閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年01月31日

ヒロト&マーシーのあふれるアナログ愛 あの名曲に隠された誕生秘話

  • 10393

ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト(右)と真島昌利 =2012年12月、西田裕樹撮影

ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト(右)と真島昌利 =2012年12月、西田裕樹撮影

出典: 朝日新聞

 新作アルバム「JUNGLE9」を引っさげ、全国ツアー中のザ・クロマニヨンズ。CDとモノラル録音のLPレコードを同時発売するなど、アナログ盤にこだわっています。アルバム「YETI vs CROMAGNON」(2013年)発売時の朝日新聞によるロングインタビューでは、ボーカルの甲本ヒロトとギターのマーシーこと真島昌利が、あふれるアナログ愛や名曲の誕生秘話を語っていました。定額制ストリーミングや動画サイトなど、音楽の聴き方が多様化する今、改めて当時のインタビューを振り返ります。

「楽しく演奏する。それを、テープレコーダーまわして録音する」

 ――アルバムタイトルは、いつも通り、なりゆきで、という感じですか。

 マーシー 意味はないですね。

 ヒロト 今から考えるのも大変なので……。

 ――レコーディングは楽しく進められましたか。

 ヒロト うん、楽しいよ。レコーディングっていうか、演奏するだけです。楽しく演奏する。それを、テープレコーダーまわして録音すれば残るだけで。

 ――あっという間に終わってしまう。

 ヒロト そうですね。やっぱり3分間の曲は、どうしても3分間かかりますよ。はい。

 ――前回のスタジオは、出前がおいしかったみたいですね。今回はどうでしたか。

 マーシー 今回は前回と別のところで。出前スポットはないけど、歩いて食べに行ったりしたよ。それも楽しさの一環。

「皆さんがCD屋さんで買うやつは、アナログのダビングものです」

 ――2009年の「MONDO ROCCIA以降、モノラル録音のアナログ盤も並行して出していますね。

 ヒロト 僕たちは普段から、楽しみとしてアナログを聴くんですよ。だから、CDはつくらなくてもいいんですけど、CDほしがる人がいっぱいいるから。僕は聴かないんですけど。だから、「CDも」出してます。

 僕らのCDは、まずアナログ盤をつくって、それをレコードプレーヤーでかけるんです。そこからCD-Rに落とす。そうやってつくってるんですよ。皆さんがCD屋さんで買うやつは、アナログのダビングものです。

 デジタルマスターから直接、CDをつくるのではなくて、アナログをかけて。だからね、大変なんですよ。ホコリとかでパチッというと、その音が入っちゃうから。もう1回やらなきゃいけないし。

 ――こういうやり方をしているのはクロマニヨンズだけでは。

 ヒロト もう少しいるかな。でもすごく少ないと思う。すごくめんどくさいけれど、やらなきゃ……CD出さないわけにもいかないもんねえ。

 ――直接デジタルから音をとるのではなく、アナログ盤を経由することで、やっぱり音は変わりますか。

 ヒロト きっかけはね、ある日、自分の家に録音のできるCD-Rのマッシーンを導入した時に、レコードをCDにダビングしてかけてみたんです。そうしたら、市販のCDよりもその方が好きだったんですよ。いい音かどうかは分からないんですけど、好きな音だった。

 それは、お料理の味見と同じなんです。どこがいいとかなんかわかんないけど、「あ、うめっ!」っていう感じ。「こっちの方がおいしい」と思ったらさ、料理人としてはそっちを出すでしょ、お客さんに。一手間かけた方がおいしかったんだからさ、それをはしょってお客さんに出すことはもうできないよ。

ザ・クロマニヨンズの最新アルバム「JUNGLE9」

ザ・クロマニヨンズの最新アルバム「JUNGLE9」

「ロックンロールバンドはモノラルでガン!ときてた方がいい」

 ――マーシーさんも同じようにアナログを聴いていたんですね。

 マーシー 今でも聴いてるし。なんか好きなんですよ、アナログの音が。口で言うのは難しいですけど。

 ヒロト 僕は、人間って感動した時に、涙が出たり、鳥肌がザーッとたったりとか、こらえきれない体の反応ってあるじゃないですか。もちろん、心が反応して、体が反応するんだけど、目に見える反応。「うわ、すごい鳥肌立ってる」とか、人に見せられない顔で泣いてたりとか。アナログでレコードを聴いてると、日々、そういう体験をするんですね。でもCDだと、そういうことがめったにない。その理由は知らない。

