閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年01月19日

ギャルから慶応合格、AV女優から日経記者 鈴木涼美の「夜と昼」

  • 3176361

女子高生のころの鈴木涼美さんと現在(右)

女子高生のころの鈴木涼美さんと現在(右)

出典: 朝日新聞デジタル


 女子高生というブランドを失ったら、私には何が残るのか――。

 高校時代、渋谷でパラパラに興じるギャルだった文筆家の鈴木涼美さん(元日経新聞記者・元AV女優)は、高校3年生になり、仲間には「鈴木は死んだ。3月に生き返るらしい」ことにして受験勉強を始めます。「したたかに、卒業後も勝っていたかったから」。昼と夜の顔を持つオネエサンが、「女子高校生」というブランドを失うまでと、失った後について語りました。

鈴木涼美さん=瀬戸口翼撮影

鈴木涼美さん=瀬戸口翼撮影

「女子高生」という万能感

 受験生のみなさん、センター試験お疲れ様でした。今夜は私の高校時代と受験勉強のお話しをします。

 もう10年以上も前ですが、私もセンター試験を受験しました。試験の朝、久しぶりに会った高校の親友マドカ(仮名)に「その服、ださっ」と言われたこと覚えています。半年間、なりふり構わず勉強していたから。2人とも慶応大学を目指していて、試験会場はたまたま慶大三田キャンパスでした。私は受かって、マドカは落ちました。

 高校時代は渋谷に所属するギャルでした。放課後はギャル仲間とクラブやカラオケ店に入り浸り、ハンバーガー店やギャル専門のショッピングビル「109」にたむろす。茶髪に白メッシュ、制服はミニスカート、胸のボタンをひとつ多めに開けたワイシャツ、スーパールーズソックスが基本形。今の「JKビジネス」に象徴されるように、当時も女子高校生というだけで価値があった時代でした。マスコミにもよく取り上げられて、女子高生すなわち「世相の発信者」という万能感に包まれていました。

鈴木涼美さん=瀬戸口翼撮影

鈴木涼美さん=瀬戸口翼撮影

「女子高生」後に焦燥感

 中学時代はもさかったんですが、雑誌「メンズエッグ」に出ているようなチャラ男と付き合いたくて高校デビュー。1、2年生の時は遊んでばかりでした。成績は学年300人のなかで「中の中」くらいでした。

 高3になって卒業後を考えました。もうすぐこの日常は終わってしまう。女子高校生という価値が失われた自分に何が残るのか。

 女はしたたかです。刹那(せつな)的な楽しみを重視するギャルであっても、卒業後は勝っていたい。109のショップ店員になりたいと思いましたが、立ち仕事に耐えられる自信がない。イベントサークルのリーダーなどといったギャルとしてのフロントランナーを全うできるほどの自信もない。必然的に女子大生という新たな価値に向かいました。全然勉強してなかったのに、難関大にさらっと合格して、仲間たちに「慶応受かったんだって? へー、すごいじゃん。それって難しいんでしょー」と、何げなく言われる。勝ちですよね。高3の夏、仲間には「鈴木は死んだ」ことにして連絡を絶ち、私の受験勉強は幕を開けました。

高校時代の鈴木涼美さん=本人提供

高校時代の鈴木涼美さん=本人提供

孤独に愚直に丸暗記

 落ちこぼれが東大を目指す漫画「ドラゴン桜」のような特殊な学習法をしたわけではありません。愚直に教科書を丸暗記し、愚直に問題集を解きました。

 孤独でした。

 予備校は1、2年から通っている子たちのコミュニティーができあがってて。彼女らを横目で見ながら「君たちが勉強していた2年間、私はクラブでナンパされたり、パラパラを60曲踊れるようになったりした。その代わり、君たちがきゃぴきゃぴしているこの昼休み、私は独り勉強をします」とパンを持って自習室に向かいました。茶髪がどんどんプリン頭になっていったけど、黒髪が伸びた分、成績も伸びました。

高校時代の鈴木涼美さん=本人提供

高校時代の鈴木涼美さん=本人提供

女子大生で夜のオネエサンに

 早慶上智とICUに合格しました。受験が終わった2月下旬、マドカから電話がありました。たわいのない男友達の話をしていたとき「ところで私、慶応落ちたよ」と。マドカは私が連絡しづらいことを察していたんだと思います。マドカは結局、早稲田大学に進学して、今はカンボジアで国連関係の仕事をしています。

 女って付き合う男によって人生にドライブがかかるところがありますが、マドカはギャル時代、彼氏は外国人ばっかりでした。いま、国際的な仕事をしていることもうなずけます。

 それで受かった私の方は、女子高生から女子大生へのパラダイムチェンジ(価値の転換)を遂げた後どうなったか。結局、あの万能感が忘れられなかったというか、今度は夜の世界に吸い寄せられたというか……。ちょうどスーフリ事件とかがあって、渋谷も徐々に街の顔を変えつつあるころでした。横浜に所属替えしていた私は、付き合っていたホストに人生をドライブされて、キャバ嬢になって、ホストクラブに通って、スカウトされてAVに出ていました。

鈴木涼美さん=瀬戸口翼撮影

鈴木涼美さん=瀬戸口翼撮影

就職後は昼のオネエサンに

 誰しもが両義性を抱えながら生きてると思いますが、私は女子高生や女子大生といった価値に、アイデンティティーを依拠していた一方、「この子はこういう子だ」といった枠に押し込まれることが嫌でした。女子高生であり渋谷に所属するギャルであり勤勉な受験生だった。その後は、エリート女子大生でありキャバ嬢でありAV女優だった。

 モラトリアム期間が欲しくて慶大から東大大学院に進み、AV業界で見聞したことを修士論文にまとめました。女性に対する性的消費行為が日常に浸透してることをルポしたその論文は『「AV女優」の社会学』として出版されます。私は文筆家としての顔も手に入れました。

 でも大学院卒業後に、またもや付き合っていたテレビ局のチャラリーマンにドライブされて日経新聞記者として昼のオネエサンさんに転じました。大手町や丸の内のいまいちぱっとしない日常に慣れ始めたころ、30歳という女子としての価値の暴落を目の当たりにし、文筆業に専念しようと勤続5年半で辞めました。昨秋、これまでの経歴が週刊誌に暴露されて、瞬間風速的にメディアに再浮上し、こうしてインタビューを受けている次第です。

学生時代を過ごした慶応SFC福田和也研究室で講義する鈴木涼美さん。学生に自身のこれまでの体験を話した=9日午後、瀬戸口翼撮影

学生時代を過ごした慶応SFC福田和也研究室で講義する鈴木涼美さん。学生に自身のこれまでの体験を話した=9日午後、瀬戸口翼撮影

夜と昼を行ったり来たりしたけど…

 一つの枠にはめられるのが嫌で、夜と昼の世界を行ったり来たりしてきましたが、今、文筆業をなりわいにしているバックグラウンドは大学・大学院時代に指導教官や研究環境に恵まれたからです。

 大学合格後はヨレヨレでしたが受験勉強を始めた日から文筆家へと続いた、その道からは外れなかった。
 外国人に囲まれていたマドカは第一志望には受からなかったけど、国際派の道からは外れなかった。

 みなさんもそういった道を見つけてください。

















【動画】鈴木涼美さんから受験生へ=瀬戸口翼撮影

出典:女子高生という価値の喪失後に 夜のオネエサンの受験論:朝日新聞デジタル

◇  ◇  ◇
 すずき・すずみ 東京都生まれ。明治学院高校から慶応大学環境情報学部卒。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。主な著書に『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』。日経新聞退社後、ネットブログをまとめた「身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論」を出版した。31歳。


「夜と昼を行ったり来たり」AV女優から日経記者、鈴木涼美の生き方
前へ
学生時代を過ごした慶応SFC福田和也研究室で講義する鈴木涼美さん。学生に自身のこれまでの体験を話した=2015年1月9日、、瀬戸口翼撮影
次へ
1/13
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

詐欺バスターって何?
詐欺バスターって何?
Q&A
樹木希林「窮屈な常識はいらない」 百貨店...
樹木希林「窮屈な常識はいらない」 百貨店...
モンプチ『ネコの輪郭にミシン目』の謎 販売元「二つの理由が…」
モンプチ『ネコの輪郭にミシン目』の謎 販売元「二つの理由が…」
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
AV業界「ファン感謝祭」熱気むんむん 強要問題への取り組みは…
AV業界「ファン感謝祭」熱気むんむん 強要問題への取り組みは…

人気

もっと見る