MENU CLOSE

連載

#90 夜廻り猫

電車で「お手伝いしましょうか」…協力できなかった後悔 夜廻り猫

満員電車での通勤中、ホームでよく見かける人が白杖を持っていて…
満員電車での通勤中、ホームでよく見かける人が白杖を持っていて… 出典: 夜廻り猫

大勢の人でごった返した駅のホームで、白杖を持った人をよく見かけて――。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、SNSで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、満員電車の通勤中のエピソードです。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ

ホームで見かける白杖の人

ひとり、思いにふけって歩く男性。心の涙の匂いを嗅ぎつけた猫の遠藤平蔵は、「どうした? 話してみないか」と声をかけました。

毎朝の通勤が満員電車という男性。ホームでよく見かける人は白杖(はくじょう)を持っています。

誰も協力せず、いつも電車に乗れないその人。

男性は「お手伝いしますか?」と心の中で練習していますが、言えない日々を送っていました。

しかし、今朝は、乗ろうとしたその人に「邪魔」「もういっぱい」と声を荒らげる乗客が。男性は「あんまりだから俺、電車を降りたんだ」と話します。

自分が降りた分、白杖の方を案内して電車に乗せた男性。「あんなこと言われる前に、協力すればよかった」と後悔します。

それを聞いた遠藤は、「おまいさんよくやった」と手を掲げます。「猫の褒美だ」と男性とハイタッチして、帰途につくのでした。

ちょっと「助け合い」ができれば

作者の深谷さんは、「ちょっと助け合いができれば…、と思うことはよくあります」と話します。

道で倒れた人がいたとき、通りかかった人が偶然AED(自動体外式除細動器)の講習を受けたばかりで、使って救命できたという新聞記事を読んだそうです。

「それほど大きなことではなくても、駅の階段を、子どもとベビーカーを抱えたお母さんが上がろうとしている時。マンガのように白杖を持った人がいた時。お年寄りがしゃがみ込んでいる時――。どうしたらいいか分からない場合もありますが、それはそれなりに、何か声をかけたいと私は思います」と話します。

「困った時、非常時に一番心強いのは『人』だと思います。そして、それは理想ですが、そうありたいとも思うのです」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本10巻(講談社)が2023年11月22日に発売。講談社「コミックDAYS 編集部ブログ」で月・金曜夜に連載中。アニメ化し、NHK総合で再放送中。スピンオフ「居酒屋ワカル」は講談社「コクリコ」で連載した単行本が11月22日に発売。

連載 夜廻り猫

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます