閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年01月14日

徳川家康、豊臣方と仲良くしたかった? 実は、腹黒じゃなかった説

  • 3172

徳川家康、実は腹黒じゃなかったかも?

徳川家康、実は腹黒じゃなかったかも?

出典: 久能山東照宮博物館蔵


 腹黒い狸おやじというイメージの強い徳川家康ですが、実は、豊臣家との共存を考えていたふしがあります。「家康」という名前を引き裂いたという「いいがかり」と言われている方広寺の釣り鐘の「国家安康」の文字も、当時の感覚では十分、非礼にあたるという説も。

【動画】堺雅人さんが、ちょっと地味な家康を演じたトヨタのCM

腹黒いイメージ、大河でも個性派俳優

 徳川家康の腹黒いイメージを印象づけるのが、京都・方広寺の釣り鐘の銘文を巡る騒動です。「国家安康」「君臣豊楽」という文字を、「家康の名を引き裂いて呪詛(じゅそ)するもの」といいがかりをつけて大坂冬の陣をおこしたと言われています。

 歴代の大河ドラマでも、一癖ある個性派俳優が演じています。「独眼竜政宗」「葵 徳川三代」で津川雅彦さん、「功名が辻」は西田敏行さん、「天地人」で松方弘樹さん、「江~姫たちの戦国~」は北大路欣也さん、そして「軍師官兵衛」では寺尾聰さんが演じました。

「葵 徳川三代」の撮影に入る津川雅彦さん(右から2人目)ら出演者=1999年6月、静岡県御殿場市で

「葵 徳川三代」の撮影に入る津川雅彦さん(右から2人目)ら出演者=1999年6月、静岡県御殿場市で

「国家安康」への抗議「筋が通っている」

 ところが、国際日本文化研究センター教授の笠谷和比古(かさやかずひこ)さん(日本近世史)によると、方広寺の鐘に関する家康の抗議は「筋が通っており、捏造(ねつぞう)などではない」と言います。当時、諱と呼ばれる実名(この場合は家康)で呼んだり、諱を無断で鐘銘に使ったりするのは礼を失する行為にあたるそうです。「一方の『君臣豊楽』では豊臣の文字を入れて秀頼や秀吉などの諱は使っていない。呪詛といわれても仕方ないのでは」と指摘しています。

「国家安康 君臣豊楽」の文字が刻まれた方広寺の釣り鐘=京都市東山区

「国家安康 君臣豊楽」の文字が刻まれた方広寺の釣り鐘=京都市東山区

「二重公儀体制」考えていた?

 豊臣政権下の五大老となった徳川家康は、1600年の関ケ原の戦いで石田三成率いる西軍を撃破。幕府を開きます。

 ところが、笠谷さんによると、家康は元々、豊臣家を滅ぼそうなどとは考えていなかった可能性が高いそうです。関ケ原合戦の前に、のちに東軍に属する武将が集まって行われた小山評定は、当初は石田三成の謀反を鎮めてほしいという増田長盛や淀殿の要請に応じる形で方針が決定されていました。関ケ原後の領地の再配分も、あくまで五大老の筆頭という立場で行っています。
 笠谷さんは「領地の給付状況をみると、西日本には徳川譜代の大名がまったく配されていない。家康は、東日本は徳川、西日本は豊臣という、『二重公儀体制』による全国支配を考えていた節がある」と見ています。

「関ケ原祭り」で関ケ原の戦いを再現する武将隊=2011年10月、関ケ原町

「関ケ原祭り」で関ケ原の戦いを再現する武将隊=2011年10月、関ケ原町

息子の将来、案じて・・・

 それが、なぜ豊臣家を滅ぼす結果になったのか。笠谷さんは「彼は二重公儀体制を志向しながら、自らの死後、実績のない秀忠ではそれを支えきれないと危惧していた」と話します。「豊臣の一大名に戻れればいいが、徳川家が滅ぼされてしまう可能性の方が高い。悩んだ末に踏み切ったのだと思います」

 明治維新以降は新政府の旧敵ということでマイナスイメージが強調されたことで、徳川家康の腹黒いイメージが定着したようです。

名古屋おもてなし武将隊の徳川家康と「円むす」。ひつまぶし風のおむすびの上に、こんがりと焼けた枝豆が載り、みそが塗られている=2013年9月、名古屋市西区

名古屋おもてなし武将隊の徳川家康と「円むす」。ひつまぶし風のおむすびの上に、こんがりと焼けた枝豆が載り、みそが塗られている=2013年9月、名古屋市西区


あわせて読みたい

グリコーゲンを極めたグリコの本気度がすごい!
グリコーゲンを極めたグリコの本気度がすごい!
PR
カネ余り、楽勝就活…バブル世代のイケイケな...
カネ余り、楽勝就活…バブル世代のイケイケな...
「コミュ障」なのにアナウンサーに…吉田照美が味わった絶句シーン
「コミュ障」なのにアナウンサーに…吉田照美が味わった絶句シーン
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
移民の店主がレシートに入れた「言葉」が話題に 「その勇気に感動」
移民の店主がレシートに入れた「言葉」が話題に 「その勇気に感動」
「ちゃんと叱ればいいのに…」が一転、母になって初めて分かったこと
「ちゃんと叱ればいいのに…」が一転、母になって初めて分かったこと
のんさんが惚れた「おなら」 人生の楽しみ方を知った映画とは?
のんさんが惚れた「おなら」 人生の楽しみ方を知った映画とは?
PR
のら猫が飛び蹴り?正拳突き? 話題の写真、撮影の「秘密道具」は…
のら猫が飛び蹴り?正拳突き? 話題の写真、撮影の「秘密道具」は…
打ち切り一転、ドラマ化の話 結果は… ある漫画のウソみたいな実話
打ち切り一転、ドラマ化の話 結果は… ある漫画のウソみたいな実話
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で...
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で...
盲導犬は可哀想な犬じゃない 犬の視点で理解求めるポスターに共感
盲導犬は可哀想な犬じゃない 犬の視点で理解求めるポスターに共感
『タイムスリップ写真』ネットで拡散中 雑誌の企画に思わずほっこり
『タイムスリップ写真』ネットで拡散中 雑誌の企画に思わずほっこり

人気

もっと見る