閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年06月18日

元ガオレンジャーが語る、ヒーロー道 「タバコも買い食いもやめた」

  • 45821

金子昇さんが語るヒーローを演じる上で気をつけたこと=金居達朗撮影

金子昇さんが語るヒーローを演じる上で気をつけたこと=金居達朗撮影

 小さい頃、「戦隊もの」のヒーローに憧れを抱いた人も多いはず。一方で演じる役者は、そのイメージを守るためどんな努力をしていたのでしょうか。2001年に始まった21世紀最初の作品「百獣戦隊ガオレンジャー」で、リーダー役のガオレッド役で主演した金子昇さん(41)に聞きました。

元ガオレンジャーのヒーロー、金子昇さん=金居達朗撮影

元ガオレンジャーのヒーロー、金子昇さん=金居達朗撮影

玉山鉄二さんも出演

 ガオレンジャーは「オルグ」と呼ばれる悪と戦うヒーローです。金子昇さん演じる獅子走は、獣医師として活動していたある日、「パワーアニマル」という正義の野獣(動物型のロボットのような形をしています)に認められて、ヒーローとして活動を始めます。

 ガオシルバー役として、朝ドラ「マッサン」に主演した玉山鉄二さんも出演していました。子どもだけでなく母親世代にまで人気は広がりました。

ガオシルバー役で出演した玉山鉄二さん=2006年11月4日

ガオシルバー役で出演した玉山鉄二さん=2006年11月4日

出典: 朝日新聞

人気出すぎて子どもたちが震える

 人気が出るにしたがって、放送開始直後はプライベートで金子さんを見つけたると寄ってきていた子どもたちの態度が変わってきたそうです。

 「最終回に近づく頃になると、子どもたちが近寄らなくなりました。お母さんが声をかけてくれても、その後ろで震えて出てこない。崇拝というか、恐れ多いというか、そんな感覚だったんですかね」



買い食いもタバコもやめた

 そんな尊敬のまなざしで見つめる子どもたちを裏切るわけにはいきません。金子さんはヒーローのイメージを守るために気をつけることが増えていきます。

 「駅までの道すがらアイスなんかを食べたくなるんですけど、買い食いは良くないなと我慢するようになりました」

 「外でたばこも吸わなくなりました。飲食店では周りに大人しかいないことを確認して吸ってました。撮影が早めに終わって飲む時は、酔わないようにしてましたね。夜の7~8時だと、まだ塾帰りの子どもがいるかもしれないので」

子どもたちの視線を考え「買い食いは良くないなと我慢するようになりました」(金子昇さん) ※画像は本文と直接関係ありません

子どもたちの視線を考え「買い食いは良くないなと我慢するようになりました」(金子昇さん) ※画像は本文と直接関係ありません

出典:https://pixta.jp/

日常に宿る「ヒーロー自覚」

 日常の小さな行動についても、常に「子どもが見ている」という意識を持っていたという金子さん。

 「子どもたちにマネされても嫌だし、がっかりさせたくないという思いからです。ガオレンジャーは僕にとっても大事だったので、その思いが自然とそうさせたのかもしれないですね」

2003年にはゴジラ作品にも主演しました

2003年にはゴジラ作品にも主演しました

出典: 朝日新聞

「どう楽しめば」犯人役に悩む

 このガオレッド役で広く顔を知られるようになった金子さん。ですが「ヒーローからのスタートは、逆にあとが苦しいかもしれない」と言います。

 「ヒーローのイメージがついちゃうこともありますし、犯人役をやってもどう楽しんだらいいのかわからなくなる。勧善懲悪のドラマで、ヒーローはやっぱり楽しいですよ」

「ヒーローはやっぱり楽しい」=金居達朗撮影

「ヒーローはやっぱり楽しい」=金居達朗撮影

作品ごとにカラー

 15年たったいまもガオレンジャーは「僕にとっては財産であり宝。それをなくしたら僕の半分くらいはなくなっちゃう感じ」と断言します。

 このスーパー戦隊シリーズは今年40作品目を迎えました。作品ごとにカラーがありますが、ほかのヒーローと違うのは、合体するなど、メンバー全員の力を合わせないと使えない必殺技があること。

 ガオレンジャーでも、ガオレッドがメンバーから信頼を得られず、チームが分裂しかけるピンチがありました。それでも最終的には仲直りして、力を合わせて戦う成長物語でもあるのです。

40作品目の「動物戦隊ジュウオウジャー」(C)2016 テレビ朝日・東映AG・東映毎週日曜あさ7:30~テレビ朝日系にて放送中

40作品目の「動物戦隊ジュウオウジャー」
(C)2016 テレビ朝日・東映AG・東映
毎週日曜あさ7:30~テレビ朝日系にて放送中

スター続々 スーパー戦隊

 ガオレンジャーの金子さんや玉山さんを始め、スーパー戦隊シリーズ出身の俳優はたくさんいます。特にいま20代の人がはまったであろう時代には、スターを輩出しています。

 「忍者戦隊カクレンジャー」(1994年放送開始)でニンジャブラックを演じたケイン・コスギさん。「超力戦隊オーレンジャー」(1995年放送開始)でオーピンク役だったさとう珠緒さん。「星獣戦隊ギンガマン」(1998年放送開始)では、照英さんがギンガブルー役でした。



俳優としての基礎を学ぶ

 戦隊ものから得たことの一つに、金子さんは俳優としての基礎があると言います。「ミスをしたらこっぴどく怒られました。撮影の現場を一から学び、どんな苦労があるのかも教えてもらいました」

体に染みつく「戦隊芝居」

 そしてヒーロー出身者の特徴として「戦隊芝居」があります。「戦隊もの出身者はみんな普通のドラマをやると『戦隊芝居』って言われるんですよ。1年間やるので抜けないんですよね。体に染みついてる」

 「例えば、普通に走って止まればいいのに、止まったら片方の肩を前に出して、肩を入れるんです(笑)。僕は戦隊ものが大好きで見ていたので、やりたくてしょうがなかった。今でもドラマの現場であえてやってますね。それが味になって楽しいかなって」

 ガオレンジャーでの経験が今の金子さんを作っていると言っても過言ではありません。自身も小さい頃からヒーローものが大好きでした。

 「仮面ライダーや戦隊もの、ウルトラマン。小学校の途中まではいつも見てました。戦隊ものはバトルフィーバーJの時代でしたね。上京してからも、バイトから朝方帰ってご飯を食べながら星獣戦隊ギンガマンを見てました」

俳優としての原点にヒーロー役の経験があるという金子昇さん=金居達朗撮影

俳優としての原点にヒーロー役の経験があるという金子昇さん=金居達朗撮影

「一生ヒーロー」背負い続ける 

 今でも「ガオレンジャーが好きだった」と声をかけられると言います。ヒーローというイメージを一般の人はずっと持ち続けています。「ヒーローという肩書は一生ついてくるでしょうね。その肩書を裏切るようなことをしてはダメ。そういう意味では一生ヒーローかもしれないですね」

綾野剛・オダギリジョー・金子昇…元ヒーローたち「イケメン」の系譜
前へ
仮面ライダーアギトに出演した要潤さん
次へ
1/23
前へ
次へ

あわせて読みたい

楽天トラベルでラブホ「解禁」 女子会・外...
楽天トラベルでラブホ「解禁」 女子会・外...
PTA「理想的な運営」の落とし穴「恐怖のペナルティー」から逃げろ!
PTA「理想的な運営」の落とし穴「恐怖のペナルティー」から逃げろ!
岡田准一、小栗旬が日本映画のレジェンドと対談
岡田准一、小栗旬が日本映画のレジェンドと対談
PR
化粧品の空き瓶…すり替わる前に「再生」中国での偽物対策が新事業に
化粧品の空き瓶…すり替わる前に「再生」中国での偽物対策が新事業に
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
PR
生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か?
生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か?
「ASUS」何て読むの? 社名変更を機に統一、昔は「好きに呼んでね」
「ASUS」何て読むの? 社名変更を機に統一、昔は「好きに呼んでね」
まるで廃車!謎のプリウスの正体は… 所有者「次はフェラーリです」
まるで廃車!謎のプリウスの正体は… 所有者「次はフェラーリです」
「動物は人を楽しませる道具じゃない」 胃にビニール、死んだキリン
「動物は人を楽しませる道具じゃない」 胃にビニール、死んだキリン
きゃりーが通った「あの店」 増田セバスチャンが語る原宿の未来
きゃりーが通った「あの店」 増田セバスチャンが語る原宿の未来
「お金ではない何か」見つかった 夫婦イタズラ合戦 ピザポテトは…
「お金ではない何か」見つかった 夫婦イタズラ合戦 ピザポテトは…
「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声
「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声

人気

もっと見る