・」「もったいない」などと騒ぎになったため、現在は一時的に回収しており見られないが、近く廃棄することは変わらないという。


新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます