閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年07月13日

文字通り「本に埋もれて死んだ」古書店主 亡き妻への手紙が感動呼ぶ

  • 8025

店先に立つ坂本健一さん。若者からプロの物書きまで、多くの人に愛された名物店主だった

店先に立つ坂本健一さん。若者からプロの物書きまで、多くの人に愛された名物店主だった

 「本に埋もれて死ねたらええ」。大阪で知る人ぞ知る古本屋「青空書房」の坂本健一さんが93歳で亡くなりました。生前の言葉通り、本が山積みの店舗兼自宅で息を引き取りました。戦時中は論語に詩集をはさんで出陣。約70年間、大阪・天神橋筋商店街の近くで小さな店を営み、文豪から若者まで愛された人でした。本の山から見つかった遺言書には、亡き妻への温かい言葉がつづられていました。(朝日新聞大阪本社社会部記者・宮崎園子)

遺言書に《死んだら葬式するな》

 亡くなったのは7月2日、心筋梗塞(こうそく)でした。家族が見つけた遺言書には、《父が死んだら葬式するな ひとに知らさず直葬にしなさい》。4日、家族や友人ら約20人に見守られて、荼毘(だび)に付されました。

 坂本さんの訃報を受けて、ネットに突然の死を惜しむ声があふれました。「坂本さんの言葉や背中に励まされたひとは多い。僕もその一人」「本の魅力をたくさん伝えてくださってありがとうございました」「悲しくて、心にぽっかりと穴が開いたような気分です」。亡くなったいまも、店を訪ねる人が後を絶ちません。

坂本さんの遺影と、独特の文字でしたためられた遺言書

坂本さんの遺影と、独特の文字でしたためられた遺言書

出典: 朝日新聞

休みを知らせる手書きのポスターでブレーク

 坂本さんを一躍有名にしたのは、休業日に毎週手描し、下ろしたシャッターに貼り出した「ほんじつ休ませて戴きます」のポスターでした。70代まで無休でしたが、通院などから定休日を設けることになり、「知らずに来る人に申し訳ない」と始めたそうです。

《本を読むことは自己への投資(たねまき) 投資のないところに稔りはありません》(2011年11月16日)

《感動のない人生なんてあんこの入ってない鯛焼き》(2012年4月1日)

《出世出世と騒ぐな飛蝗(ばった) もっと人生大切なものがあるのと違いまっか》(2012年7月16日)

《明治維新 たくさんの血が流されました 昭和維新 太平洋戦争の導火線に 平成の維新はどうでしょう》(2012年10月14日)

《大阪は日本の文化の根っこ どや ちょっと鼻高うしても かめへんのとちゃいまっか》(2013年12月29日)

 四季折々の味のあるイラストに、大阪への愛や社会風刺あふれるひと言。これを見たいがために、わざわざ店が休みの日にやって来る人も現れました。ブログやSNSに投稿する人もいて、人気が広がりました。

休業日の貼り紙

休業日の貼り紙

出典: 朝日新聞

休業日の貼り紙

休業日の貼り紙

出典: 朝日新聞

休業日の貼り紙

休業日の貼り紙

出典: 朝日新聞

生活のため、岩波文庫100冊を闇市で

 1日1冊、本を読み続けた坂本さんの読書人生の始まりは15歳。モーパッサンの「女の一生」を読み、「生きる人間の魂」に衝撃を受けたといいます。太平洋戦争が始まり、赤紙が来た日はロマン・ロラン「ジャン・クリストフ」を読み、「愛と勇気を学んだ」。出陣する際は、「西洋ものは何言われるかわからん」と三好達治の詩集「花筐(はながたみ)」を「論語」に挟んで携えました。

 終戦を迎えたのは22歳。翌年春、家族を養うため、岩波文庫100冊を闇市で泣く泣く売ったのが古本屋を開くきっかけに。夜間学校で学びながら少しずつ集めた愛読書でした。「体から血が奪われていく感じ」だったそうです。

 食べるものにも困っていた時代ですが、本は飛ぶように売れたそうです。「敗戦で耐え難い屈辱を味わった人たちは知的欲求にも飢えていた。それが復興の原動力やった」。坂本さんはそう話していました。

坂本さんが小学生のころに描いた絵。遺品の中から何枚も見つかった

坂本さんが小学生のころに描いた絵。遺品の中から何枚も見つかった

出典: 朝日新聞

病院でチューブにつながれるより、人とのつながりを

 長く、天五中崎通商店街に店を構えていましたが、2013年末に健康不安からいったん閉店。しかし、年明け、店の看板をすぐ近くの自宅にかけ替えて、営業を再開しました。心臓が悪く、医者に入院を勧められましたが、「病院でチューブにつながれるくらいなら、ここで人とつながっていたい」と拒みました。

 店舗兼住居は細い路地にあるため、大通りから見つけやすいよう、「二度とない人生 ここでしか無い一冊」と書いた大きなポスターを玄関に貼り、ドアを開けっ放しにしていました。毎朝、近くのかかりつけ医で点滴を打ってから客を迎えました。開店の準備や閉店時は近所の人たちがお手伝い。若い人たちが訪ねてくるのを特に喜び、笑顔で迎え入れては、人生論や読書論に花を咲かせました。

 自宅に移ってからは、「休みます」のポスターは描かなくなりましたが、所用で自宅を離れるときなど、イラスト付きのメモを貼り出していました。

 《ローソンにいってます 18分23秒で戻ります》
 《デイサービスに行ってます PM1じ23分5秒には帰ってます》

 本を通じた人々との交流を楽しみに過ごした坂本さんですが、実はこの5年ほど、心に大きな穴が開いていました。2010年の冬、6歳年下の最愛の妻、和美さんを亡くしたのです。

2014年初め、自宅で営業を再開した

2014年初め、自宅で営業を再開した

出典: 朝日新聞

《妻あってこその わたしだったから》 亡き妻への感謝を遺言に

 28回目の見合いで出会い、26歳のときに結婚。2人の子を育てながら、親の介護を懸命にした和美さんは、近所の人たちにはしっかり者の奥さんとして知られていました。不器用な夫に代わり、本棚の手入れといった大工仕事も。仕入れとウソをついて坂本さんがふらふらと散歩に出ていっても、黙って許すやさしい人でした。

 店は、和美さんとの二人三脚の思い出がつまった場所。だからこそ坂本さんは死ぬまで守り続けました。

妻の和美さんと

妻の和美さんと

出典: 遺族提供

《和美死んでから 父はひとりになったのをいいことに 我侭(わがまま)自由に生きた 絵を描きエッセーにひたり でも 寂しかったよ 妻あってこその わたしだったから》

 遺言書には亡き妻への思いがあふれていました。

 「やっと奥さんと一緒になれてよかったね」。親しい友人たちは涙を浮かべながら口をそろえました。

《これで終りと云うことはない いつもこれから何かがはじまる 明日は見えなくとも 今踏み出す一歩がある》
《あほのかたまり けんいち 九十三歳》

 遺言書は今年1月25日の日付とともに、そんな言葉で締めくくられていました。

「本を読むことは自己への投資」いちいち刺さる…青空書房の貼り紙
前へ
坂本さんのイラスト入りの貼り紙
次へ
1/14
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

モンプチ『ネコの輪郭にミシン目』の謎 販売元「二つの理由が…」
モンプチ『ネコの輪郭にミシン目』の謎 販売元「二つの理由が…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
校閲ガール「うちなら不採用」 業界でも一目、新潮社員のプロ技
校閲ガール「うちなら不採用」 業界でも一目、新潮社員のプロ技
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
電通不正が暴露した「業界の悪しき体質」 ...
電通不正が暴露した「業界の悪しき体質」 ...
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
M-1準優勝のあの芸人、奈良のアイドルの裏方に 何があった?
M-1準優勝のあの芸人、奈良のアイドルの裏方に 何があった?
リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応...
リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応...
えっ、これどこ? 世界的インスタグラマーが撮った「不思議な日本」
えっ、これどこ? 世界的インスタグラマーが撮った「不思議な日本」

人気

もっと見る