MENU CLOSE

話題

「#ワクワクで楽しいツイートでいっぱいにしよう」 ある作家の思い

SNSに救われた作家がハッシュタグをつくりました

あるクリエイターがXのおすすめ欄について投稿しました
あるクリエイターがXのおすすめ欄について投稿しました

目次

2023年夏に「X」へと変わった「Twitter」。変更後も多くの人が使っているSNSですが、タイムラインのおすすめに流れてくる投稿に違和感を持つ人もいます。1月、Twitter時代から作品を投稿してきたあるクリエイターが、「最近Xのおすすめ欄に誰かを批判するような投稿たくさん流れてきて疲れちゃう」とポストしました。ハッシュタグ「#ワクワクで楽しいツイートでいっぱいにしよう」をつくって作品を投稿したところ、多くの共感が集まっています。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ

おすすめ欄の投稿に疲れて…

投稿したのは、洋菓子ブランド・ヨックモックの「シガール」やカステラなどを本物そっくりに木で再現する木彫りアーティストのキボリノコンノさん(以下コンノさん)です。

1月9日、Xについてポストしました。

投稿にはハッシュタグ「#ワクワクで楽しいツイートでいっぱいにしよう」と、木が伸びているように見える作品を添えました。

「平和なツイートでほっこり」「笑顔を引き出すポスト」「こういうのを待ってました」といったコメントが寄せられ、1万以上の「いいね」がついています。

その後「珍しくタグを作ってみました。みんなのワクワクを見せてください!!」と投稿。

クリエイターを中心に多くの人がハッシュタグ「#ワクワクで楽しいツイートでいっぱいにしよう」をつけて自身の作品や推しの作品などを投稿しています。

うつ病だった自分を救ってくれた

「XがまだTwitterだったころ、僕はその存在に救われていました。でも、いまは誰かを傷つけるツールに変わってきている気がしました」

2021年からSNSに木彫り作品を投稿してきたコンノさんは、そう話します。

当時、激務だったことに加え、コロナ禍のためストレス発散だった卓球ができず、体調不良で船酔いのような症状が続いていました。その後、病院でうつ病と診断されたといいます。

休職中、ストレス発散になるような「新しい趣味」として軽い気持ちで木彫りを始めました。

Twitterに投稿すると多くの「いいね」をもらい、ユーザーとの交流につながったといいます。

「うつ病だった僕にとって、SNSで人とのコミュニケーションが広がったことが救いになっていました。Twitterでのコミュニケーションに助けられ、徐々に朝起きたときの気持ち悪さやめまいが減って、仕事に復帰したいという意欲もわきました」

キボリノコンノさんが最初に作った木彫り作品、コーヒー豆
キボリノコンノさんが最初に作った木彫り作品、コーヒー豆 出典: キボリノコンノさん提供

クリエイター仲間も増え、みんなのワクワクする投稿を楽しんでいたコンノさんでしたが、Xに変わってから「あまり楽しくないツイートを見かけるようになった」と感じているそうです。

投稿のインプレッション数(表示・視聴回数)に応じて、有料版の一部ユーザーに収益が配分される仕組みが導入されたことも影響していると考えています。

フォローしているアカウントの投稿以外も表示される「おすすめ欄」には、以前は自分の興味のある情報が集まっていましたが、最近では「全く興味がなく知りたくないことでも、バズったら表示される」と感じるそうです。

声を上げるべきときは声を上げ、批判が必要なときもあるということは理解しています。

一方で、能登半島地震後にはデマが相次いだり、芸能人のスキャンダルや誰かを攻撃するような投稿があったり、見ようと思っていなくても目に入る投稿に気持ちがめいったといいます。

「自分もいつかたたかれるのではないかと思ってしまい、投稿するのが怖くなってしまいました」

画像はイメージです
画像はイメージです 出典: GettyImages

コンノさんの投稿へ寄せられる一部のリプライにも不信感を募らせます。

「投稿がバズると、収益のためにインプレッション数を稼ぎたいアカウントから、別の人のコメントをコピーしたようなリプライがつきます。うれしい内容のコメントをいただいても、同じ文面が並んでいるとどの人が最初にそのコメントをくれたのか分かりません」

ときに投稿とは関係のないリプライや、ネガティブなワードが並ぶこともあるといいます。

「別の投稿へのコメントをコピーしてつけられているのかもしれません。リプ欄を見るときも緊張して身構えてしまい、ストレスになっています」

「自分だけじゃない」と感じた

コンノさんはハッシュタグをつくって投稿する前、ポケモンの等身大フィギュアを制作しているYouTuberのねんどよしりんさん(@plasmaclusterha)の「最近のTwitterに流れてくるの全体的に醜悪やな、あんま見たく無い」という投稿を目にしました。

コンノさんは、ねんどよしりんさんの投稿を見て「そう感じている人は自分だけじゃないんだ。クリエイターとして何かできないかな」と考えたそうです。

「それまでは自分が見たくないな、ストレスだなと思っていただけだけど、同じように考えるクリエイターさんがいることを知って、いま動けば共感して動いてくれる人がいるのではと思いました」

こうして誕生した、ハッシュタグ「#ワクワクで楽しいツイートでいっぱいにしよう」。コンノさんやねんどよしりんさんをはじめ、多くの人が作品や日常の楽しい出来事などを投稿しました。

コンノさんは、「多くの方がタグを使ってくれて、タイムラインに楽しいTwitterが戻ってきた感じがしてすごくうれしかったです。『こういう投稿が見たかった』と共感してくれる方もいました」と振り返ります。

「僕は人を楽しませたい、驚かせたいという気持ちで作品を作っているので、引き続きみなさんがワクワク楽しさを感じられるような投稿をしていきたいです。みなさんが心地よく投稿したり、交流したりすることができるSNSになることを願っています」

  ◇  ◇  ◇

キボリノコンノさんのXはコチラ
ねんどよしりんさんのYouTubeチャンネルはコチラ

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます