閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年01月06日

行定勲監督、国内で断られ中国との合作に 「日本では大物釣れない」

  • 3211

行定勲監督(左)。「円卓」では芦田愛菜さんを主演に関西で製作したが、最新作は中国との合作に。「今の日本映画の作り方では大物は釣れない」

行定勲監督(左)。「円卓」では芦田愛菜さんを主演に関西で製作したが、最新作は中国との合作に。「今の日本映画の作り方では大物は釣れない」

出典: 朝日新聞


 「GO」「世界の中心で、愛をさけぶ」などのヒット映画で知られる行定勲監督の最新作は、日本の製作会社に難色を示され中国との合作になりました。日本を代表する監督がなぜ? 背景には「わかりやすさ」を求める日本映画の現状があるようです。行定監督は「今の日本映画の作り方では大物は釣れない」と話しています。


「GO」でキネマ旬報主要各賞を総なめ

 熊本県生まれの行定監督は、98年に初作品を手がけました。2002年、初のメジャー作品となった5本目の「GO」が大ヒット。キネマ旬報主要各賞を総なめにしました。当時のインタビューでは「うれしいのは記録に残ること。公開が終わっても消えずに、永遠のものになる気がして」と語っています。

映画「GO」を監督したころの行定勲監督=2002年1月

映画「GO」を監督したころの行定勲監督=2002年1月

芸術家には2種類ある。自作について沈黙する人と多弁な人。映画監督で言えば、鈴木清順監督などは前者の代表か。在日韓国人の青春を描いた「GO」で、01年度ベストテン第1位をはじめ、キネマ旬報主要各賞を総なめにしたこの人は、典型的な後者だ。「どれだけインタビューを受けても全然疲れない。もっと話したいくらい」

出典: 2002年1月28日:行定勲さん 「GO」でキネマ旬報各賞総なめの映画監督(ひと):朝日新聞紙面から

窪塚洋介さん「自分って何だろう、真剣に考えるきっかけに」

 「GO」は在日コリアンの高校生を窪塚洋介さんが熱演しました。日本の高校に進んだ主人公と、日本の少女との恋に落ちます。それまで自分には関係ないと思っていた国籍のことを、なぜか彼女には言い出せない。そんな心情を描いた青春映画の傑作です。

 この時22歳だった窪塚さんは「映画の中の『広い世界を見るのだ』というセリフがとても気にいっていて、それはたくさんの価値観に触れて、その中から自分の気持ちのいい価値観をつかみとれということ。この作品と出あって、自分って何だろう、自分の生きている世界って何だろう、そんなことを真剣に考えるきっかけになりました」と話していました。

「GO」出演時の窪塚洋介さん

「GO」出演時の窪塚洋介さん

映画「GO」では在日コリアンの高校生を演じる。愛と友情、差別とけんかと自分探しの青春ストーリーだ。この作品は、自分の人生にとっても大きなインパクトを与えた。「映画の中の『広い世界を見るのだ』というセリフがとても気にいっていて、それはたくさんの価値観に触れて、その中から自分の気持ちのいい価値観をつかみとれということ。この作品と出あって、自分って何だろう、自分の生きている世界って何だろう、そんなことを真剣に考えるきっかけになりました」現在22歳。価値観がどんどん変わり、この先どこへ行きたいかもおぼろげに見え始めてきたというのだ。

出典: 2001年10月18日:何を言われようとおれはおれ、窪塚洋介は休まず攻め続ける(映画):朝日新聞紙面から

「セカチュー」などヒット作、次々と

 行定監督はその後も、「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」など、ヒットを飛ばします。2011年には、携帯向けのドラマ「パーティーは終わった」を手がけました。ドラマには、俳優の成宮寛貴さん、高岡蒼甫さん、林遣都さん、小出恵介さん、仲里­依紗さんらが出演しました。

 2014年には芦田愛菜さん主演の「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」を製作。芦田さんについて行定監督は「台本を読み込み自分なりに考えてせりふを言う。根っからの女優ですよね」と絶賛しています。

【動画】「ロト6が当たるといいなぁ、うふふ」と語る仲里依紗さん。行定監督の携帯ドラマのテーマ「妄想」について聞かれ・・・

芦田のプロ意識には、何度も舌を巻いたという。甘い飲み物を飲んだ芦田が「舌が肥えてしもてん」という場面がある。芦田は兵庫県出身、関西弁は生まれた時から親しんでいる。「でも、彼女はわざと間違えて発音したんですよ」。行定が理由をきくと、芦田は「私は絶対に使わない関西弁。きっと大人の言葉をまねして言っているシーンだと思い、間違えてみました」と答えた。「驚いた。台本を読み込み自分なりに考えてせりふを言う。根っからの女優ですよね」

出典:映画界「オール大阪」の陣 身の丈予算、準キー局結集 芦田愛菜主演「円卓」:朝日新聞デジタル

「今の観客には分からない」と難色示され…

 そんな行定監督の最新作「真夜中の五分前」は中国との合作です。ある時姉妹が事故に遭い、1人が死亡。生き残ったのは姉か妹か。答えが観客に委ねられるというストーリーです。そんな筋書きに、日本の製作会社は「今の観客には分からない」と難色を示したそうです。

 「製作者側が明快な物語を求める。観客を馬鹿にしているんです」と行定監督。結局、約4千スクリーンという、日本の総スクリーン3300よりも多い中国の映画館で先行上映されました。

「真夜中の五分前」主演の三浦春馬(右)

「真夜中の五分前」主演の三浦春馬(右)

中国では一足先に昨年秋、約4千スクリーンで封切られた。日本の総スクリーンが約3300だから驚異的な公開規模だ。中国の映画市場は近年成長が著しく、世界の熱い視線を集めている。

出典:「今の日本映画では大物釣れない」 中国と合作 行定勲監督:朝日新聞デジタル

「魚がいると分かった場所にしか餌を落とさない」

 行定監督は、今の日本映画の現状を次のように見ています。「魚群探知機で魚がいると分かった場所にしか餌を落とさない。今の日本映画の作り方では大物は釣れない。一握りの監督しか飯を食えない時代が来た」

 日本映画の製作本数は年間600本を超え、最盛期だった1950~60年代よりも多くなっていますが、ほとんどがビデオカメラのデジタル化で実現した超低予算映画。行定監督の最新作が中国との合作にならざるを得なかったのには、そんな実情があるようです。

「一握りの監督しか飯を食えない時代が来た」と語る行定監督

「一握りの監督しか飯を食えない時代が来た」と語る行定監督

日本映画の製作本数は年間600本を超え、最盛期だった1950~60年代よりも多くなっている。しかし、ほとんどがビデオカメラのデジタル化で実現した超低予算映画だ。「一握りの監督しか飯を食えない時代が来た」と行定監督はみる。この作品をきっかけにして、海外に可能性を求める作り手が増えていきそうだ。

出典:「今の日本映画では大物釣れない」 中国と合作 行定勲監督:朝日新聞デジタル


あわせて読みたい

グリコーゲンを極めたグリコの本気度がすごい!
グリコーゲンを極めたグリコの本気度がすごい!
PR
カネ余り、楽勝就活…バブル世代のイケイケな...
カネ余り、楽勝就活…バブル世代のイケイケな...
「コミュ障」なのにアナウンサーに…吉田照美が味わった絶句シーン
「コミュ障」なのにアナウンサーに…吉田照美が味わった絶句シーン
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
移民の店主がレシートに入れた「言葉」が話題に 「その勇気に感動」
移民の店主がレシートに入れた「言葉」が話題に 「その勇気に感動」
「ちゃんと叱ればいいのに…」が一転、母になって初めて分かったこと
「ちゃんと叱ればいいのに…」が一転、母になって初めて分かったこと
のんさんが惚れた「おなら」 人生の楽しみ方を知った映画とは?
のんさんが惚れた「おなら」 人生の楽しみ方を知った映画とは?
PR
のら猫が飛び蹴り?正拳突き? 話題の写真、撮影の「秘密道具」は…
のら猫が飛び蹴り?正拳突き? 話題の写真、撮影の「秘密道具」は…
打ち切り一転、ドラマ化の話 結果は… ある漫画のウソみたいな実話
打ち切り一転、ドラマ化の話 結果は… ある漫画のウソみたいな実話
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で...
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で...
盲導犬は可哀想な犬じゃない 犬の視点で理解求めるポスターに共感
盲導犬は可哀想な犬じゃない 犬の視点で理解求めるポスターに共感
『タイムスリップ写真』ネットで拡散中 雑誌の企画に思わずほっこり
『タイムスリップ写真』ネットで拡散中 雑誌の企画に思わずほっこり

人気

もっと見る