閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年06月01日

スマホ写真の名作、どうやって撮影? 「鏡の世界」作者に聞いた

  • 9765

「雨の後は世界が分からなくなる」=高野伊乃さん提供

「雨の後は世界が分からなくなる」=高野伊乃さん提供

「雨の後は世界が分からなくなる」。こんな題名でツイッターに投稿された写真が話題を集めています。リツイートは3万5千超。まるで鏡の世界で、「幻想的」「もはや芸術」と驚くコメントが寄せられています。どうやって撮ったのか、写真への思いは――。撮影した大学生に聞きました。

カギは「逆転」の発想 加工アプリ駆使

地面を境に、黒い傘が上下対象にうつるこの写真。水面と思われる下側の世界が、水面とは思えないほどきれいに広がっています。そして、真ん中より上にはもやのようなものが。不思議な感覚になります。


どうやって撮ったのか?

撮影した、埼玉県に住む大学生の高野伊乃さん(@blue_heart1208)に聞きました。

雨上がり、地元の住宅街で水たまりを見つけた高野さん。手に持っていた傘を水たまりの向こうに置き、スマホを地面ぎりぎりまで近づけて撮影したといいます。でも、これだけではただの雨上がりの写真です。

実はこの写真、上下をひっくり返しているのです。「反転させる考えは、加工している途中で思い付きました」と高野さん。さらに、写真を明るく加工したことで、鏡の世界を創り出すことに成功しました。

AndroidのAQUOSPHONEのSH-01Fと、写真加工アプリのSnapseedを使ったそうです。

写真を再びひっくり返してみました。元はこんな世界だったんですね

写真を再びひっくり返してみました。元はこんな世界だったんですね

「友達が待ち受けに使ってくれた。それが嬉しくて……」

カメラは持っておらず、ふだん使っているスマホで写真を撮っているという高野さん。きっかけは、3年ほど前でした。ガラケーで撮った空の写真を、友人が携帯電話の待ち受け画像にしてくれたのです。「とても嬉しかったので、それからどんどん写真を撮り始めました」(高野さん)

いまは、どんなことを心がけながら撮っているのか。「万人受けする写真、見る際に予備知識が要らない写真を撮りたいと思っています」と教えてくれました。

ほかにも「夕景に塗られた帰り道」「吹いて飛ぶような日々」など、日常との静かな対話が伝わってくるすてきな写真を撮っています。

「夕景に塗られた帰り道」=高野伊乃さん提供

「夕景に塗られた帰り道」=高野伊乃さん提供

「吹いて飛ぶような日々」=高野伊乃さん提供

「吹いて飛ぶような日々」=高野伊乃さん提供

スマホが創った不思議な世界 写真集
前へ
雨の後は世界が分からなくなる
次へ
出典:高野伊乃さん提供
1/12
前へ
次へ

あわせて読みたい

1年でこんなに変化するとは!体調不良の母に対する子どもの反応
1年でこんなに変化するとは!体調不良の母に対する子どもの反応
SNSでよく見る「OM TELOLET OM」の意味は?
SNSでよく見る「OM TELOLET OM」の意味は?
Q&A
雪で折れた天狗の鼻「治療中」 絆創膏のユ...
雪で折れた天狗の鼻「治療中」 絆創膏のユ...
グリコーゲンを極めたグリコの本気度がすごい!
グリコーゲンを極めたグリコの本気度がすごい!
PR
「あなたの年代がターゲットではない」と反論 目標の倍売れたチョコ
「あなたの年代がターゲットではない」と反論 目標の倍売れたチョコ
『過剰な注釈』への皮肉を漫画に 「世の中がんじがらめ、より緩く」
『過剰な注釈』への皮肉を漫画に 「世の中がんじがらめ、より緩く」
「人食いバクテリア」経験者が語る壮絶体験記 「秒で多臓器不全」
「人食いバクテリア」経験者が語る壮絶体験記 「秒で多臓器不全」
のんさんが惚れた「おなら」 人生の楽しみ方を知った映画とは?
のんさんが惚れた「おなら」 人生の楽しみ方を知った映画とは?
PR
首吊り続けて20年 首くくり栲象を駆り立てるもの「毎日5回はやる」
首吊り続けて20年 首くくり栲象を駆り立てるもの「毎日5回はやる」
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で...
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で...
「女子力」って何なんですか? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「女子力」って何なんですか? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...

人気

もっと見る