 ――以前のインタビューで「レコードには宇宙的で莫大(ばくだい)な情報が入ってる」とおっしゃってますね。

 ヒロト そう感じるんだよ。実際のところは知らないよ。それも人それぞれだからね。

 ――アナログでやる時に、ステレオでなくモノラルで、というのは自然な流れだったのでしょうか。

 マーシー うん。ロックンロールバンドはモノラルでガン!ときてた方がいい。僕自身もレコード聴く時は、そういうバンドのレコードってモノで聴きたいし。

 ヒロト 今は、色んな人のレコードがステレオ盤とモノラル盤、一緒に発売するなんてことないでしょ? だから、聴き比べることもできないよね。だけど、1960年代のステレオっていうシステムが世の中に普及し始めた頃は、モノラルとステレオが同時に発売されてたんですよ。たとえばビートルズや、ローリング・ストーンズの初期の時代には。

 僕らは両方聴き比べることができたんですよ。それで僕らの好みとして、モノラルの方をよく聴くんですね。

ハイテンションなザ・クロマニヨンズ、マーシーの定番バンダナ姿
前へ
ザ・クロマニヨンズ=アリオラジャパン提供
次へ
1/7
前へ
次へ

リクエスト募集中

あなたの質問疑問をwithnews編集部が取材します。ログイン不要、10秒で入力。

リクエストを書く

あわせて読みたい

風営法改正を受け、ライブハウス団体が発足 深夜のエンタメを促進へ
風営法改正を受け、ライブハウス団体が発足 深夜のエンタメを促進へ
最近、夕飯の味に違和感が・・・それ、後妻業に狙われているかも!?
最近、夕飯の味に違和感が・・・それ、後妻業に狙われているかも!?
PR
風営法変えた戦略的ロビー活動 Zeebraが語るストリートの思想
風営法変えた戦略的ロビー活動 Zeebraが語るストリートの思想
「舛添騒ぎ」猪瀬氏が思うこと 「徹底的に潰す…まるで人民裁判」
「舛添騒ぎ」猪瀬氏が思うこと 「徹底的に潰す…まるで人民裁判」
図書館で6歳児「魔法を使いたい」 女性司書...
図書館で6歳児「魔法を使いたい」 女性司書...
マタニティーマークを「使わない派・否定派」の意見から考えてみた 
マタニティーマークを「使わない派・否定派」の意見から考えてみた 
選挙ポスター、誰が貼ってる? 「あらゆるツテ頼る」 業者プランも
選挙ポスター、誰が貼ってる? 「あらゆるツテ頼る」 業者プランも
あっ、クマが泳いでる! 群馬のダム湖面、巡視中の職員が偶然激写
あっ、クマが泳いでる! 群馬のダム湖面、巡視中の職員が偶然激写
「嫁と子どもに会いにいく」 熊本地震、山に消えた背中の覚悟
「嫁と子どもに会いにいく」 熊本地震、山に消えた背中の覚悟
マタニティマークつけたら…「ただのデブだろ」と言われて考えたこと
マタニティマークつけたら…「ただのデブだろ」と言われて考えたこと
戻ってきた「何でも券」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く母と息子
戻ってきた「何でも券」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く母と息子
温水洗浄便座、拭いてから使う? 使ってから拭く?
温水洗浄便座、拭いてから使う? 使ってから拭く?
Q&A
Ads by Google
Ads by Google

人気

  • 東京書籍提供

    銭湯・ぜんざい・タマゴサンド…東西でこんなに違う? 比較本が人気

    • 25969

  • ガチャ確率公開、各社の対応は? 2強メーカー「予定なし」の理由

    • 16994
  • 小笠原村観光局提供

    「やっと注目された…」 色彩豊かな小笠原、なぜ白黒パネルで宣伝?

    • 5979
  • Conobie

    夫婦のスレ違いを生む「察してコミュニケーション」してませんか?

    • 1791

  • 「舛添騒ぎ」猪瀬氏が思うこと 「徹底的に潰す…まるで人民裁判」

    • 24213

もっと見る