MENU CLOSE

ネットの話題

ひと味ちがうスタンプラリーだ! 下水道科学館のマンホールふた探し

実施の経緯を聞きました

型押し式になっているマンホールふたのスタンプラリー
型押し式になっているマンホールふたのスタンプラリー 出典: 大阪市下水道科学館提供

目次

 大阪市下水道科学館のスタンプラリーが先日、ネット上で話題になりました。通常のスタンプとは違う型押し式で、本物のマンホールふたのような仕上がりになるのです。実施の経緯を聞きました。

大阪市下水道科学館 (c)Forward Stroke inc.
大阪市下水道科学館 (c)Forward Stroke inc. 出典: 大阪市下水道科学館提供

無料で参加できます


 昨年4月のリニューアルオープンを機に実施しているマンホールふたのスタンプラリー。

 台紙は1階のエレベーター横に置いてあり、だれでも無料で参加できます。

 絵柄は「大阪城ふた」や「市政100周年ふた」など全9種類。

 通常のインクをつけるタイプではなく、銀箔部分に「型押し」する方式のため、本物のマンホールふたのように仕上がります。

 先日、ツイッターで紹介されると「手が汚れないのが良い」「インクの補充の手間がない」といったコメントが寄せられ、話題になりました。

型押し式になっているマンホールふたのスタンプラリー
型押し式になっているマンホールふたのスタンプラリー 出典: 大阪市下水道科学館提供

館長に聞きました


 「お子様から大人の方まで、幅広い年代の方から大変好評です。『本物のマンホールみたい』『集めたくなる』というお声をいただいています」

 そう話すのは、大阪市下水道科学館の館長・寺村修さんです。

 「マンホールカード」が作られるほどキャッチーなマンホールふたを集めて回ったら楽しいだろうと、型押し式のスタンプラリーを企画。

 マンホール感を出すために台紙にもこだわり、金属感があって型が残りやすい銀箔を採用したそうです。

 話題になったことを受けて、寺村さんはこう話します。

 「下水道科学館では下水道のしくみや大切さのほか、水環境などについて体験を通して学んでいただけます。ぜひ遊びにきてください」

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます