閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年06月24日

「下水道は美しい」 おそらく世界唯一の下水道マニア写真家

  • 12127

美しすぎる下水道たち

美しすぎる下水道たち

出典: 「穴写真家、白汚零のホームページ」参照


「日本で唯一の下水道写真家」

 下水道に魅せられた写真家がいます。白汚零さんです。私たちの足元にある下水道の”美しさ”に衝撃を受け、この道30年。「日本で唯一の下水道プロカメラマン」として、日本中の下水道を撮り続けているそうです。

「東京都千代田区の、名も無き石組みの”卵形管”です。昔は河川に接続していました」。着色ライトで撮影

「東京都千代田区の、名も無き石組みの”卵形管”です。昔は河川に接続していました」。着色ライトで撮影

出典:白汚零さん提供

「なにわ大放水路です。土地の低い大阪市を浸水被害から守るために、2000年に完成しました」。着色ライトで撮影

「なにわ大放水路です。土地の低い大阪市を浸水被害から守るために、2000年に完成しました」。着色ライトで撮影

出典:白汚零さん提供

「東京都杉並区の、和田弥生幹線です。直径8.5mもある雨水貯留管。暗いところで反射しているのは、トンネルを補強する部材です」

「東京都杉並区の、和田弥生幹線です。直径8.5mもある雨水貯留管。暗いところで反射しているのは、トンネルを補強する部材です」

出典:白汚零さん提供

「名古屋の古いれんが管。ステップが元々ついていないので梯子で降りました」

「名古屋の古いれんが管。ステップが元々ついていないので梯子で降りました」

出典:白汚零さん提供

「大阪市にある、平成の太閤下水です。直径6mの雨水貯留管で、2015年3月に完成するよう現在工事中です」

「大阪市にある、平成の太閤下水です。直径6mの雨水貯留管で、2015年3月に完成するよう現在工事中です」

出典:白汚零さん提供

「東京都荒川区の、藍染川幹線です。130mにわたってれんがの”馬蹄形渠”が残っています」

「東京都荒川区の、藍染川幹線です。130mにわたってれんがの”馬蹄形渠”が残っています」

出典:白汚零さん提供

「東京都足立区の、水元汚水幹線です。汚水が螺旋状に一回転半しています」

「東京都足立区の、水元汚水幹線です。汚水が螺旋状に一回転半しています」

出典:白汚零さん提供

”鉄バクテリア”!

「仙台市の砂押川雨水幹線です。水流が黄色く見えるのは”鉄バクテリア”です」

「仙台市の砂押川雨水幹線です。水流が黄色く見えるのは”鉄バクテリア”です」

出典:白汚零さん提供

「さいたま市の、無名のれんが円形管です。直径90cm。れんがで正円形なのは珍しいです」

「さいたま市の、無名のれんが円形管です。直径90cm。れんがで正円形なのは珍しいです」

出典:白汚零さん提供

「東京都杉並区の、和田ポンプ所のドロップシャフトです。水を螺旋状に落とす仕組みです。光っているのはサーチライトです」

「東京都杉並区の、和田ポンプ所のドロップシャフトです。水を螺旋状に落とす仕組みです。光っているのはサーチライトです」

出典:白汚零さん提供

なぜ下水道を撮影するのか?

 なぜ下水道を撮影し続けるのでしょう?
 白汚さんに取材したところ、こんなコメントを頂きました。
「上京してきた18歳の頃、当時住んでいた東京都板橋区のアパートの近くで、下水道の浚渫(しゅんせつ)工事に出くわしました。その中をどうしても見たい衝動に駆られて、現場監督に頼み込んで管内を体験させて頂きました。それが私と下水道との最初の出会いです。
 下水道は、都市のインフラとして大変重要な役割を担っています。マンホールの蓋一枚を隔てたその下には、様々な世界が広がっています。私が惹かれたのは、その無機質な穴、そこを流れる汚水です。水は時には静かに流れ、時には轟音を発し、所々で合流し、しぶきを上げる・・・。下水管はその水を飲み込む、巨大な生命体のようです」

白汚零さん

【白汚零プロフィール】
1989年     東京写真専門学校卒業
  89年     スクール オブ ビジュアルアーツ(ニューヨーク)に全学費奨学生として入学
  91年     BFA芸術学士号取得
  91年     ヘリオギャラリー(ニューヨーク)主催 国際写真コンペティション最優秀賞受賞(受賞作品:The Self Pollute-rait)
  92年     帰国後、専門学校非常勤講師をへてフリーランスカメラマンとなる
  99年     富士フォトサロン新人賞受賞(受賞作品:胎内都市)
2000年     毎日新聞社主催上野彦馬賞日本写真芸術学会奨励賞受賞(受賞作品:窟にて)
  10年     写真集「地下水道~Undercurrent~」草思社より刊行
  11年     さがみはら写真新人奨励賞受賞(受賞対象:写真集「地下水道」)


あわせて読みたい

「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
PR
君の名は 聞いてくれたの ポリスだけ… オタク川柳、上位は流行反映
君の名は 聞いてくれたの ポリスだけ… オタク川柳、上位は流行反映
「スマホ」と「レイプ」の悲しい関係 アフリカ、鉱石争奪の闇
「スマホ」と「レイプ」の悲しい関係 アフリカ、鉱石争奪の闇
アイドルオタク「推しごと図鑑」 箱推し・...
アイドルオタク「推しごと図鑑」 箱推し・...
ターバンってどうやって洗うんですか?
ターバンってどうやって洗うんですか?
Q&A
「俺を見ないでくれ!」変形した顔、当事者が語る差別・恋愛・就職…
「俺を見ないでくれ!」変形した顔、当事者が語る差別・恋愛・就職…
「お腹ってこんなに重いんだ…」夫が妊婦体験...
「お腹ってこんなに重いんだ…」夫が妊婦体験...
トラックの「あの部分」実は寝室? 工夫の賜物 空調・電灯・電源も
トラックの「あの部分」実は寝室? 工夫の賜物 空調・電灯・電源も
「忖度」「驚き桃の木」どう訳す?ピコ太郎の通訳が語った「頭脳戦」
「忖度」「驚き桃の木」どう訳す?ピコ太郎の通訳が語った「頭脳戦」
首相「不愉快」と逆上、重鎮は即会見 あの小池質問はこう作られた
首相「不愉快」と逆上、重鎮は即会見 あの小池質問はこう作られた
別府「湯~園地」大ヒット、ウナギ少女は炎...
別府「湯~園地」大ヒット、ウナギ少女は炎...
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
PR

人気

もっと見る