MENU CLOSE

ネットの話題

よーく見たら…恐竜ベンチじゃん! さすが福井、県庁前に4台設置

「恐竜王国」と呼ばれる福井県の取り組みについて取材しました

福井県庁前広場に設置された「ダイナソーウッドベンチ」
福井県庁前広場に設置された「ダイナソーウッドベンチ」 出典: 福井県提供

目次

 「県庁前のベンチよく見たら恐竜」。先日、そんな県庁職員のつぶやきが拡散しました。「恐竜王国」と呼ばれる福井県の取り組みについて取材しました。

この角度からだと恐竜だとわかりにくいですが……
この角度からだと恐竜だとわかりにくいですが…… 出典: 福井県提供

県庁職員のツイートが話題に


 福井県のチャレンジ応援ディレクター(COD)・寺井優介さん(39)。

 県内で活躍する若者を応援する課長相当級の県庁職員です。

 そんな寺井さんが7月12日、ツイッター(X)で「県庁前のベンチよく見たら恐竜」とつぶやき、1枚の画像を投稿しました。

 映っているのは県庁前広場にあるベンチで、側面から見ると恐竜のデザインになっています。

 この投稿に対して、「さすが恐竜王国」「こういう遊び心が良い」といったコメントが寄せられ、いいねは14万を超えています。

福井県に聞きました


 県の財産活用課によると、このベンチを設置したのは今年6月。

 県庁前広場の舗装工事が完了したことを受けて4台を導入したそうです。

 ベンチは特注品ではなく、福井市のマーベルコーポレーションが手がけているもの。

 恐竜王国・福井にぴったりのベンチで、県産材を使用していることも採用の決め手になったといいます。

福井県庁前広場に4台設置されています
福井県庁前広場に4台設置されています 出典: 福井県提供

手がけた会社に聞きました


 「国体開催に合わせて開発し、2018年に発売した『ダイナソーウッドベンチ』です」

 そう話すのは、マーベルコーポレーションの社長・小澤聖輔さんです。

 2人掛けを想定した幅1.2mタイプと、4人掛けを想定した1.8mタイプの2種類があり、県庁前広場に設置されたのは1.8mの方。

 1.8mのベンチは、真ん中を仕切るように恐竜の鋳物がありますが、これは強度を確保するために必要なもので「排除ベンチ」としての意図はないそうです。

 これまで認定こども園などに販売してきましたが、ヒット商品と呼べるほどではなかったダイナソーウッドベンチ。

 注目を集めたことを受けて「福井の良さを知ってもらい、木材の良さも知っていただけたらありがたい」と小澤さんは話します。

 ツイートが話題になったCODの寺井さんは、大学卒業後に入庁してから観光や恐竜のPRなども担当してきました。

 「ちょうど福井県立恐竜博物館のリニューアルオープンのタイミングで注目を集めたことをうれしく思っています」

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます