MENU CLOSE

ネットの話題

「アザラシ体験」まさかの展開 ホッキョクグマに食べられちゃうの?

設置の経緯を取材しました

「アザラシ体験入口」と書かれた案内板
「アザラシ体験入口」と書かれた案内板 出典: 日本平動物園提供

目次

 「アザラシ体験入口」と書かれた看板。案内に沿って進んだ先にあったものは……。日本平動物園(静岡市)の体験施設がネット上で注目を集めています。設置の経緯を取材しました。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ
「アザラシ体験」の外観
「アザラシ体験」の外観 出典: 日本平動物園提供

猛獣館299にあります


 2013年に日本平動物園内にオープンした「猛獣館299(にっ・きゅっ・きゅう~)」

 ホッキョクグマやゴマフアザラシ、ライオン、アムールトラなどが展示されています。

 そんな猛獣館の手すりに設置された「アザラシ体験入口」と書かれた看板。

 矢印に沿って進むと、大人がかがんで通れる入り口があります。

 中に入って立ち上がると、大きな穴から顔を出すような形に。

 見上げるとホッキョクグマのオブジェがあり、センサーに反応して鳴き声が流れてきます。

 どうやら、息継ぎのために水面から顔を出したアザラシが、ホッキョクグマに食べられそうになる、という体験ができる施設のようです。

 先日、SNS上で紹介されると「捕食される側の気分ね」「なんて斬新な体験」と話題になりました。

入り口はこんな感じです
入り口はこんな感じです 出典: 日本平動物園提供
かがんで入った先には……
かがんで入った先には…… 出典: 日本平動物園提供
ホッキョクグマのオブジェがありました
ホッキョクグマのオブジェがありました 出典: 日本平動物園提供

動物園担当者に聞きました


 「猛獣館299がオープンした時からある施設になります」

 そう話すのは、広報担当の野田邦洋さんです。

 動物たちの生息環境を再現し、環境問題への気づきを得てもらうことを狙った猛獣館。

 「アザラシ体験についても、食べる、食べられるという自然界の生態、食物連鎖について体感していただこうと設置しました」

 SNS上で話題となりましたが、「来園者の間でそんなに人気かと言うと……」と野田さん。

 注目を集めたことについて、こう話します。

 「予想外のことで本当に驚いていますが、ぜひ体験していただき、自然界について考えるきっかけになればと思います」

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます