閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年11月10日

「鮭は飲み物」トドが丸のみ 水族館で毎日開催、スロー動画も秀逸

  • 12810

「鮭は飲み物」のポスター=おたる水族館提供

「鮭は飲み物」のポスター=おたる水族館提供

 北海道小樽市にある「おたる水族館」。こちらで飼育されているトドが、ちょっと変わった芸にチャレンジしています。キャッチフレーズは「鮭は飲み物」。飼育係が投げた大きな鮭をキャッチして、器用に頭から丸のみするというものです。その秀逸なネーミングや公開された動画の迫力から、「本当に飲み物でした」「カレーじゃあるまいし」などと話題になっています。11月下旬まで毎日開催されているこの企画。きっかけや狙いについて聞きました。

丸のみの様子、スロー動画で


 トドがいるのは「海獣公園」というエリア。海を仕切っただけの豪快なプールでアザラシやトドが暮らしています。このプールでは、コンブなどの海藻が生い茂り、魚が群れ、ウニやナマコなどの生き物も生息しているため、野生に近い状態を保っているそうです。

 そんなトドたちが挑戦しているのが「鮭の丸のみ」。11月11日が「鮭の日」であることから、とれたての鮭をトドたちに与えて喜んでもらい、来館者にもその豪快な食事シーンを楽しんでもらおうと、2013年から始まりました。

 今年は11月4日から29日まで、毎日12時と14時半に開催されるトドショーの中で披露されています。水族館のホームページでは、丸のみの様子を動画で公開。見事にキャッチした後、手を使うことなく鮭を地面と垂直に立ててから、頭から飲み込んでいく姿がスローで確認できます。

トドショーのポスター=おたる水族館提供

トドショーのポスター=おたる水族館提供

「カレーは飲み物」を意識?


 この企画について海獣飼育課係長の高橋徹さんに話を聞きました。

 ――「鮭は飲み物」というキャッチコピーが秀逸ですね

 「これはポスターを製作する中で課長が思いつきました。多分、『カレーは飲み物』という表現を意識したんだと思います」

 ――トドは普段から鮭を食べているんですか

 「年中というわけではありませんが、よく与えています。普段はホッケやイカナゴなどですね」

 ――丸のみは、芸として仕込んでいるんですか

 「いいえ。もともとトドは獲物を丸のみするんです。鋭い牙は獲物を逃がさないようにするためのもので、かみ砕いたりはしないんです」

 ――尻尾からではなく頭からと決まっているんですか

 「大体そうですね。尻尾からだとウロコや骨が引っかかる可能性があるので」

 ――見どころを教えてください

 「大きなサケを丸のみするイメージのない方もいるかもしれませんが、ぜひ当園に来てトドの野性を感じて楽しんでいただけたらと思います」

「鮭は飲み物」! トドが丸のみする様子を連続写真で
前へ
トドが鮭を丸のみする様子
次へ
出典:おたる水族館の動画より
1/25
前へ
次へ

あわせて読みたい

ドラクエの日、1986年発売の「同級生ソフト」は名作揃いだった!
ドラクエの日、1986年発売の「同級生ソフト」は名作揃いだった!
生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か?
生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か?
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
PR
サラリーマン目線の広告に共感 「結局現場にムチャぶりですか?」
サラリーマン目線の広告に共感 「結局現場にムチャぶりですか?」
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い
そして「にょきにょき」へ ぷよぷよの仁井谷さん、再起へのたびだち
そして「にょきにょき」へ ぷよぷよの仁井谷さん、再起へのたびだち
「キング・オブ・タトゥー」12年の歴史に幕 逆風で会場確保が困難に
「キング・オブ・タトゥー」12年の歴史に幕 逆風で会場確保が困難に
「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声
「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声
「加計学園」あの会見現場で起きていたこと…熱気がカメラに乗り移る
「加計学園」あの会見現場で起きていたこと…熱気がカメラに乗り移る
「陽」の彫刻、光が差すと「陰」の文字が!...
「陽」の彫刻、光が差すと「陰」の文字が!...
改宗を決めた日、トンカツ屋へ でも今は…日本人イスラム教徒の日常
改宗を決めた日、トンカツ屋へ でも今は…日本人イスラム教徒の日常
「自分らしい」って?『ちょっと今から仕事やめてくる』トークショー
「自分らしい」って?『ちょっと今から仕事やめてくる』トークショー
PR

人気

もっと見る