MENU CLOSE

ネットの話題

新幹線から見える謎の看板「727」、ついにJR東海とコラボ決定

セブンツーセブンの担当者に聞きました

謎の看板「727」
謎の看板「727」 出典: セブンツーセブン提供

目次

 新幹線の車窓から時々見かける「727」と書かれた看板。設置している化粧品会社「セブンツーセブン」がJR東海とコラボキャンペーンを実施することになりました。きっかけは、JR東海の新CM「会いにいく、が今日を変えていく。」に727の看板が登場し、そのお礼もかねてセブンツーセブンの担当者が「会いに行った」ことでした。

◆未来空想新聞2040 5月5日発行!こどもの日は、未来を考える日。◆
こちらが初代看板
こちらが初代看板 出典: セブンツーセブン提供

賀来賢人さんを起用したJR東海のCM


 JR東海が2月に公開した「会いにいく、が今日を変えていく。」のテレビCM。

 賀来賢人さんを起用し、新幹線での出張、そしてその先で直接会う様子をいくつもの視点から描いています。

 コロナ禍を経ても「会うこと」の意義は変わることなく、「会うことで生まれる価値がある」「会うことで築ける関係がある」というメッセージが込められています。

 そんなCMにチラッと一瞬だけ映るのが「727」と書かれた看板です。

こちらが2代目
こちらが2代目 出典: セブンツーセブン提供

セブンツーセブンとは


 看板を出しているのは、女性用化粧品やヘアケア用品などを主力とする「セブンツーセブン」(大阪市)です。

 社名は創業者の誕生日が7月27日だったことに由来。

 1945年7月27日創立、本社と本社工場の電話番号も下4ケタが0727と、随所で「727」にこだわっています。

 社名が書かれた「野立て看板」を立て始めたのは1979年。

 「ライバル会社と同じ媒体では埋もれてしまう」と考えて、田畑や空き地に立てたそうです。

 設置場所は新幹線沿線に特化しており、現在は東海道・山陽・上越・東北の各新幹線の沿線にあります。

 一度立てたらおしまいというわけではなく、定期的に新幹線に乗って目視チェックも行っているそうです。

 「もともと田畑に立てていた看板が、住宅に囲まれていてビックリすることもあります」と企画室室長の磯島裕介さん。

 「謎の看板」と言われることもあり、「設置数も謎の方が面白いのではないか」ということで公表していないそうです。

実はけっこう大きいんです
実はけっこう大きいんです 出典: セブンツーセブン提供

「727賞」を設定


 そんなセブンツーセブンとJR東海のコラボが4月28日に発表されました。

 JR東海のツイッターアカウント「JR東海News【公式】」が5月12日に出題するクイズに正解した人の中から、抽選で賞品をプレゼントするという内容です。

 「727賞」としてセブンツーセブンの「フェイシャルクリーンクリーム」が100人に当たります。

 JR東海の「会いにいこう」キャンペーンに関連して実施されるこの企画。

 きっかけは磯島さんがJR東海の担当者に「会いに行った」ことでした。

 「テレビCMの中で看板を映していただいたことで大きな反響があり、お礼もかねてごあいさつに伺ったところコラボが決まりました」

 テレビCMが放送されたことで、セブンツーセブンには「新幹線あるある」「チラッと出るのがニクいね」といった反響が。

 そんな中で「看板は知っているけど何の会社か知らない」というコメントもあったため、磯島さんは「何かできないか」と考えたそうです。

 「会いにいこうキャンペーンに関連して実際に会いに行って実現した企画です。みなさまのご参加をお待ちしております」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます