MENU CLOSE

連載

#95 夜廻り猫

恥ずかしい過去の〝やらかし〟 不意に思い出し漏れる声… 夜廻り猫

キッチンにひとり立つ女性。思わず声が漏れ出てしまった理由は…
キッチンにひとり立つ女性。思わず声が漏れ出てしまった理由は… 出典: 夜廻り猫

不意に、過去の自分の「恥ずかしい記憶」がよみがえって――。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、SNSで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、〝恥ずかしいこと〟にまつわるエピソードです。

恥ずかしい話は、すみっこで

きょうも夜の街を回っていた猫の遠藤平蔵と、子猫の重郎。アパートのキッチンから「あぁっ」と声が聞こえました。

「どうなすった よかったら話してみないか」と語りかけると、キッチンにひとり立つ女性は「不意に恥ずかしい記憶がよみがえって叫んじゃうことない?」と肩を落とします。

「どんな……」と遠藤が尋ねても、女性は「言えないよ! 学校でもらしたこともあるし、水着のおしりに穴があいたまま遊んでたこともあるけど、もっと恥ずかしいこと!」と頭を抱えます。

「いい年になるとわかるんだよ 本当に恥ずかしいってどういうことか」

逆に、女性は遠藤に「本当に恥ずかしいこと、1個言ってみて」「酒の力借りる?」と晩酌に誘い、キッチンのすみっこでワインをつごうとします。

遠藤が「ここで…?」と聞くと、「広くて明るいところで恥ずかしいこと言える?」ときっぱり。遠藤も「御意」と即答するのでした。

年上の友達のアドバイスは…

作者の深谷かほるさんは、「ひとりでいる時、不意に過去の恥ずかしいやらかしを思い出して『アッ』とか『ギャッ』とか、叫んでしまうこと、ありませんか?」と問いかけます。「私はあります。弱っている時など、たびたびあります」と苦笑します。

ただでさえ落ち込んでいる時に、自分の恥ずかしい「やらかし」がよみがえるのは本当につらいものです。

そんな思いを、30代の頃に友人たちと話していたら、ちょっと年上の友達が「大丈夫。40になったら、『忘れる忘れる!』って言いながら首を振ると忘れられるから」とアドバイスをくれたそうです。

「40になってやってみたら……私の場合、ホントにほぼ忘れられました(笑)!笑い話にもしにくいような思い出は、なんとかだましだまし耐えていこうと思ってます。へへ」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本10巻(講談社)が2023年11月22日に発売。講談社「コミックDAYS 編集部ブログ」で月・金曜夜に連載中。アニメ化し、NHK総合で再放送中。スピンオフ「居酒屋ワカル」は講談社「コクリコ」で連載した単行本が11月22日に発売。

連載 夜廻り猫

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます